FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

プチぎっくり腰来たる

 
今週は月曜日からなんとなく体調が悪かったのが木曜日にピークを迎え、吐き気と胃痛がするのにプリンペランもブスコパンも効かず、お腹が痛いような背中が痛いような腰が痛いようなと思っていたら、どうやら全ては軽いぎっくり腰の症状から来ていたようです。
特に重たいものを持った訳ではないのですが、積もり積もった身体の疲れや歪みが腰に来たらしい。
なんとか家に帰り、湿布と安静とストレッチで乗り越えました。
その後も腰は痛いけど、悪化させずにどうにか持たせたのは良かった。やっぱり日頃の運動(特にヨガとかストレッチ)は大事だなあと思いました。
で、腰を鏡で見た時に、自分の腰回り・尻回りの肉付きと垂れに戦慄したので、これからはヒップアップも頑張ろうと思う。

ずっと楽しみに観ていたドラマ『anone』が最終回に。
辛いだけの話にならず、希望が持てるエンディングを迎えられたのが嬉しかった。
偽札作りの代償を払い終わってハリカちゃんに亜乃音さんも出迎え出迎えられる関係になったのはホッとしたし、持本さんと青羽さんも死に別れながら実は別れてなくて「ずっと側にいる」という約束を守っているのが泣けた。
こういうドラマもっと観たいなあ。前坂元作品の『カルテット』とか観ようかなあ。
スポンサーサイト



 

あっという間にもう こんな年齢だし 親も年だし あなたもういないし

 
最近母親の変化が目について、色々しみじみしたり不安になったり苛立ったりするのです。
そもそも私が年末からおさんどん当番を始めたのだって、このところ「ん?どうしたどうした?」ということが続いたためだったのですが、例えば今まで簡単にできていたことが出来なくなっていたり、昔のことはよく覚えているけど最近のことは昨日話したことでもあっという間に忘れていたり、自己中心的な考え・モラルに反する考えを恥ずかしげもなく口にしたり、頑固で思い込みが強くなっていたり、新しいことをしたり覚えたりするのを嫌がったり、思うがままの行儀作法を平気で見せたり、こういうのが「老い」なのかなあと思うとまだ覚悟ができていないから、なんだか未来が怖い。
赤ん坊だった自分を世話したように、赤ん坊に戻って行く親を世話するのだとよく言うけど、やっぱりそういう覚悟は誰かと分かち合いたい。誰かと一緒に覚悟を決めたい。
と言っても夫婦が同じくらいそれぞれの親に覚悟を持っているかと言ったら覚悟を決めるのは女の方ばかりのように思えて、結局一人で覚悟するしかないんだろうけど、こういう時一人っ子って嫌だなあと思う。

以前患者家族の対応をしていたら、70代妻の外見が美魔女みたいだったけど認知機能は年相応と見えて会計でわたわたしてて、外見と内面が伴わないことにちょっと違和感を感じたのですが、私も母親も老けない遺伝子を持っているのか実年齢よりもだいぶ若く見られるので、ああいう風に外見と内面のギャップ(って言えばカッコいいけどさあ)が顕著になるとそれはそれで微妙。

お母さん、とにかく頭元気でいてください。
 

のぼせてあせって一日がゆく

 
今週は、未収患者の督促で熱くなり過ぎて隣の席の職員に優しく諭されたのがとても恥ずかしかった。
恥ずかしくて消え入りたくなって、こんな気持ちこの職場では休職前仕事がめちゃくちゃで家に帰って号泣して以来の恥ずかしさだなーと、とにかく恥ずかしかった。
次の日は次の日で保険請求にミスが発覚して色んな人に迷惑をかけ、生活保護と更生医療の分点なんて今に始まったことじゃないのになんで同じ間違いを繰り返してるんだろうとまた恥ずかしくなった。
大量の恥ずかしさを抱えながら他人の失敗はよく見つけられるもので、退院患者の請求ミス(致命的なやつ)を2件発見してフォローしたので、2勝2敗といったところか。

私が恥ずかしさを抱えている一方で、嫌な業務を押し付けられて「やりたくありません」と駄々をこねた結果課長に優しく諭されて結局その業務を受けざるを得なくなった職員が、ひとしきり恥じた後「そういえばちょっと聞きたいんだけど」と一言置いたので何かと思ったら、「今、その辺でおやつが回ってなかった?」(実際、駄々をこねている横でおやつが回ってきていたのだった)と言ったのがすごく笑ったし、なんだかそういう生き方に憧れた。現金過ぎるだろう。
ちなみにその職員、その夜帰宅時に自分の車を夫の車にぶつけて酷い傷を負わせ、翌朝さらにしおしおのパーになって出勤してきた。なんか色々上手く行かない時ってあるよね。
 

悲喜こもごもの1年間

 
15年間一緒に暮らした大猫が亡くなって1年。そして三毛猫がやって来て1年。
大猫の一周忌を迎える今週、大猫と同居していた3歳の子猫が何故か食欲不振になり、ちょっと心配しました。
食べることと寝ることだけが生きがいの子猫がご飯の時間になっても出て来ず、出したご飯にも食指湧かず。
三毛猫の器ではご飯を食べる子猫なので、じゃあ2匹一緒に並んで食べてみるかとご飯を出してみたところ(これまで子猫は1階・大猫は2階に分かれてご飯を食べていたのです)、急に子猫の食欲が戻りました。
なんだろう、気持ちの問題から来る食欲不振だったんだろうか。

20180304.jpg
汚え台所が丸裸。

この1年子猫にも三毛猫にも色々変化があり、慎重派でなかなか甘えに来なかった三毛猫が布団で一緒に寝られるようになったり、一人っ子気分の強い子猫は押しの強い三毛猫にネコミニュケーションを学びなんとなく2匹で絡むようになったり。
大猫がいない生活は寂しいけど、大猫は住む場所が変わって肉体がなくなっただけで魂はまだどこかの風に乗っているのだと、「千の風になって」的なことを思うのでした。


毎週のお楽しみ、ドラマ『anone』。
第7話ではハリカちゃんに亜乃音さんが「お母さんとして守るから離れないで」と伝えるシーンがあって、これがもうなんか熱烈なラブシーンみたいでした。
男女の愛だけじゃなくて、人と人が感情を交わすだけでラブシーンになるんだということを田中裕子さんに知らされた気がしました。
「はあ~田中さんもっと観たいわーー」という訳で、家にあった『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』を鑑賞、オカン死ぬとこ辛い…。
『向田邦子スペシャル』のDVD観たいなー。TS○TAYAにあるんかいな。
プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR