WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

伊丹十三祭りから木皿泉祭りへ

 
ここのところずっと「伊丹十三祭り」開催中で、『マルサの女』『マルサの女2』『ミンボーの女』『スーパーの女』『マルタイの女』という一連の「女シリーズ」を制覇。
ひとまず気が済んだので、それ以外の伊丹監督作品を観るかどうかはさておいて(伊丹監督の描写ってちょっとどぎついからなあ)、脈絡もなく「木皿泉祭り」を始めました。
ずっと観よう観ようと思っていた、でも観ようとした時に限ってレンタル中だったり、借りられる時にはそんな気分にならなかったり、とタイミングが悪かったのが、今回ふと思い立って伊丹監督作品と一緒に借りたのが『野ブタをプロデュース』でした。
まずは第1巻を鑑賞し相変わらず木皿脚本作品は味があるなあと、何気なく熱帯雨林を検索してみたら…


すいか 1 (河出文庫 (0))すいか 1 (河出文庫 (0))
(2013/08/06)
木皿 泉

商品詳細を見る



『すいか』が文庫本になってるー!
『すいかシナリオBOOK』はほとんど取り扱いがなくて、中古でもの凄い高価だったりして、仕方がないから遠くの図書館にあるのを館間貸し出しで取り寄せてもらったりしていましたが、このたびついに手元に置くことができるなんて!
8月6日、河出文庫から。絶対買いに行きたいです。

他にも木皿泉の小説やエッセイ、『すいか』のサントラなどが出ているようで、いいなー欲しいなー。買っちゃおうかなー。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR