FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

ミニチュアブーム絶賛燃焼中

 
たまたまシルバニアファミリーを虫干ししたことから始まったミニチュアブーム、まだまだお盛んです。
子どもの頃大好きだったおもちゃに再会した喜びに加え、欲しいものは手に入れられる経済状況(小さい頃のお小遣いだけではミニチュア購入なんてとてもとても)、ネット環境の恩恵、さらには仕事の疲れや苛立ちを小さな家具たちを並べることで癒してくれる箱庭的効果など、色んな意味で今私の心を掴んでいるミニチュア。
ヤフオクで落札した小物がちらほらと届くと、仕事でささくれて帰って来た身には「今日一日頑張ったご褒美」「季節外れのサンタクロースからの送り物」のように感じるのですが、まあ自分で落札して自分で買ったのが届いてるってだけで。でも嬉しい。

ミニチュアを色々購入して感じるに、ヤフオクと熱帯雨林ではそれぞれ長所短所があり
●ヤフオク
・ばら売りがある
・ハンドメイドもあったりする
・中古ながら古いシルバニア正規品が手に入る
・送料は必ずかかるので、落札額+αを考えるとまあまあのお値段になる
・届くのは早い

●熱帯雨林
・1/12サイズの商品が豊富
・ただし、シルバニアはちょっと小柄なため1/12サイズでも家具は大きく感じるかも(まだ家具は買ったことないけど)
・送料はかからないこともある
・届く日数はまちまち

まあ何にせよネット見てるだけでも楽しいです。


ミニチュアと同時に今生活の励みになっているのが、ドラマ『anone』。
広瀬すず主演、田中裕子や小林聡美など実力派俳優が脇を固め見応えがあるところも気に入っていますが、何より坂元裕二の脚本が本当に良いのです。
坂元作品は『西遊記』に始まり、『それでも生きていく』『最高の離婚』など観て来ており、今回も「坂元作品だから観よう」と思った信頼感があるのですが、それを裏切らないストーリー展開と台詞回し、伝えようとしているメッセージに、毎話生きる活力をもらっています。
前クールで話題になっていた『カルテット』は何故か見逃しているのですが、こうなると俄然レンタルして観たくなってきた。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR