WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

昭和歌謡の女

 
もう平成だというのに、もう21世紀だというのに、身体が昭和の歌謡曲しか受け付けません。
聴く曲、歌う曲、すべて昭和。好きな歌手は中島みゆき。
たまに手を出す平成の曲も、平成の前半で留まったままです。
先週職場の面々とカラオケに行き、存分にその昭和体質を披露してきました。
歌った曲の数々は以下の通り。

大黒摩季「夏が来る、そして…」(名曲「夏が来る」の10年後を歌ったものです)
郷ひろみ・樹木希林「林檎殺人事件」(♪フニフニフニフニフニフ~ニ~)
佳山明生「氷雨」(♪飲ませてー下さいーもーう少し~)
渡辺真知子「かもめが翔んだ日」(♪かもめーが翔んだあー)
堺正章「さらば恋人」(♪さよならとー書いたー手紙い~)
細川たかし「心のこり」(♪あたし馬鹿よねーお馬鹿さんよねー)
中島みゆき「帰省」「銀の龍の背に乗って」

渡辺真知子がいい感じに歌えたので、今度は「迷い道」(♪ひとつ曲がり角、ひとつ間違えて、迷い道く~ねくね~)に挑戦しようとYouTubeで練習中です。
このラインナップも私としてはまだまだ歌い残した感があり、「ああ!ちあきなおみの『喝采』が!」とか「寺尾聰の『ルビーの指環』も!」とか「松任谷由美や竹内まりやや高橋真梨子も行っときたかった!」とか後から色々出て来ます。
翌日、昼休みの職場の会議室で私のレパートリーが話題となり、「じゃあ久保田早紀の『異邦人』聴きたいなあ」と言われ、前奏から忠実に歌い上げました。「『青い山脈』って歌える?」と試され、歌詞が危ういながらも歌い切りました。「火サスの曲ってなんだっけ」と訊かれて、「それは岩崎宏美の『聖母たちのララバイ』です。ちなみに『タッチ』の岩崎良美とは姉妹です」ときっぱり答えました。その場にいた人間の中で最年少に近いのに、歌の知識は最年長に近かったです。
ワタシ、一体なんなんでしょうか。
なんでこんなに昭和から抜けられないのでしょうか。
これから先、時代が別の元号に変わったら、いっこ繰り上がって平成の歌を好きになるのでしょうか。
もし次に生まれ変わったら、また昭和の歌を好きになるのでしょうか。生まれ変わっても中島みゆきの歌に巡り会いたいとは思いますが、また昭和の歌が好きとなると、例えるなら今の私が明治の歌を口ずさんでいるようなものではないでしょうか。怖いです。


バラエティを観ていたら、自分の持ち歌がカラオケで歌われないと帰れないという企画で麻倉未稀が出ていてテンションあがっ↑
私がその場にいたら、「ヒーロー」ではなく「セラヴィと言わないで」でお帰りいただいたのに。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR