FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

ゴーストよ囁いて

 
吐き気はあまり改善しないまま、やたら活動的になって中学生のように自転車で往復1時間近く遠征したりする日々(躁なのか?)。
ここ数日心を奪われていることは
・シルバニアファミリー家具集め
・集めた家具をリペイントしたいのでその情報収集
・家具をレイアウト兼収納する木箱の下見
・中古で買った森本梢子『デカワンコ』の11・12巻がどこか古本屋にないか
・フィギュアの不二子ちゃんに合皮の服を着せっぱなしにしていたところ色移りしたので除去方法検索
・シルバニアファミリーの人形のしっぽが取れそうなのだがボンドでは付かないのでもっと強力な接着剤を試してもいいのか(化学反応で溶けたというTwieetもあり接着剤の種類が怖い)
・シルバニアファミリーの家具と人形の洗い方
・シルバニアファミリーの服作り

シルバニアファミリーの家具はジャンク品で良ければBOOKOFFにも結構置いてあることを発見。それどころかBOOKOFFも古本市場もあらゆるフィギュアやら食玩やらが置いてあって(最近行かないので知らなかった)、売りもどうもできないのはここにお願いしたらいいんだなあということを学ぶ。
フィギュアの色移りはかなり普遍的な問題であることを知る。ネット検索したら大量の記事が出てきて、人形使いさんたちの共通の悩みのようだ。どうしても服の色素がフィギュアの素体と化学反応してしまうようなのだが、裸で放置する訳にもいかんしねえ。悩ましいねえ。

悩ましいと言えば、「休職という形で話が宙ぶらりんになってるけど、結局辞めるの辞めないの」と職場に聞かれて返事に時間をもらった。
本能では辞める気でいるけど、社会保険料が…共済金が…安全牌が…とか、休職からの復帰と転職同時って私のメンタル耐えられるんかとか考えると揺らいで、他部署に復帰する予定で調整してやっぱりどうしても身体が拒絶したらその時辞めるとか自分本位なゲスなことばかり考えてしまう。
いやいやいや!そんなことでいいの!?
いやでも使えるだけの制度を使って辞めろってアドバイスもらったし!
いやいやいや!ゴ ー ス ト に 従 え!
悩み中です。


>Mさん
「医学書や看護の本って積極的に面白いイラスト乗せればいいのに。」全く同感です。臓器とか手技とかビジュアルとイメージで覚える世界だと思うので、字面だけで分かるかっちゅうねん。
私は『ねじ子のヒミツ手技』が大好きでした。あー看護師さんってこういうことやってんのねーって分かってめっちゃ勉強になりました。長女さんにも是非おすすめ。

今週の参考文献
・宇野常寛『母性のディストピア』…戦後のサブカルチャーを「母性のディストピア」という視点から論じたバリバリ社会学の本。宮崎駿論や押井守論だと例えられる文脈が理解できるのだけど、戦後の政治・文学になると全く頭が付いて行かなかった(政治音痴)。でも若手の凄い社会学者が出て来たものだなあという刺激を受けて、頭脳の端っこが気持ちよくなった。個人的にはやっぱり木皿泉やよしながふみを語る宇野さんが好き。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR