WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

文句の多い映画鑑賞『ルパン三世 princess of the breeze』

 
多分散々言い尽くされたであろうことを(ブログとか読んでないけど)、あたかも自分で考えたように語りたいと思います。

ルパンテレスペをようやく観終えました。
放送から約2ヶ月経っていました。
なんかもう、ね~!今年のは特に観るのが苦痛で苦痛で仕方なくて、全然楽しくなかったのですが、その理由は何かと考えるに…「予定調和感」?

なんというか、往年のアニメ(特に宮崎アニメ)に憧れたばかりにその壁を全く乗り越えられていないスタッフがルパンを作った結果、「あれ見たことある」「これも見たことある」とデジャブ連発の内容で、挙句にエンディングテーマが英語版「炎のたからもの」(カリオストロの城の曲)だなんて、もはや開き直っているとしかいいようがない。
キャラクターなんてほぼその「予定調和」の説明のために出てきているようなもので、型どおりのメンバーフルスロットルにイラッとした。奇抜なミスターGですら安定の型どおりぶり。
古いスタッフばかりで制作すると懐古趣味的ルパンにしかならないのかもしれないけど、新しいスタッフばかりで制作するとこんなにも二番煎じ的ルパンになる、ってどうなんだろうか。
脚本がすっかすかなのに絵だけ気合が入っていて空回りしていたけど、あの絵じゃなかったら2時間持たなかったに違いない。
まあそれでも、やっぱりルパンにはCG多用は合わないよね、ってそんなこたあ『生きていた魔術師』でとっくに分かってるんだよ。

いずれにせよ、どっかで観たようなルパンを出すならもう観ねえぞ…って毎年思うけどなんだかんだで結局毎年観て気分悪くなっているのは往年ファンとして見届けなきゃって義務を背負い過ぎなんだろうか。
そして、合間に入っているルパンVSコナンの予告を観るとこちらも「お互いネタ切れしたのなら合体すればいいじゃない」という別の二番煎じ感が漂っているのだけど、それでもテレスペに比べりゃ話も絵も上等だわ、と思わせる、なんだこのテレスペマジック。あ、テレスペでげんなりさせておいて、口直しにルパコナ観に行かせようって魂胆か。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR