WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

釜爺イズム

 
今の職場に入職して早5年目。
今年の新入職員から入職時に自分の仕事の目標を設定させたり、年度の終わりにまとめの発表をさせたり、チューター制度を設けたり、と至れり尽くせりな体制が出来たのですが、その年度終わりの発表会に、5年目職員も何か発表しろとの急なお達し。
入職時から目標設定してある新入職員と違ってぶっちゃけのんべんだらりと5年を迎えた私に急に振られても心の準備が要りましょうがとは思いましたが、まあやりますよやればいいんでしょう。
気がかりなのは例の同期…いや雑念は置いといて自分のこと自分のこと。

以前から診療録管理室(戸棚を挟んで隣の部署)の職員がキャンキャンうるさいのが耳に障るのだけど、先日は研修で一緒になった新人職員のまあ文句というか悪口というか噂話を大きな声でして盛り上がっていて、暗澹たる気持ちで聞いていたのでした。
確かに件の新人職員は高学歴だけどもコミュニケーション障害でこれから育てていくのに力が要るタイプ。
でも指導に苦労している周囲ならともかく、その新人職員に対して責任を取らない外野がやいのやいの言うのってどうかと思うのです。
あいつの受け応えのここが変、あそこが変、と言うのなら陰で面白がっていないで指摘してやれば本人の成長に繋がるし、そこまで思い入れがなく話の肴にするだけなら放っておいてやる方がよっぽどマシ。
ほら、釜爺も「手え出すなら仕舞いまでやれ」って言ってますし。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR