WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

覆面作家熱再燃

 
今、私の布団の枕もとにはモンキーパンチ『新ルパン三世』、高野文子『ラッキー嬢ちゃんのあたらしいお仕事』、北村薫『覆面作家は二人いる』が散らかっています。
もともと『LUPIN the Third ~峰不二子という女~』に触発されて原作本を買おうと古本屋に行ったところ、やっぱり中古は嫌だなあと思い直し、たまたま目についた『ラッキー嬢ちゃん…』を購入して帰宅。
読んでいると絵柄とキャラクターの雰囲気から『覆面作家…』を彷彿とさせ、むくむくと読みたくなって「覆面作家シリーズ」を引っ張り出したところです。

今更ですがやっぱり大好きな「覆面作家シリーズ」。
小説家のお嬢様が担当編集者と事件を解決していく推理小説である本作は、なんといっても新妻千秋嬢の可愛らしさが秀逸なのです。
二重人格のどちらが好きかと聞かれると私は「サーベルタイガー」派。
でも千秋さんのこの性格は「大人になること」「女になること」に対する不安への過剰な防衛本能から来るものなのでしょうね。今回読み直して改めてそう思いました(遅)。
ちょうど千秋さんと同じ年頃にこの作品を読んで、「若いって何だろう」という疑問と戸惑いを抱く千秋さんに共感を覚えました。
そんな私も千秋さんの年齢をとうに追い越した訳ですが、千秋さんはリョースケくんと出会って成長したのでしょうが、私はまだまだ子供です。

さて、「覆面作家シリーズ」を読んでいたらファンサイトを見たくなり色々彷徨ってみたのですが……意外とないものですね。
えええーー?普通、めっちゃハマったら一回はその手の二次小説を書いたりイラストを描いたりしない?
みんなそこまでハマらなかったのか、ハマってもそれきりだったのか。
私はと言えば…もちろん描きましたよ。千秋さんや良介くんどころか左近先輩まで描きましたよ。
でもイラストは高野文子さんの挿絵のイメージがあまりにピッタリすぎて、それを超える落書きはなかなかできないんですよね。
私の中での千秋さんはあの高野文子ver.の千秋さんであって、むしろ高野さんがマンガ版を描いてくれよって感じ。

あの膨大なイラスト量を誇るpixivでも「覆面作家シリーズ」のイラストは一点しかなく(むしろ一点あったことがスゴイのですが)、仕方がないので不二子ちゃんのイラストを検索してみたらこれが山のようにあって行けども行けども不二子で危うく抜け出せなくなるところでした。
四期は大好評のようでみんなじゃんじゃんイラストを上げていて、その中でもオスカーが(というか銭オスが)腐女子の心を鷲掴みしていてちょっと笑いました。
そうよね~、四期の不二子ちゃんのキャラデザは反則的可愛さよね~。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR