WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

このイライラを分析すると

 
医事課の仕事をしながら、同期との憂鬱な関わりはまだ続いていたりします。
まあ全く関わっちゃいないんだけど、色々嫌なことが見えたり聞こえたり、些細な事ですがイラッとします。

中村うさぎの女性論は鋭いとどこかの評論家が評価していましたが、確かに読み応えと説得力がありました。
同期のあの女がなぜムカつくかと言うと、傍から見ていて「勘違い」や「自意識過剰」などのイタい行動を平気でする同期の様に近親憎悪を覚えるからだそうです。
つまり自分ですっごい気を付けてそんなイタい女にならないように気を付けているところを、同期のあの女は自分を客観的に評価できないゆえにイタい女になっていてしかもそれを気にしていない、その結果イタさを目撃した周囲は「うわイタいわ~。なんであんなこと平気でできるん?」と思うからムカつく、という構造らしいです。
上手く言えませんが、身近にムカつく女がいて「この気持ちは一体!」と思う方は是非読んでほしい一冊です。


「イタい女」の作られ方 自意識過剰の姥皮地獄 (集英社文庫)「イタい女」の作られ方 自意識過剰の姥皮地獄 (集英社文庫)
(2009/12/16)
中村 うさぎ

商品詳細を見る



同じ職場の同年代の女の子が同期と私があまり接触しないように気を遣ってくれた結果、逆に同期に馴れ馴れしくされて大分疲れているようで、今度毒抜き飲み会をしようという話になりました。
今春の異動の話に同期の名前が出てこないところを見ると、同期とのお付き合いはまだ続きそうで、あー鬱だわー。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR