WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

明日も頑張ろう、愛する人に捧げよう

 
1月から導入した医事課の新システムが遅くて遅くて、どんだけ遅いねんと時間を計ってみたら、入力作業時間の2割はシステムの動作待ち。
2割て。5時間入力したらうち1時間は動かないシステムてどうなん。
そんな訳で今月はほぼ毎日残業しています。

そこまでして新システムを使っているのは今度の診療報酬改定に対応するためなのですが、その診療報酬改定情報がちらほら解禁されていて、それがもう「うちの病院大丈夫なのか」という内容なのだそうです。(改定読んだけどよく分からない。)
そもそも診療報酬全体が「もはや『いつでもどこでも』の医療は望めない」と物語るかのように、いかに限られた医療資源と医者と看護師を適切に使うかという改定になっているように読めます。
医師が院外で画像診断した分も点数がつくようになって、先生は家に帰ってもおちおち休めん訳やなと思いました。
看護必要度も、在宅復帰率も引き上げ。がん患者は入院せずになるべく在宅で。生活習慣病にはどんどん指導。
ついに一部の病院だけで実施していた選定療養(紹介状持たずに大病院かかると自費でお金取られるアレ)が義務化の方向で、でも確かに「その病院のかかり方どうなの?」という診療も多いのでいいと個人的に思うのですが、そうした患者の受療行動を問い直して行く診療報酬になっていることに、恐らく一般の人は全く知らないというのがどうなのかなあ。

そんな中、渡辺ペコ『昨夜のカレー、明日のパン』と柏木ハルコ『健康で文化的な最低限度の生活』第3巻が発売。
『昨夜の…』は、原作をまだ読んでいなくて、ドラマの方も途中までで、正直どこまでが渡辺さんの脚色か分からないけども、『昨夜の…』のエッセンスを上手く抽出して渡辺さんの世界に再構築した、見事な完成度でした。すげえ。原作読みたい。
『健康で…』は相変わらずの緊迫感。いつもながら「福祉のおしごと」の難しさや醍醐味を描き切っていると思います。
新人の中の一人、栗橋さんは確かに優秀なんだけど、福祉の世界を「本で読んだことや学校で勉強したことだけで完結できない」と感じられたら一歩前進かなーと応援しながら読んでいます。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR