FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

箱庭療法継続中

 
相変わらず新人の仕事がいい加減で、院内で行うイベントの動画の締め切りの当日に「これから動画作ります」と言い出して、いやいやイベントがあることは半年前から分かってて自分も事務局で関わってたのになんでそんなに段取りが悪いねん、と思いながら、一応動画にアイデアを出していた立場として(アイデア出したのも4ヶ月くらい前なのに何もせずに放っておきやがってこの野郎)「今できる最善の策は短い音楽をバッグに使って今医事課で撮れる写真を撮って流すことでは」と提案したところ、「考えておきます」との返事。
この期に及んで何を「考えておく」のか分からなくて、本当この新人はアホなんじゃないかと思う。
隣の部署の診療録情報課の課長(DPCを間違えるたびにキャンキャン吠えて来る診療録管理士)からは「医事課で彼を指導できるのはもうあなたしかいない」と言われたけど、そうでなくても毎朝吐いて出勤しているのに私が直接の指導担当になったらまた病休に陥りかねんわ。


そんな訳で今週もシルバニアファミリーという名の箱庭療法。

20180211_1.jpg

20180211_2.jpg

シルバニア村に昭和のレコードプレーヤーが入荷しました。「ナショナル製 超音響ステレオ『飛鳥』」です。
ずっと家具調レコードプレーヤーが欲しくて探していたら、ヤフオクで見つけた時は落札期限まで30分、即落としました。かなり嬉しかったです。
熱帯雨林で観葉植物も購入しましたが、これが商品画像と全く違うのが来て「くそー中国の業者めー!」(出品者は中国のショップだった)と立腹しましたが、なんだかんだ使い勝手がいいので愛用しています。
熱帯雨林ではドールハウス用の渋いラグも購入したのですが、ラグとかカーペットとか大事だなーと思い、布製コースターを敷いてみたところドンピシャ。
シルバニアの世界は1/12サイズ(もしくはもっと下)の世界なので、普段は気にならない布の厚さが意外とミニチュア家具の下で障害になったりして難しい。


最近kindleで読んだ無料版マンガで、『スローモーションをもう一度』『特撮ガガガ』は「その年齢にしては珍しい趣味にハマっていることから苦悩/苦労している人の日常」というテーマが期せずも重なっていて、折しもいい歳してシルバニアに投資している自分とカブってすごく面白かった。
『スローモーションをもう一度』は80年代アイドルにハマっている高校生の話、『特撮ガガガ』は特撮ヒーローものにハマっているOLの話、そして以前から大好きな作品『たそがれたかこ』は若い男性歌手(そしてファン仲間になった中学生男子)にハマっている中年女性の話なのだけど、どれも結局は「やっぱり萌えがあるって生活が楽しい!キラキラする!」ということに尽きると思う。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR