WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

ああ、日本のどこかに

 
この土日は、パソコンを購入した時に無理やり付けられたひかりTVの契約やインターネット付加サービスの契約を解約したり、パソコンにセキュリティソフトを取り込んだり、TVを接続するケーブルを買ってきたり、古本屋を巡ったり、自分としては色々やってお腹いっぱいになった気分です。
特にセキュリティソフト。まず私が使っているパソコンでは無線LANの接続の設定のためにソフトが取り込めないと分かり、そこを改善。
そして親が使っているノートパソコンではバージョンが合わないためにソフトが取り込めないと分かり、そこを改善。
ぶっちゃけservice packって何?1と2でどう違うの?と思いながら、そこがダメと指摘されたらそりゃ頑張ってバージョンアップしますよ。慣れないダウンロードに四苦八苦ですよ。
ただ、それだけ頑張ってセキュリティソフトを取り込んでも、親は「パソコンってめんどくさい。厄介事ばかりで嫌い」と全く感謝の念を示さないばかりかパソコン自体に投げやりな態度を取っているので本当にやりがいがないです。
くそー!ウイルスの脅威から守ってやったのにー!

その一方で、時代と逆行していますが友達からビデオデッキをもらい、TVに接続しました。
これも天海祐希祭りと風吹ジュン祭りを開催するのに不可欠だからでして、これから天海さん・風吹さんの出演作でDVD化されずVHSのままのものをじゃんじゃん観る予定なのです。
(そのVHS作品をDVDに焼ければ一番いいのですが、今のところプレーヤー機能しかなく、今後の課題です。)
まずこれから図書館で借りてきた風吹さんの『コキーユ』を鑑賞予定。この風吹さんが可愛いくて胸キュンなんだ。
それから古本屋で天海さんの宝塚時代のミュージカル『ME AND MY GIRL』『LE MISTRAL―鏡の中に消えた男―』を購入したので、これも追々。
ちなみに古本屋には宝塚80周年記念式典と運動会のビデオがそれぞれありましたが、YouTubeにも上がっていることだしひとまず保留。
あと、宝塚時代の天海さんのCD(『ME AND MY GIRL』とか色んな公演のミュージカルナンバー集みたいなの)もあったけどこれも保留。声だけ聴いて楽しいもんかなあ。
熱帯雨林で風吹さんのドラマ『年下の男』が中古で売られていて気になっているのだけど1本3000円ほどで、そこまでして買う価値あるかなあ、買ってすぐDVD化されたら嫌だなあ、どこか古本屋に置いてないかなあ、と悩み中です。

思うにかつてレンタルビデオ屋にあったビデオたちはどこに行ったのでしょうか。
よくレンタル落ちで販売されていたりしましたが、どんどんDVDに切り替わるうちに処分されたVHSが集積され、日本のどこかにVHSの「像の墓場」があるのではないかと睨んでいるのですが、それはどこなんでしょうか。そして実際のところどうなんでしょうか。
せめてドラマや特番は各テレビ局のHPからオンデマンドで視聴できるようになればいいのに。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR