FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

ここぞという時の森本梢子

 
気持ちの底上げをする時、頼りにしているマンガ家さんがいます。

渡辺ペコ、よしながふみはもう心の師匠とし、あとは鳥飼茜、金田一連十郎、オノナツメなどを読んでいますが、このたび今更なのですが森本梢子は本当に読んでいて気分がいいなあと思ったのでご報告いたします。

まあ森本作品の気分のよさは、『研修医なな子』『ごくせん』からとうに存じ上げていたのですが、今回現実逃避のために手に取った『アシガール』が非常に心地よかったのです。
(思えば前に『高台家の人々』を手に取ったのも愛猫を亡くした時で、よく考えたら森本作品にはここぞという時に助けてもらっているような気がする。)
『アシガール』も『高台家の人々』も話は似ていて、どちらの作品でも「特殊能力」以外は冴えない主人公がイケメンに熱を上げて、色々あって結婚まで至るというシンデレラストーリーなのですが、「特殊能力」ゆえの現実味のなさが現実逃避にはうってつけで、しかもちゃんとハッピーエンドなところがとても良いです。

同じくシンデレラストーリーと言えば西炯子の作品も思い浮かぶが、こちらの作品群は女としての生きづらさに触れることが多く(西炯子自身も「女が一人で生きるとは」ということを意識しているようなので、その方面を敢えて読んでデトックスするのもアリではあるが)、何せ話が現実的すぎて現実の自分を意識してしまいにっちもさっちも行かない気分になるのは私だけだろうか。

なんにせよ森本作品を貫く能天気さに救われたので、いっそ『デカワンコ』はじめ全巻揃えてしまおうかと考え中。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR