FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

鹿田じびえです

 
医事課ブログの方、独自ドメインを取ったり、サイトのデザインをいじったり、色々変わっております。→医事課のナイショ

あと、裏設定だったシルバニアの鹿の人形の名前を公式にしました。「鹿田じびえ」です。
もともとシルバニアで挿絵を入れて行こうと思った時に、自分のアバターになる人形はちょっと変わったのにしようと思って、「いじか」→「しか」で!という安易な思考回路のもと鹿を購入したのでした。
で、あとの登場人物をうさぎにしているのは、…面倒だったから。シルバニアで一番種類が多いのがうさぎなのです。

安く鹿の人形を手に入れようとネットをうろついていたらトナカイの人形にぶち当たりまして、シルバニアの底知れなさを感じました。
普通人形にするか、トナカイを。


plofilepic.jpg
鹿田じびえ。「じび」辺りの語感がちょっと不穏だがまあいい。

トナカイ
売られていたトナカイ一家。時々トナカイなのに鹿と間違われて出品されているが致し方ない。


>参考文献
北大路公子『すべて忘れて生きていく』…最近読みたい本があまりなく、図書館に行っても食指が動かないのですが、この本に関しては予約して借りました。
北大路公子の本は学生時代からずっと読んでいて、そういう十何年来にもエッセイを追いかけているのはあとは西原理恵子と小林聡美くらいのような気がします。
北大路さんはもとは日記サイトで雑記を綴っていたらその人を喰ったような妙な世界観と酒ばっかり飲んじゃ寝てる生活の描写に固定ファンが付いて今に至る作家さんです(結構いい加減でずぼら、でもそこがまたいい)。
今回は色んな雑誌や新聞に寄稿した文章を一冊の文庫にまとめたのですが、それも本人は原稿全部なくしちゃってたけど奇特な固定ファンが全部記事をスクラップしていてこの文庫の出版に至ったという、まあファンの存在はありがたいの一言に尽きます。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR