FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

健康で文化的な最低限度の生活

 
ついにドラマ始まりましたね!
原作のリアリズムを踏みにじられたくない読者としては、「ちゃんと作ってね!(ハラハラ)」という気持ちでドラマ化の話を聞いていたのですが、まあまあ原作に忠実に作られていて良かったです。特に、福祉事務所内の汚さが…。
ドラマ化することで、ケースワーカーの仕事とか、生活保護受給のこととか、偏見やバッシングとか、世間一般に関心を持ってもらえればいいなあと元福祉事務所職員として思います。


>参考文献
さいきまこ『陽のあたる家~生活保護に支えられて』…医療事務から見てもツッコミどころが多すぎて、敢えて図書館で借りてきて内容をまとめる作業をしているのですが(ブログに使おうかと…)、まー掲載誌が婦人雑誌のせい?社会保障制度の理解が適当で、会社員の夫が2ヶ月入院したら途端に預金が底を付く→生活保護受給って、まずは高額療養費と傷病手当金どうした!つーか蓄えなさすぎ!
でもまあこういうトンデモ福祉マンガって結構あるもので、その点『健康で文化的な…』は本当によく取材して描き切ってるよなーと頼もしく思います。
ちなみにうちの母親もドラマを観た途端に『健康と文化的な…』に興味を示して、家にあった既刊を一晩で読破して「この続きは買ってないの?」と言いやがりました。買ってないんじゃなくて出てねーんだよ。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR