FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

グレー?グレーでいいの?

 
発達障害の本検査を受けての結果。
能力は高いが出来る出来ないに若干の凸凹があるということで、発達障害を学ぶプログラムに参加することになったのですが、ん?結局発達障害なの?発達障害じゃないの?グレーゾーンという理解でいいの?
結果がよく分かってないまま(まあこれから詳しく聞くとして)ただ一つ言えるのは、「母には明かせない」。言ったところで「私の育て方が悪かったのか」とかなんとか自分のことばかり考えて、じゃあ私がどういう特性があって何に困ってるかには全然耳を傾けてくれそうにないから。高校の時パニック障害で休学した時ずっとそうだったからもう期待したくない。


話は全く、ホントに全く変わって。
榊原良子さんがブログ始めるんですって奥さん!
今日知ってめちゃめちゃ興奮しました。

ttps://ameblo.jp/yoshiko-sakakibara/
スポンサーサイト



 

After Departure

 
引っ越しから約10日。転居してから1週間ほどベッドと食卓がなく、段ボールも片付いていないフローリングの部屋の地べたに座卓と布団敷いてご飯食べていたのがちょっとオシャレから程遠かったけど、今では家具が整ってとっても素敵で落ち着く部屋が出来上がりました。
一緒に連れてきた三毛猫がちょっと食欲がなくて、仲が良かった子猫と引き離したのが悪かったのではとそこは心が引っ掛かっているところではありますが、まあ一人っ子も気楽で楽しいかなと三毛猫が感じてくれればいいと願ってます。

食事の面がちゃんと出来るか不安だったのも実際スーパーの総菜を見たらこれ自炊しなくても全然バランスが摂れた食事が出来そうじゃんと気が楽になりました。
まだ調味料が整っていない今はポン酢とめんつゆを駆使して副菜を作り、主菜は総菜に頼ってます。

その後母親とは実はちょくちょくやり取りをしていて、ネットが使えないと修理を頼まれたり不用品を渡したりプランターのネギと大葉を分けてもらったりとなんだかんだで実家に顔を出しています。
話していてイラっとすることは変わっていないけど、「どうせこれから私は私の家に帰るんだし」と思えば冷静でいられるので不思議です。
何度も言うように、母親とは「同居人」としては上手く行っても「母と娘」になると途端にこじれるので、この距離感がいいのだと思います。
あとは実家に顔を出す理由としては、母親が飼っている子猫に会いたいから。忘れられたくないんだよう。たまに顔ペロペロしてもらいたいんだよう。(猫は飼い主であっても結構すぐ人を忘れます。)
 

Departure

 
6/9(日)母との諍いから17日目。晴れて物件契約完了。あー良かったー。買った家電無駄にならずに済んだー。
午前中不動産屋(緊張で強い吐き気を催す)、午後家具を買う。
本当は話すのも億劫な母と家の中の日用品の「形見分け」の交渉はできたが、飼っている猫たちが最近食欲がないことについて私が家を出ると言い出したせいだと言わんばかりの含みのある態度があり、一気に滅入る。
ああそうですか、家を出る私が悪いんですか。じゃあその原因の一端となったあなたは悪くないんですか。不出来な母親だからと自分を卑下しながら結局自分が自分なのは仕方ない、その自分を怒らせる私が悪いとでも言いたいんですか。私が家を出るのも自己都合であって、そのせいで飼い猫に迷惑掛けていると責めるんですか。

物件の契約が完了してしばらく、一抹の寂しさみたいなものと「本当にこれで良かったんだろうか」という躊躇が頭をよぎったけど、手加減無用ということがよく分かった。

6/10(月)18日目。午前中リワーク、午後日用品を買う。
夜に母親にパソコンの引き継ぎ、この時はまあまあ良好な雰囲気。
分かってるのよ、母親とは「同居人」としては上手く行っても「母と娘」になると途端にこじれるの。

6/11(火)19日目。午前中リワーク、午後日用品を買う。

6/12(水)20日目。入居日。

6/13(木)21日目。引っ越し。

諍いから3週間で転居というスピーディーさではあったけど、物理的に距離を置けて良かったと思う。
フォローしてくれた不動産屋さん、リワークのスタッフさんには感謝。
 

続・Before Departure

 
6/2(日)母との諍いから10日目。疲れて部屋で横になっていると、ノックもせず急に入ってきて「あら寝てる」と言って出ていく母。母はいつも私が部屋に籠っていると勝手に入ってきていた。それどころか部屋の中を勝手に片付けたり、鏡台の中の化粧道具を触ったりした。そういうプライバシーのなさが嫌だったが、あと10日の我慢…。しかし正直この10日が間が持たないのであった。

6/3(月)11日目、午前中リワーク、午後家電の下見。

6/4(火)12日目、午前中リワーク、午後荷造り。「家の日用品は何でも持って行っていいよ」という母の言葉を真に受けて好きなものを梱包していたら、「持って行くなら一言言って。泥棒みたいな真似をして、こっちにだって都合がある」と言われる。じゃあそれは「何でも持って行っていい」とは言わんのじゃないだろうか。

6/5(水)13日目、昨日の母とのやり取りがてきめんメンタルに来て調子を崩す。眠気も強い。
午前中クリニックで発達障害のアセスメント検査。今回私が発達障害かと疑われたのは、精神症状がなく(自覚がないせいもあるのだが)身体症状に集中しているのが発達障害的なのだそうだ。
そっちかー。怒涛の勢いで引っ越し準備しているのが「衝動性」と判断されたのかと思った。なんにしても本検査を希望しておいた。本当に自分がそう診断されるのかすごく気になる。

6/6(木)14日目。誕生日の今日、10年使ったパソコンがご臨終を迎える。

6/7(金)15日目。午前中リワーク、午後パソコンを荼毘に付す。

6/8(土)16日目。午前中クリニックで診察。午後パソコンをはじめ家電を買い揃える。しめて25万円弱。
この時点で申し込んでいる物件はまだ審査待ちの状態であり、とりあえず12日入居で希望を出しているが審査が通らなければそれが流れてしまう、その中で家電を買ったりネット契約をしたりして大丈夫なんだろうかと不安になる。
 

Before Departure

 
5/28(火)母との諍いから5日目、リワークのついでに今のタイミングで転居ができるか相談したところ「不動産屋さん見に行ってみたら?」と言われ、その足で不動産屋さんに直行し物件を決めてきた。あっという間だった。(まあそもそも諍いのたびにSUUM○で物件は検索し尽くしているし、猫を連れて行ける物件が少ないので選択肢を絞るのは早いのだ。)

5/29(水)6日目、午前中図書館、午後もう一度物件を見て部屋のサイズなど測り、申し込み。現在審査待ちの状況。

5/30(木)7日目、午前中図書館、午後ニ○リに家具の下見に行き仮押さえをする。まだ物件の本契約まで行っていないのでさすがに購入は差し控える。

5/31(金)8日目、午前中リワーク、午後家電を見る。引っ越し屋さんが見積もりに来て、値引き交渉をしつつ即決する。

6/1(土)9日目、午前中クリニックで診察、主治医から「リワークの様子を見ていたスタッフから引き継ぎがあり、発達障害の疑いがあるから検査を受けるように」との話。はっ発達障害ーーー!!!
恐らくここ数日の体力を無視した怒涛の引っ越し準備が「衝動性」と判断された模様。確かに仕事してる時も思い立ったことをすぐにやらずにはいられないところはあるけどね。
午後に図書館で「大人の発達障害」に関連した本をそっと読むに(おいおい、検査受ける前にネタバレしていいのか)、確かに当てはまる項目が多い。
私としては長く生きづらさを感じていて、それはアダルトチルドレンとHSPの複合によるものだと思っていたが、正直どんな病名であっても自分が楽になってこれから生きやすくなる対処法が分かるならなんでもいい。

ちなみに検査代、自費で5400円。検査でアセスメントして「これは本当に疑わしい」となると本検査に入るそうなのだが、こっちは自費で16200円だったかな?
痛い出費だが、今回転居する上で「自分が楽になるなら金に糸目は付けない」という方針にしているので腹を括ろう。

ぶっちゃけ、この機会に精神保健福祉手帳3級が取得できたらいいのにと思う。色々割引効くし、いっそ職場に提示して障害者雇用率上げてもらってもいい。そして私に無茶な仕事を振らないで、自分では断れないから。

何故何度も母と諍いながら諦めていた転居を今回は決行したのかとリワークで問われたが、一番はやはりお金の問題。
これまで、学生時代から福祉事務所時代にかけては本当にお金がなくて、独り暮らしなんて叶わぬ夢だった。
で、今の仕事になってからは、さすがに実家暮らしのお陰で貯金が溜まってきたのと、今回の休職に伴う傷病手当金がほぼ手つかずなので、今なら経済的な問題はクリア。
あと、休職中かつリワーク中というのも大きい。実は休職直前と直後にも諍いがあったのだが、その時は体調が悪すぎて家を出る気力もなかった。それがリワークという復職できるある程度の気力・体力が蓄えられた状態。(そして復職したらもうしんどくて引っ越しの準備どころではなくなってしまうだろう。)
それに加えて、今までなら仕事をしていたのでどんなに腹が立っても日中は職場に逃げ込んで仕事に没頭すればよく、我慢が必要なのは家に帰った数時間だったのが、今はお互い日中も顔を合わせるため非常に気詰まりで私は図書館やカラオケに逃げ込んでいる。それならもう自分の落ち着ける場所を確保すればいいんじゃない、と。

もうね、自分が楽になるために使えるお金がある。これが今の一番の喜びです。
プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR