FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

医事課インフルエンザ警報発令中

 
今週は医事課付近でインフルエンザが流行しまして、課長と主任、衝立を隔てて隣の診療録情報課の課長がインフルエンザで倒れたので急きょタミフルの予防投与が行われました。
元はと言えば正月中に新人が発熱し、インフルエンザは陰性であったものの症状的に限りなくクロに近かったのが震源地と思われます。課長は新人の入力チェック、主任は新人の育成担当で、席も隣同士だった訳ですし。
そんな中私は予防接種を受けていないにも関わらず無事で済んでおり、何よりこの職場に移ってきて幾度となく流行ったインフルエンザの中で唯一流行に乗らなかった人間として、今回ちょっと脚光を浴びました。
なんだろう、昔はよく風邪引いていたけど、病院に勤めるようになって普段から雑菌にまみれているせいか、丈夫になったものです。
まあそれ以前に、ぎっくり腰になったり、足の靭帯切ったり、毎朝吐きながら出勤しているし、別のところで苦労しているからインフルエンザくらいは免除されたい。
ただやはり今回の流行では結構強力な菌が飛んでいるようで、それを身にまとって帰宅してしまい母も不調に陥りました。(じゃあ尚更その中で罹患しない私って一体…。)

週末は無事だった医事課職員で新年会、課長も主任も不在のため非常に羽を伸ばし散々与太話をして帰ったのですが、中庭が有名な大箱の飲み屋の一番端、それこそ何の庭も見えない小部屋に押し込まれ、「何この部屋の『追いやられた感』…」「もしかしてインフルエンザ流行ってるのバレて隔離されてんじゃないのオレら…」という話しきりでした。
私はそれよりも、この新年会で万が一集団食中毒にでも見舞われたらそれこそ医事課が壊滅する…、生もの苦手だから刺身も牡蠣も食べなかった私が生き残って全部の仕事やらされる…、とガクブルしていたのですが、今のところ体調不良のメールは来ていないのでホッと安心しています。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR