WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

毎日暑いから

 
我が家の15歳になる大猫の体調が悪く、食べては吐き食べては吐きの毎日。
食べていなくても明け方になると胃液を吐くのが数日続き、その割におやつは食べても吐かないという不思議。(2歳の子猫と一緒におやつを食べるのが何か張り合いになっているのだろうか。)
ある時ふと抱き上げてみるとびっくりするくらい軽くて、身体も骨張っていて、なんというか色々覚悟しました。
これで獣医に連れて行ったとして、どうせ「老衰ですね」とか言われてひとまず点滴して、その後は在宅で皮下注射か、チューブで流動食か、そうやって命を長らえていくのかと思うと、なかなか獣医に行く気持ちになれませんでした。

とは言え大猫の体調が心配なので、重い腰を上げて出掛けてみると…あれ?検査結果が結構いい。少なくとも前回獣医に行った時より数値が良くなっている。
色々迷いながらご飯をあげていることも、その猫その猫で好みは違うのでその調子で大丈夫とのこと。
点滴をして胃腸薬をもらって帰ったら、その後吐かなくなりました。
老いた現実を突き付けられそうで獣医に行くの怖かったけど、意外となんともなくて良かった…。

ちなみにうちの大猫はシャム猫と日本猫の雑種で、前足がチャコールグレーベースのだんだら模様なのだけど、注射をする時に先生が「あらお洒落…」と言っていたのがなんか嬉しかったです。
獣医は自分の患者を「可愛いね」って褒めるべきですな。あと小児科医も。


160827.jpg
結構調子いいよ~。


160729.jpg
子猫も天真爛漫な日々。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR