WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

新人の下に新人が

 
正月三が日も過ぎてみなさんいかがお過ごしでしょうか。
医事課と言えば保険請求、保険請求と言えば月末月始、ということで大晦日も正月も仕事です。
まあね、病院勤務に盆正月があるなんて思ってませんよ。
そもそも学生時代はずっと病院の救急窓口の事務のバイトをやっていて普通に正月を過ごしたことがなく、仕事納めを経験したのは福祉事務所にいた四年間だけでした。

保険請求とかレセプト点検とかってなあに?と仰る方もいらっしゃるでしょう。
日本で医療機関に受診して医療費の3割ないし1割の負担で医療が受けられるのは、残りの7割や9割を病院から保険者に請求しているからです。
本来は10割全額負担して、自分で保険者に償還してもらうべきところを、病院事務が代行している状態なのです。
保険者に請求するために、「この病名に対してこのような医療行為を行いました」という明細書がレセプトであり、その内容を色んな診療報酬上のルールに基づいて点検するのがレセプト点検と呼ばれるものです。
この診療報酬上のルールというのがもう複雑で、私は端の端しか分かっていない状態です。
月を追うごとに、「今月は病名をちゃんとチェックする!」「今月は薬剤をチェックする!」と「今月は検査にも目を配る!」など目標を追加して行ってスキルを上げているのですが、それでもまだまだ基礎の基礎。漏れのないレセプトには程遠く、ずっと上司のチェックを受けています。

そんな保険請求ド素人の私に早くも後輩が出来ました。
後輩と言っても病院でのキャリアはベテラン、あくまでも医事課での勤務は初めて、という職員さんで、対等に話をするのはおこがましいくらいの存在なのですが、まだまだ病院事務が分からない者同士「ここ分からないね」と相談し合えるようになればいいなと思っています。


癒しのCM。今こんな大人の演出少ないよね。
ちなみにBGMは「夜が来る」、小林亜星の曲だそうです。
スポンサーサイト

Comment


プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR