WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

続・モチベーションはあなたでした

 
私の仕事のモチベーションだった人がこの夏退職するとのことで、今週は最後の勤務。
あーもう辞めないでよう、なんで辞めちゃうんだようと内心ジタバタする(あんたもこないだまで辞めたがってたくせに)。

〃"∩ _,,_
⊂⌒(つД´) ヤダヤダ
 \_ノ⊂ノ
      ジタバタ

私の仕事辞めたい熱は、まあなんとなく仕事をこなしているうちに平熱に。
まだ始まっていないけどHPH委員会が期待外れだったら、また辞めたくなるのだろうか。
心の拠り所が欲しい。
 

舐めたらあかんぜよ

 
今週はカレンダーの関係上第1週中で保険請求をコンプリートしながら、担当している入院患者の未収金対応。
詳細は省くが、絶縁しているといいつつ家族が患者にお金を渡していたとかそれ絶縁とは言わないんじゃと思うが、とにかく家族が心情的に未収金は払いたくないと言うのでじゃあ誰が払うのという話をケースワーカーを交えて詰める。
法的な絶縁関係とか、扶養義務とか、入院申込書の保証人欄の法的根拠とか、よく分かっていないのでもっと勉強せんといかんなあ。
なんにしても、生きるにせよ死ぬにせよ人が生まれた以上なんらかのお金が掛かる訳で、施設・病院に面倒は見てほしい、でもそこで発生したコストは払いたくないとか、舐めたらあかんぜよと言いたい。
 

もろもろ一週間

 
●月曜日
もともと偏頭痛持ちで頻繁に頓服を飲むのでいっそ予防薬をもらえないかと自院の脳神経外科にかかってみたところ、「メンタルから来てるんでしょ?薬は出せないよ」的なすげない返事を数週間前に食らったところではあるのだが、このたび内科にかかったついでに「こういういきさつがありましてまた頓服を貰えませんか」とお願いしたところ、「予防薬飲んだらいいんじゃないの?」とあっけなく処方してもらった。
予防薬で完全に頭痛が無くなる訳ではないのだけど、頭痛発作は軽い感じ。
ていうか、脳神経外科医は「あなたの頭痛って片頭痛って感じじゃないよね」などと抜かしやがったが、やっぱり片頭痛じゃねえかこら。


●火曜日
これまで「チェブラーシカ」柄のお薬手帳を使っていたのがページが尽き、自院の薬局に可愛いお薬手帳を求めて行くがデザインがいまいちだったので結局ヤフオクで買う。
タダで貰えるものにそこまでするかとも思うが、この先もずっと持病の療養は続くのだから、せめて小物でテンション上げていきたい。


●水曜日
満を持して、顔のシミ取り(レーザーじゃなくフォトフェイシャルってやつでした)に行く。バチバチ光を当てられる。
何にビックリしたって、施術後化粧水を付けてくれたのだが、「化粧水って『置く』のか!」と思った(今まで顔にはたき込む感じで付けていた)。

●木曜日
最近、市立図書館と県立図書館の本を予約して借りるようになって、まー便利。
返しに行けそうにない本は、自分でログインして延長処理をしたりもできる。
あまり「何がなんでも」という借り方は好きではなく、図書館に足を運んで欲しい本がたまたま手に入る感じが好きだったのだが、予約待ちが少ない本については予約もいいかなと思うようになった。

●金曜日
着々と月末の仕事を片付け5時ダッシュ。

●土曜日
医療費の計算を間違えて追加請求を出し、患者家族に怒鳴られる(無事支払ってもらったが)→同僚に水筒を取り違えられる→業務妨害の電話が頻回に掛かってくる(最近医事課で多い)→新人職員が全く仕事をこなせていないことが発覚、夜9時まで手伝う、という怒涛の一日でメンタルがやられる。
同僚は以前も私の弁当を自分の弁当と間違えて食べたことがあり(2015.03.08参照)、今度は水筒とかええ加減にせえや、お前のピンクの水筒と私の黒い水筒のどこに間違う要素があんねん、冷蔵庫の隣に置いてあるだけで間違えて持って行って指摘されるまで気付かんとか頭のネジどうなってんねんと言いたい(口荒らし放題)。
新人については、仕事に慣れていないから処理が遅いのか、この先慣れても処理が遅いのか未知数でどうしたものかと思うが、せめて昨日の段階でどこまで出来ていないのか知らせてくれていたら5時ダッシュせず残業も楽になったのにと思う。
結構定期的にみんなで進捗状況を聞いていたのだが、なんでもかんでも「大丈夫」言うなよ本当に。
医事課総出で新人の仕事を片付ける様は、なんだか宿題をしないまま迎えた夏休み最終日の夜のようだった。

●日曜日
疲れのせいかあまり眠れない。耳の聞こえも悪い。
楽しみにしていたゆうきまさみ『白暮のクロニクル』とオノナツメ『レディアンドオールドメン』を購入。
『白暮…』はいい終わり方だった。みんなに布教したい。
 

リフレッシュにて京都へ

 
仕事の風向きが変わったと言っても心がしくしくするので、京都におでかけしました。
目指すは竹と苔で気分転換。
嵯峨嵐山の竹林を見て、仁和寺~龍安寺~金閣寺で苔を見るというコースでちょっと強行軍でしたが色々行ってみました。


170622_1.jpg
平日というのにそれとは関係なく外国人観光客がめちゃくちゃ多くて今更ながらビックリした。
嵯峨嵐山には20年前に1回来たけどその時はホント片田舎って感じだったのに。

170622_2.jpg
仁和寺は高校の古典でよく出る「仁和寺の法師」の印象が強くて興味本位で行ってみたのですが、観光客が少ないのでゆっくり観られるし、庭は見応えがあり、境内も広くて、なかなかの穴場でした。個人的には今回見て回ったうちで一番良かった。

170622_3.jpg
苔の期待を裏切らない龍安寺。寺そのものもさておき、広い庭が本当に苔だらけで満足です。


今回の観光は外国人観光客だけでなく運悪くバッティングした修学旅行生・社会科見学の小学生が本当に多くて、まあ京都だからある程度は仕方ないけど、あまり「ザ・観光地!」には行かない方がリフレッシュにはいいのだろうなあ。
という訳で物足りないのでまたどこか行きたいです。
 

風が吹いてきた

 
先日の事務部集会でやった発表の余波がちょくちょくあって、このたびあの内容が良かったのでHPH委員会の事務局に入ってもらえたらと打診があった。
まあ評価されるのは純粋に嬉しいし、HPHには興味があったので「喜んで」と返事したけど、この業務の多い中自分の首を絞めただろうか…。いやでもやりたいし…。
そんな訳で去年の12月くらいに集めておいた健康格差の資料を出して色々自己学習中。集めた割に熱が冷めて読むの放棄していたがまさかの出番がやって来た。

私の野望としては、以前院内で心リハ委員会でやった調査で心リハ実施患者がその後再入院する・しないを分ける要因の一つとして経済的困難が挙げられるという結果が出て、やっぱり経済的要因と健康は関連があるのはよく分かったので(というかそれは先行研究で既に明らかになっている)、なぜ関連があるかを検証する何か調査みたいなものを電子カルテを使ってできたらいいなーと思っている。
で、もっと野望中の野望としては、もう保険請求はしたくないので、そういう研究をメインでやらせて欲しい。ていうか大学院行きたい。(そこかよ!)

味気なかった仕事にちょっと彩りが出て来たので、今週の「仕事辞めたい指数」は30点でした。
辞めたかったりそれほど辞めたくなくなったりの日々。人はこうやって仕事を続けて行くのだろうか。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR