WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

文句の多い映画鑑賞『パンとスープとネコ日和』

 
Mさんにお借りしたDVD、観終えました。お言葉に甘えて未開封のDVDの袋をぶち破って開けました。(^^;)
『マザーウォーター』『東京オアシス』の監督による、『かもめ食堂』『めがね』『プール』路線の連続ドラマ『パンとスープとネコ日和』。
まあこれだけである程度「ああ、『無印良品』的なほっこりゆったり映画なのだな」と分かるって話ですが、これまでの作品以上に感じられたのは「普通にきっちり生きる」、衣食住への真摯な姿勢のようなものでした。

真摯な姿勢については上手く言及できないけど、衣食住がらみで驚いたこととか。

衣…
ドラマ『すいか』には負けるけど、今回の衣装も可愛いなーと思っていたら、手がけたのは『すいか』のスタイリストさんでした。さすがの色使いです。

食…
フードスタイリストが飯島奈美さんですもん、美味しそうに決まってる。サンドイッチの具の堅実さもさておき、晩酌のおかずの「地に足が着いた感じ」がなんだかじんと来ました。

住…
小林聡美さん演じるアキコさんの家がもう本当に素敵なの!
使い勝手の良さそうな台所と、素材のしっかりしたテーブルのあるダイニング、リビングはシンプルに2人掛けのソファとシェルフ。憧れるわあ。寝室はどうなっているのかしら。

踊(おまけ)…
小林聡美さんのダンスと言えば、日テレ番組『2クール』のエンディングや、古くはインド番組での見事なインド舞踊があり、小林さんの踊りのセンスが抜群なのは充分証明されているところではありますが、今回も素晴らしかったです。3分のダンスを長回しで踊り切ったところはさすがでした。大貫妙子さんのラテン調の曲「この空の下で」も大変素敵でした。
振り付けの雰囲気が独特だなあと思って観ていたら、案の定「珍しいキノコ舞踊団」の名前がテロップに。やはりか。


『かもめ食堂』『めがね』『プール』路線というと、あくまでも淡々と日常が進んでいくものですが、今回はその中でも色々あったドラマでした。
親の死、退職、新しい仕事、新しい同居猫、親の過去の秘密、同居猫との別れ。それらをただ淡々と受け止めていく様は、やはりMさんの言うところの「ふわんふわん」の姿勢であり、それが私にはないのだなあと思うのです。

そんな訳で、今回も大変癒されました。またお返しに上がりますので、お茶でもしましょうねMさん。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR