WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

世界じゅうがだれもかも偉い奴に思えてきて

 
あちこちの新聞雑誌でふたご座が健康注意だったので、ついに本格的にインフルエンザにでも罹ってしまうのかと手指消毒を頑張って乗り切った一週間の最後に、いい知らせが舞い込んできました。
ずっと苦手だった同期が4月から他部署に異動になるとのこと。
もともと他部署で新型うつに罹って医事課に異動してきてから3年ほど、ずっとずっと我慢してきて途中私の方が煮詰まって休職するくらい同期のことが嫌いでした。それがあと少しの辛抱だなんて。すげー嬉しい。
長らくのストレッサーから解放されるかと思うと晴れ晴れを通り越して脱力感すら覚えます。

ただ、私は最近人嫌いになったのか偏屈になったのか職場中の人が苦手で、同期はいなくなっても診療録管理室のキャンキャンうるさい女もいなくならないし、休憩室での日がな夫の愚痴子供の愚痴自分自慢もなくならないのかと思うとキリがない。
とりわけ最近精神的に来たのが、隣の部署の同僚が結婚と同時に懐妊したのだけど、その彼女とはかつて内緒話をしたりLineでやりとりしたりするくらいにはいい関係だと思っていたのが、その結婚・懐妊を個人的にではなく職場全体の朝礼で知って「あ、そんな関係でもなかったんだ」と思い知らされたのは寂しかったし、それを境に一気に疎遠になり、私も相手に関わろうとしないのもいけないのだろうけど、相手も私以外の職員と結婚・出産・子育てネタで盛り上がっていて、それって結局私が既婚者でないから話すに値しない存在だと思われているようで、未婚である私はそれほど価値のない人間なのだろうか、だからと言って彼女の様子を見ているとなおさら結婚なんかしたくなくなってくる、結婚した途端に不相応な家をローンで買い、変わった名前で誇らしげに仕事をし、妊娠して男の子か女の子か普通分娩か無痛分娩かとやきもきし、口を開けば子育てを手伝わない夫の愚痴というのが普通の結婚ならしたくないしそういう結婚しか待っていないなら婚活なんてしない…と思うと、自分一人だけがいらないような気がするのだった。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR