WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

馬鹿にしないでよ そっちのせいよ

 
先週の「なにがなんでもって生き方は疲れちゃった」というのは『Q10』での小林聡美さんの台詞でした。
『Q10』も名台詞が多いのに、シナリオ集出てないのはなんでじゃー。

図書館で木皿泉のエッセイと、小林聡美のエッセイが手に入り、寝る前読んでまったりしてますが、仕事ではストレスフルです。

保険請求の合間に、県の補助金を受けて当院で開催するイベントの事務をやっているのですが、ワードで作ったパンフレットを院内で印刷して手作業でホチキス止めして終わらせるかと思っていたら看護師サイドから「業者に依頼したいです」「知り合いに業者がいるので依頼してきます」「3万5000円でやってもらえるそうです」と話が進んで行ったので任せきりにしていたら、「業者が7万円かかると言って来ています」と報告があり、よくよく聞いてみたら見積もりも取らず勝手に発注して業者ももう印刷をかけてしまったとのこと。
知り合いだからと口約束で発注する方もする方だけど、見積もりも出さず印刷する業者も業者で、もう何を怒っていいか分からずひとまず見積もり送りやがれと業者と喧嘩したら、7万円と言っていたのが電話口で6万円になり、実際の見積もりでは5万円になり、どんな安易な仕事が行われているのか全く信用できない気分。
もう印刷かけたと言われ「でも見積もりもなしに誰がゴーサイン出しました?」と話を反故にしてもよかったけど、看護師の知り合いの業者ゆえに無下にも出来ず、「じゃあ仕方ないですね、それでお願いします」と引き下がったけど、なんでうちが引き下がらにゃならんのじゃ!と思ったら怒りで仕事が手に付かないのでした。

そもそも「業者に依頼したい」というのも看護師が「仕事を楽したい」という気持ちが透けて見えて、楽したいゆえに杜撰な仕事をしてこっちに尻拭いが来るのがもうホント。

イベントに関しては看護師は実働力はあるけど細かい調整は事務方任せで、そのくせこっちのした仕事を勝手に変えたり注文を付けてきたりすることがあって、なんかやりきれないのでした。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR