WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

とか言ってたら耳に来た

 
疲れとストレスを溜めながら仕事をしていたら、週の途中で右耳が不調に。
耳がこもる感じがして、周囲の音や電話で話す声が耳に響いて聞きにくい。特に男の人の低音が響きまくる。
翌日には改善していたのですが、念のため自院の耳鼻科で診てもらったら、やはり低音障害型感音難聴でした。
プレドニンが出たけど飲んだ次の日からめまいや吐き気がして、プレドニンのせいなのか元から体調が悪かったのか。
何にせよ診断が付いたことはなんだか精神的な不調を認めてもらえた気持ちになって良かった反面、精神的の不調がてきめん身体的な不調に来る傾向は相変わらずだなあと思いました。
スポンサーサイト
 

嫁が(正式に)来た

 
15年一緒に暮らした大猫が2月末に亡くなり、その2週間後の3月半ばに猫のTNR活動をしているNPOで三毛猫に出会い(ペットロスが辛すぎて死後1ヶ月も持たなかった…)、トライアルとして家に来てもらってからこのたびようやく満を持しての正式譲渡となりました。
まあトライアルと言ってもうちとしてはよっぽど猫同士の関係が悪くなければ三毛猫には来てもらうつもりでいたので形式的なトライアル期間ではあるのですが、先住猫の子猫と三毛猫が思いがけずとても仲良くなり、相性問題は全く大丈夫で一安心しました。

育てのお父さんお母さんがトライアル中に貸してくれていたケージを取りに来たのですが、三毛猫まさかの人見知り。えええ、あんたが世話になった人たちじゃん。
ケージがなくなった後に籠を置いて三毛猫の寝場所にしてみたところ、こちらもしっくり来ている様子。(敷いているピンクの毛布は三毛猫がこの2年間ずっと使っていたものを譲ってもらったので、それが良かったのかな。)
あとは私の布団に来て一緒に寝てもらえたら万々歳なのですが、まあまあそれは気長に。

170423.jpg
 

このままどこか遠く連れってくれないか

 
仕事がぎゅうぎゅうで身も心もボロボロになったので、倉敷にお散歩に行きました。
自律神経を崩してからちょっとした移動も車酔いが不安なことに加え、この冬靭帯を痛めたために結構疲れやすかった足が今まで以上に疲れやすくなっていて、なかなか遠出と出歩きが難しくなってしまっていることに気付いてショック。

170413.jpg

なんかもう、貸し倒れはできたけど色々調整が上手く行かなくて、すごく時間を掛けたことに結果を出せなかった虚しさに加えて、もともと職場への帰属意識がなくなっているところへ新年度から医事課長が変わったのがこれから先やって行く自信がなくなってきて、半分本気でハローワークに求人票を見に行って「どこに行っても厳しいし、今以上の場所を見つけるのは難しいよね」という諦めを得て帰ってくることでしか今の職場を続けていくモチベーションが持てなくなっている。(なんかヤバい)
色々気分転換の方法見つけてやっていくしか今はないのだと思うので、ちょくちょく出掛けようと思います。
 

遮二無二馬車馬

 
保険請求と外来未収貸し倒れで分刻みで業務を片付けながら働く日々。
唯一の癒しはこの子です。


170403.jpg
出勤前に抱き抱きしてから行くのがもうホント救われている。

170329.jpg
2匹で仲良くしている様子を見るのもまた癒し。
 

あの日々は消えてもまだ夢は消えない

 
福祉事務所時代にお世話になった職員さんがこの春退職とのことで、送別会に呼ばれて行って来ました。
懐かしいメンバーと近況や昔話をするとまあ楽しくて、また市役所で仕事がしたいという里心がムクムクと。

確かに今の職場は(向き不向きはさておき)嫌いではないし、定年まで働くこともやぶさかではない。仕事をする上ではそれなりに人間関係も上手く行っている、仕事をする上では。
でもそれ以上の何かがあるかといえば、ないと年々感じることが増えてきていることにも気が付いている。
職員同士が休憩室で話している話題が、子育ての愚痴か夫の文句か職場の噂話というネガティブネタに終始していることにうんざりしていて、誰とも話をせず早々に食事を済ませて仕事に戻る日々。
この職場の誰かと飲みに行ったりお茶をしたり、仕事以外の時間を一緒に過ごそうという気持ちが全く起きない。
仕事は仕事であって、プライベートの楽しさまで保証してくれるものではないのは分かっているが、何か虚しさが募る。(つまりは嫉妬と羨望です。)

あと、今度医事課長になる人物が本当にもう嫌で、判子一つもらうのにも「オレの判子は高いぜ?」とひと絡みされるのが憂鬱だし、確かに医事業務には秀でているんだろうけど、自分が担当している患者のカルテを見ながら「早く死なんかなー」とぼやくのが人として全く尊敬できない。
まあとにかく色々積もり積もるものがあって、この職場に奉仕しようとか帰属しているんだという気持ちが日々薄れてきていて、この先異動なり、場合によっては転職なり、したいなーというのが正直なところ。

ひとまずプライベートで圧倒的に熱中できる何かを探そう。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR