FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

直近の増山さんと榊原さんが素敵だった件

 
『俺、つしま』というマンガのtwitterを読んでいて、たまたま書籍化のCMに行き当たりました。
問題は書籍化ではなく、そのCMのキャスト。主人公「つしま」が玄田哲章さん、ナレーションが増山江威子さんですと!?
久しぶりに増山さんのナレーションと「パシュート」の効果音がほっこりしました。





先日麻生美代子さんがお亡くなりになりましたが、増山さんも同年代。
声優さんの中には80代を越えても現役で活躍されている方が多くて凄いです。


で、そういえば榊原良子さんはどうされているのかしらと検索してみたら、今番組をお持ちのようなのです。
さっそく聞いてみました、「りすぽん」の「榊原良子の声ってなんだろう」。
まず「りすぽん(Lispon)」というアプリがあり、声に自信がある人が自分の声サンプルを出したり歌を披露したりしているのですが、決まった時間にラジオ番組もありまして、アプリ利用者が番組に参加して榊原さんに声を聞いてもらって批評をもらうという企画でした。
なんかもー、榊原さんのアドバイスの的確さと愛情に癒されまくった。
榊原さんの声も素敵だけど、やはり生き方とか考え方とかにすごく魅了されます。


そんな榊原さんに触発されて、『PSYCHO-PASS』一気観しました。
第1話だけ数年前見たら描写がエグくて逃げていたんだけど、頑張って観たら面白かった。さすが本広克行監督作。
当初の「現代版パトレイバーを作ろう」という意図からはだいぶ外れているけど、テクノロジーとか主人公の成長譚とかは通じるものがあるかも。
それにしても榊原さんの役は怖かった。シュビラシステムの声も素敵だった。
自分が何の仕事をすればストレスなく生きられるか分からない身としては、もう自分の職業シュビラ判定に任せたい。

余談ですが、『PSYCHO-PASS』には公式設定で百合夫婦がおりまして、ついついpixvでイラストなど漁っていると夜もあっという間でございます。(しかも片方の声が沢城みゆきて。)
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR