WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

とてつもない未来(あす)にしがみついた二人 ~本日の『はみデカ』~

 
さあて、ムカつく話はほどほどにして、本題本題。

期待して観た「兵吾と玲子」二部作は兵吾×玲子ファンにとってそれはそれは萌えどころ満載の内容で、これはもう永久保存版だな!と心のビデオのツメを折ったところでございます(例えが古い)。


まず前編、「兵吾と玲子~非情の運命!盗撮された妻」。
のっけから柴田恭兵と風吹ジュンがラブホテルに居たので度肝を抜かれました。(張り込みでラブホテルから向かいの家を監視しているだけなんですが。)
あくまで仕事と割り切って冷静な風吹ジュンに対して、いそいそそわそわし「あのさあ、昔さあ…」と恋人だった頃を懐かしむ柴田恭兵という対照的な二人にニヤニヤが止まりません。
お二人もかつてはこんな所にしけこんであんなことやこんなことをしていた過去があったんですねっ☆
「二人の軽井沢」といい、擬似夫婦な人間同士をラブホテルに放り込むと最高に盛り上がります。

その後柴田恭兵が風間トオルと交替しているうちに風吹ジュンが単独で監視先のスナックに乗り込み、応援を呼ぶ間もなく犯人にやられてしまいます。
そして拉致され、逃走中のバンの後ろに転がされている風吹ジュン。
不謹慎ですが、強い女が返り討ちに遭ってブラウスとか破けた状態で横たわっている姿に何かグッと来るものがあるのはあたしだけですかそうですか。
そして風吹ジュンは自力で脱出。(脱出する様がまたいちいちグッと来ます。)
柴田恭兵は急いで自分のジャケットでくるんでやり、「玲子…玲子ぉ…」と強く抱きしめるのでした。
もうこれだけでも兵吾×玲子ファンとしては充分お腹一杯ですよ。
ていうか、普段のエピソードではあまりあからさまに兵吾×玲子的絡みがないので、いきなりどんどん来られるとこっちが戸惑う。ヘタレでごめんなさい。

その後事件のショックから判断ミスを犯し、指揮から外される風吹ジュン。
「自分の気持ちに素直になれ」と風間トオルがナイスフォローをかましますが、柴田恭兵と風吹ジュンはお互いが抱えているものを分かち合えず、寄り添えないまま泣きながら帰路につきます。
うおおおーー!本当は愛し合っているのに離れ離れな二人!きゅんきゅんします!
なお、今回は叙情的な演出が目につきます。監督の個性でしょうか。(今回の監督は『29歳のクリスマス』の演出などを手がけた星田良子さんだそうです。)

翌日、犯人を山小屋に追い詰めた広域隊。人質を取って立てこもりダイナマイトをちらつかせる犯人に、「一人で背負い込んでいる玲子を分かってやれない俺は生きていても仕方がないんだよおおーー!」と突進していく柴田恭兵。
無線越しにその告白を聞いた風吹ジュンは息を呑みますが、そこでダイナマイトの爆発音が。


後半につづく~。(キートン山田風に)


続いて後編、「兵吾と玲子~離婚の理由と許されぬ愛…」。
ダイナマイトの爆発にもめげず犯人を取り押さえた柴田恭兵は風吹ジュンが拉致された時に盗撮されたと思われるフィルムを没収(その後そのフィルムをそっと玲子さんのポケットに入れてやる兵吾くんがクールです)、しかしその隙に犯人は崖から転落し死んでしまいます。
そこへ犯人にダイナマイトを譲り受けたグループから犯行声明が。
広域隊がダイナマイトを仕掛けられたデパートを捜索している間に、風吹ジュンは犯行グループのアジトを突き止め、またも単独で乗り込みます。
当然風吹ジュンは犯行グループに捕らえられ、駆けつけた柴田恭兵ともども監禁の憂き目に。
(ちなみにここでさりげなく玲子さんが「兵吾」と呼び捨てにしているのを聞き逃しはしませんでした。ここから兵吾×玲子のエンジンがかかる訳です。)

ここで後ろ手に縛られた風吹ジュンのロープを、同じく後ろ手に縛られた柴田恭兵が這いつくばって口で噛み切ろうと奮闘するのですが、その画がそこはかとなくエロい。
それだけならまだしも、その間に
兵吾「痛かったら言えよ」
玲子「うん…」
兵吾「(噛み切れず)ああっ」
玲子「うっ」
兵吾「ゴメン」
玲子「大丈夫…、大丈夫……」
って会話がさらにエロい!
何その囁きボイス!吐息まじり!会話だけ聞いてたらもうエッチ中としか(以下自粛)!

昔話などするうちになんとか風吹ジュンのロープが外れ、今度は柴田恭兵のロープを解こうとする風吹ジュンですが、ここで二人の気持ちが高まり、キスをするのです!!
ギャアアァァーーーーー!!兵吾×玲子的視聴率マックスーーーーー!!
ていうかですね、この二人は今までチューどころか仲良くしていたシーンも少ない訳で、仕方ないからチューとかは妄想で処理していた訳で、それを公式でやられちまうとこっちはどうすりゃいいんすか!(あわあわ)

一方、柴田恭兵と風吹ジュンの独断捜査に不満をこぼす広域隊でしたが、そこに樹木希林(元刑事で「落としのキク」と呼ばれたが今は庶務課職員。兵吾×玲子については馴れ初めから知っているスゴイ人。普段はおちゃらけたキャラで、兵吾とは凸凹コンビ)から、兵吾×玲子を後押しする無線が入ります。
そこで樹木希林は二人の離婚の真実を暴露。
離婚した後柴田恭兵が泣いて暮らしていたことも暴露。
13年前、事件に巻き込まれた柴田恭兵は自分の娘よりも一般市民を先に助け、風吹ジュンにビンタを食らったのでした。
つまり柴田恭兵は家庭よりも刑事であることを選んだのです。
そして風吹ジュンもそれを分かった上で、今の二人の関係があるのです。
決定的に決別するような何かがあったのではなく、気持ちが残ったまま離れることを選んだ二人なのです。切なー。
広域隊一同、感激。観ている私も感激。

その頃、脱出した柴田恭兵はダイナマイトが仕掛けられた老人ホームに向かいますが、犯行グループに風吹ジュンを人質に取られ戻ってくるよう脅されます。
そこで風吹ジュンが言うのです。
「私を助けて。13年前と同じように助けて。お願い、高見刑事」。
13年前と同じように…そして「高見刑事」呼び。つまりもう一度家庭よりも刑事であることを選んで老人ホームへ向かえと伝えている訳です。
すっかり兵吾×玲子モードになって、ついさっきまで風吹ジュンと抱き合ったりしていた柴田恭兵は「出来るわけねえよお~」と葛藤しますが、涙を呑んで「分かりました…分かりました、課長」。
うおおおーー!本当は愛し合っているのに離れ離れな二人!(本日二度目の叫び)

結局、間一髪風吹ジュンを救ったのは風間トオルで、柴田恭兵は老人ホームのダイナマイトを処理してから遅れて到着。
そして「あなたがあたしを助けに来てたら、刑事やめてもらってた」と風吹ジュン。
すっかりしょぼくれて男泣きに泣く柴田恭兵。
二人には復縁ではなく、刑事として生きるしか選択肢はないのでした。ぐっすん。

しかしダメなのかなあ、刑事・高見兵吾として老人ホームにカタをつけ、人間・高見兵吾として玲子さんを助けに来るのは無しなのかなあ。
事件を優先した時点でもう刑事としてしか生きられないのかなあ。
刑事として生きながら、再び家族になることはできないのかなあ。

でも、その後よそよそしくしながらも書類を渡す際に手が触れ合っただけでドギマギしている二人なので、まだチャンスはありそうです。
次回の兵吾×玲子をお楽しみに~。
(聞くところに拠れば、最終的に二人は再婚するらしいじゃないっすか。一体どういう経緯でそうなるのか大変楽しみです。)


なお、東映の公式HPはこちら。
ttp://tvarc.toei.co.jp/tv/user/program/read_story3.asp?Command=Old&SID=9
ナイスなお写真満載です。
さすが制作者、兵吾×玲子ファンの気持ちを分かってらっしゃる。


どうでもいい話ですが、ワタクシこのたび大変胸(ていうか乳房)が痛くなることがありまして、普段乳がん検診を受けていないやましさから「もしかして!」と青くなって乳腺外来に飛び込んだのですが、その時『はみデカ』第1シーズン「妻よ!! 涙の大捜査」で風吹ジュンが胸のしこりを気にしていた話を思い出しました。
あの時、柴田恭兵が「おっぱい触らせろ!」とイカした台詞をぶっ放つんですよ。これも兵吾×玲子度の高いエピソードでした。

ちなみに私の胸はなんてことはない月経前症候群によるものだと判明し、今回の生理の重さを思い知らされたのでした。
いやーホント、おじさんにこれ以上なく腹が立った訳だわ。
スポンサーサイト

Comment

はじめまして☆

はじめまして。ねねと言います。私も今もはみ刑事の兵吾くん×玲子さんが大好きです♪
実は今、猛烈に感激しています☆だって…だって…
ROUTE66さんとお話できるなんて(≧▽≦)!!
だいぶ昔のさるさる日記過去ログでROUTE66さんがはみ刑事がリアルタイムで放送されてる時の感想を書かれているのを読んで、実はかなりキュンキュンしていた人間です(^^)v
確か、『花男』より『はみ刑事』、とかパート6の最終回が…(*^m^*)とか、そんな話を書かれていたと思います。
私はその感想ブログがとても好きで、ずっと"お気に入り"に入れていたんですが…さるさる日記さんがサービス終了すると聞き(ToT)もうROUTE66さんの日記は読めないんだ…と泣いていたんです(大袈裟ではなく本当に)。
まさかまさか今ROUTE66さんの新ブログに辿り着けて、しかも今でも熱冷めずに『はみ刑事』の兵吾くん×玲子さんを愛してブログで再び語ってくださってるという事実が…感謝感激で泣きそうです(T_T)奇跡だ。

良かったらこれを機会にはみ刑事話を語り合えたらと思っています。気が向きましたらコメントのお返事を頂けたら幸いです。
長々失礼いたしました。
また覗きに伺いますm(_ _)m。
ねね

2011.07.28 | ねね[URL] | Edit

コメントありがとうございます

ねねさん、初めまして。
このたびはコメントありがとうございます。
まさかそんな私の過去の日記まで読んで下さって、しかも覚えて下さっていたなんて本当に感激です。
(私の過去の日記ってあの…、あの愚痴だらけの…///)

ねねさんに指摘されるまで、過去の日記ではみデカを熱く語っていたなんて忘れていました。
改めて読むに……今と全く同じ事言ってますね!
全く同じ事に萌えてますね!
自分の進歩のなさにビックリです。
いや、人間それだけ好みは変わらないということで…。

そんな訳で、新しい日記でも相変わらずはみデカを語っている私ですが、これからも末永くお付き合いいただけたら幸いです。
オン・オフともにはみデカ仲間がおらず、情報源も公式サイト(思えばここもよく過去ログ残ってるよなあ。東映に感謝!)だけなので、色々と萌えをぶつけ合ったり情報交換したりできたらいいですね☆

2011.07.28 | damian[URL] | Edit

わーい\(^^)/

お返事ありがとうございます。すごく嬉しいです(*^_^*)。
もうドラマが終了してだいぶ経ちますけど
私の中では今も超リアルで
はみ刑事愛継続中です(^_^)v
できれば直接メールできるフォームはありますか?
是非お話できたら幸せです。
ねね

2011.07.29 | ねね[URL] | Edit

メールはこちら↓

私は再放送ではみデカ熱を再発した中途半端なファンなんですけど(何せ以前日記で語ったことも忘れていたくらいだし)、ねねさんはずっとはみデカ好きでいらっしゃるのですね。
すごいなあ…。
私も色んなものに目移りしてないと、見習わなければ。

ちょうどメールフォームをサイトのトップにリンクさせているので、メールでしたらそちらをご利用下さるといいかと。
URL欄に書いときます。

2011.07.29 | damian[URL] | Edit

プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR