WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

続々・モチベーションはあなたでした

 
私の仕事のモチベーションだった人がこの夏退職してから病棟が混乱中。
退職に伴って人事異動があり、新たに病棟主任に昇格した看護師さんが、っんもおー本当に頼りにならなくて、連携が悪いせいで現場の看護師さんの不満の矛先が私に向かったのがちょっとヘビーでした。
不満の矛先つーてもそれは看護師さんの八つ当たりだと後からなら思えるのだけど、メンタル弱いからぎゃんぎゃん言われるとしばらく凹む。
あー頼むから戻ってきてー。


170610.jpg
本文と全く関係なく、この春うちの子になった三毛猫近況。
ソファーで寝るのがお気に入りです。ぷすー。
スポンサーサイト
 

俊足ラビットメール便(仮)の顛末

 
俊足ラビットメール便(仮)で頼んだ小包が発送の連絡以降なかなか届かず、こちらも発送メール(多分追跡番号含む)をよく読みもせず削除してしまったやましさから「まだですか?」とも聞きにくく、放置すること2週間超。
もはや俊足でもなんでもなく、鈍足亀メール便状態なのだけど、まあ届かないのは困ると重い腰を上げてみたところ…追跡番号なくてもちゃんと探してもらえたー良かったー。
業者さんも3時間くらい探してくれたみたいで嬉しかったけど、如何せん中身は趣味の薄い本なのでした。こんな中身ですんません。
しかもA5サイズくらいの本がB4サイズくらいの包みに入っててどんだけ大袈裟なの。

若い入院患者さん(若いと言っても70歳以下という意味だけど)を見ていると、運輸業の人が未収があったり無料低額診療制度を利用したり入院中に生活保護を申請したりするケースが多くて、運輸の一角である配送ドライバーも肉体的賃金的に厳しい職業なんだろうなあと思う。
私もついついネットで購入することが多くて(例えばユニク○のメンズXSサイズとかキッズ160cmが店頭では手に入らないため、あと地方在住にとって薄い本を手に入れるのはネットでしか)、店舗で受け取りにすると配送料金割引とか、駅の宅配受取ロッカー推奨するとか、どこかまとまった場所で受け取れる方向に持って行かないと運輸業の厳しさは減らないんではないだろうか。
あと、ちょっとした荷物なのに包装が過剰で、例えば今回の俊足ラビットメール便(仮)だってぶっちゃけ定形外郵便で送れるサイズだったし、包装をどうにかせえ企業。
 

続・モチベーションはあなたでした

 
私の仕事のモチベーションだった人がこの夏退職するとのことで、今週は最後の勤務。
あーもう辞めないでよう、なんで辞めちゃうんだようと内心ジタバタする(あんたもこないだまで辞めたがってたくせに)。

〃"∩ _,,_
⊂⌒(つД´) ヤダヤダ
 \_ノ⊂ノ
      ジタバタ

私の仕事辞めたい熱は、まあなんとなく仕事をこなしているうちに平熱に。
まだ始まっていないけどHPH委員会が期待外れだったら、また辞めたくなるのだろうか。
心の拠り所が欲しい。
 

舐めたらあかんぜよ

 
今週はカレンダーの関係上第1週中で保険請求をコンプリートしながら、担当している入院患者の未収金対応。
詳細は省くが、絶縁しているといいつつ家族が患者にお金を渡していたとかそれ絶縁とは言わないんじゃと思うが、とにかく家族が心情的に未収金は払いたくないと言うのでじゃあ誰が払うのという話をケースワーカーを交えて詰める。
法的な絶縁関係とか、扶養義務とか、入院申込書の保証人欄の法的根拠とか、よく分かっていないのでもっと勉強せんといかんなあ。
なんにしても、生きるにせよ死ぬにせよ人が生まれた以上なんらかのお金が掛かる訳で、施設・病院に面倒は見てほしい、でもそこで発生したコストは払いたくないとか、舐めたらあかんぜよと言いたい。
 

もろもろ一週間

 
●月曜日
もともと偏頭痛持ちで頻繁に頓服を飲むのでいっそ予防薬をもらえないかと自院の脳神経外科にかかってみたところ、「メンタルから来てるんでしょ?薬は出せないよ」的なすげない返事を数週間前に食らったところではあるのだが、このたび内科にかかったついでに「こういういきさつがありましてまた頓服を貰えませんか」とお願いしたところ、「予防薬飲んだらいいんじゃないの?」とあっけなく処方してもらった。
予防薬で完全に頭痛が無くなる訳ではないのだけど、頭痛発作は軽い感じ。
ていうか、脳神経外科医は「あなたの頭痛って片頭痛って感じじゃないよね」などと抜かしやがったが、やっぱり片頭痛じゃねえかこら。


●火曜日
これまで「チェブラーシカ」柄のお薬手帳を使っていたのがページが尽き、自院の薬局に可愛いお薬手帳を求めて行くがデザインがいまいちだったので結局ヤフオクで買う。
タダで貰えるものにそこまでするかとも思うが、この先もずっと持病の療養は続くのだから、せめて小物でテンション上げていきたい。


●水曜日
満を持して、顔のシミ取り(レーザーじゃなくフォトフェイシャルってやつでした)に行く。バチバチ光を当てられる。
何にビックリしたって、施術後化粧水を付けてくれたのだが、「化粧水って『置く』のか!」と思った(今まで顔にはたき込む感じで付けていた)。

●木曜日
最近、市立図書館と県立図書館の本を予約して借りるようになって、まー便利。
返しに行けそうにない本は、自分でログインして延長処理をしたりもできる。
あまり「何がなんでも」という借り方は好きではなく、図書館に足を運んで欲しい本がたまたま手に入る感じが好きだったのだが、予約待ちが少ない本については予約もいいかなと思うようになった。

●金曜日
着々と月末の仕事を片付け5時ダッシュ。

●土曜日
医療費の計算を間違えて追加請求を出し、患者家族に怒鳴られる(無事支払ってもらったが)→同僚に水筒を取り違えられる→業務妨害の電話が頻回に掛かってくる(最近医事課で多い)→新人職員が全く仕事をこなせていないことが発覚、夜9時まで手伝う、という怒涛の一日でメンタルがやられる。
同僚は以前も私の弁当を自分の弁当と間違えて食べたことがあり(2015.03.08参照)、今度は水筒とかええ加減にせえや、お前のピンクの水筒と私の黒い水筒のどこに間違う要素があんねん、冷蔵庫の隣に置いてあるだけで間違えて持って行って指摘されるまで気付かんとか頭のネジどうなってんねんと言いたい(口荒らし放題)。
新人については、仕事に慣れていないから処理が遅いのか、この先慣れても処理が遅いのか未知数でどうしたものかと思うが、せめて昨日の段階でどこまで出来ていないのか知らせてくれていたら5時ダッシュせず残業も楽になったのにと思う。
結構定期的にみんなで進捗状況を聞いていたのだが、なんでもかんでも「大丈夫」言うなよ本当に。
医事課総出で新人の仕事を片付ける様は、なんだか宿題をしないまま迎えた夏休み最終日の夜のようだった。

●日曜日
疲れのせいかあまり眠れない。耳の聞こえも悪い。
楽しみにしていたゆうきまさみ『白暮のクロニクル』とオノナツメ『レディアンドオールドメン』を購入。
『白暮…』はいい終わり方だった。みんなに布教したい。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR