WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

キンチョーの夏、転職の夏

 
今年から市役所試験の民間企業等経験者枠の中に「福祉職」が追加され、チャレンジしてみたいと意気込んだ矢先、受験資格に該当する職歴がないことが判明、地味に幕切れ。

別に今の職場に不満はないけど、保険請求をこの先5年10年続けるのはちょっと頭がついていかないし、社会福祉士の資格を活かそうにもソーシャルワーカーの能力が自分にないのはここ5年一緒に仕事をして分かったし、現状維持か、部署異動か、そこにいる自分を想像できるか考えた時、市役所に戻るのも一案としてありかと思ったのです。
仕事の相手はどちらも同じ、勤務地も市役所は市内全域になるけど今の職場だって市内数か所に関連院所を持っていることを考えれば同じ、どちらの仕事の楽しい部分も嫌な部分も分かっているつもりだから、本当どっちに就いてもいいのでちょっとチャレンジしてみるかな、という軽い気持ちでした。

市役所時代の知り合いに数人相談してみたところ可笑しかったのが、男性陣は「仕事は割り切り」「転職しても同じことの繰り返しではないか」と結構難色を示していたのに対し、女性陣は「あー受けたらええがー」とかなり楽天的だったこと。
なんというか理屈と感情の性差って感じでした。

結局市役所に志望するには少なくとも4年のソーシャルワーカー経験が必要で、そこまで見据えてこの先ソーシャルワーカー職に異動するかはさておき、労働哲学本や転職本を何冊も読んで自分にとって仕事とは何かを考えるいい機会になりました。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR