WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

『オケピ!』DVD鑑賞レポート

 
気に入ったミュージカルナンバーを何度も観返しながら、購入した『オケピ!』DVDをかなりフルに鑑賞し愛でているところです。
やはりお気に入りは天海祐希さん演じるハープさんが歌う「ミュージシャンのタコについての考察」。ここでの「タコ」とはイボと同類のアレです。
タコとタコとが絡み合う~♪という絶妙な歌詞がボサノバ調にアレンジされていて大変心地よい一曲です。ボサノバ大好き。

今回のDVDで初めて経験したのですが、このDVDでは「スイッチング映像」と「舞台フルショット」という2種類のアングルで観ることができます。
断然観やすいのは「スイッチング映像」で、俳優さんの表情や細かい動きをじっくり楽しむことができるのですが、「舞台フルショット」だと実際に劇場に舞台を観に行って観劇しているような臨場感が味わえます。また、「スイッチング映像」では分からない、今出番がない俳優さんや歌い終わってはけて行った俳優さんの演技を目で追うことができるのも○です。

何より「このDVD買って良かった!」と思ったのが特典映像の数々。
読み合わせから立ち稽古、リハーサルを経て各地の公演が始まるまでを見ていると、一つの演劇が出来上がる工程を追ううちについ感情移入してしまい「ああ!やっと公演にこぎつけたぞ!」と勝手に達成感を感じられると同時に、観る側よりもやっている側(スタッフやキャスト)の方が断然楽しそう!と思ってしまいます。
大勢で何か一つのものを作り上げる楽しさ。いいなあ、こんな仕事に携われたらいいだろうなあ。
『オケピ!』という作品がたまたまそんな現場だったのかもしれないし、他の作品もすべからくそうなのかもしれませんが、舞台の本当の醍醐味は作る側にあるなのではないかと思わずにはいられませんでした。
そんな作品を、観る側としてだけではなくやっている側も見せてくれた特典映像に感謝。

そして、「川平慈英のオケピ!密着レポート」がまたいい仕事をしてくれるのです。
川平さんが回すカメラにはキャストの皆さんの素の顔がたくさん映っており、我らが天海さんに至っては、すっぴんの天海さん、稽古着姿の天海さん、二つ分け三つ編みお下げ髪の天海さん、瀬戸カトリーヌさんのパートを歌って踊る天海さんなど、美味しい映像満載です。川平さん目線で天海さんのパンチを食らうこともできます。
カメラワークがブレブレなので鑑賞後は酔いますが、それもまた良しです。

なかなかのお値段だったけどいい買い物をしたわあ。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR