WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

びろうな話で恐縮ですが

 
うちの15歳の大猫はまだそこまで老いは感じられない、と書いた翌週、「やっぱり老いてる?」と感じることがありました。

大猫はそれはそれは「身締まり」がよく、その自立度においては「明治女のよう」と家族で評していたのですが、そんな大猫が最近便の切れが悪い時があり、まあ年を取れば踏ん張る力も落ちるよねと思っていたのですが、このたび踏ん張れなかったものを畳の上で排泄することがあったのです。
犬猫の粗相は世間一般よくある話ですが、なんだか「うちの子に限って」的な気持ちがあったので少々ショックだった訳です。

うちの大猫は下の世話に手がかかったことがなく、もともとトイレトレーニング済み(多分そんなものしなくても勝手にトイレを使っていたと思うが)でうちに来たし、初めて来たうちでトイレの場所を教えなくても自分で行っていたし、避妊手術で獣医さんに預けた時は一晩全く粗相をせず家に帰ってからトイレを使う始末(ずっとずっと我慢して、でも新聞紙の上ではしたくなかった模様)、そういうエピソードばかりの大猫が畳の上で…としみじみしていたら、そんな私も今週実は排泄系の粗相をしてしまい(恥)、だからもうお互いそんなところが似なくてもって話です。

便の切れが悪いのはどうやら与えている猫缶詰の量が多いようだと気付き、ご飯を減らして水分を多く摂らせるようにしたら治った様子。
私の好きなマンガ家、伊藤理佐さんが年老いた猫(2匹いて両方18歳で虹の橋を渡った)を介護している間、ちょうど妊娠しているのもあって「これは育児の練習か…」と書いていたのですが、私は育児の練習は今のところ必要ないにせよ、飼っている動物が老いた時生き死にや排泄をモロ直視せざるを得なくなる感じにすごく共感しました。
伊藤さんは在宅での経管栄養やモルヒネパッチ、皮下注などかなり延命的に世話していたけど、私だったらしないかなあ…、でもいざ直面したらするかなあ…。

全然関係ないけど、角田光代さんとこに猫が来たエッセイをずっと読んでいてすごく面白かった。
恥ずかしながら私にとって角田さんの文章読むのこれが初めてだけど、題材が猫のせいかどんどん心に入ってくる…。
猫との生活はやっぱり楽しい。
スポンサーサイト
 

老いも若きも大事なうちの子

 
160421.jpg

我が家には15歳の大猫と2歳の子猫がおりまして、それとは話が変わってご近所に16歳の柴犬がいます。
15歳の大猫と16歳の柴犬は顔を合わせたことはありませんが、それぞれの家庭がこの住宅地に引っ越してきてすぐ飼われたもの同士、なんとなく親近感といいますか同級生気分があった訳です。

その柴犬が最近めっきり年を取り、散歩する足取りも大変弱々しくおぼつかなく、「えーこの子そんな年だったっけー!?」と驚くばかりでした。
(まあ冷静に考えればそんな年なんですが、犬猫はあまり顔色が変わらないのでいつまでも年を取らない錯覚があった訳です。)
そのうち柴犬が夜泣きをするようになりまして、酷い時には一晩中苦しそうに泣いている日もありました。
うるさいというよりは可哀想で、どうしたんだろうと声を聞きながら夜を過ごしていたのですが、最近その声がめっきり止んだのです。

もう虹の橋を渡ったのかと思いました。

そうしたらある朝、出勤のため家を出たらうちの前を柴犬と柴犬ママが散歩しているではありませんか。
柴犬ママから色々お話を聞きました。
最近急に老化が来て、お尻に褥瘡が出来たこと。
時期を同じくして夜寝られなくなり、夜泣きが酷くなったこと。
通っていた獣医を変えて、新しい獣医さんに睡眠導入剤を出してもらったこと。
前は夜寝られないせいで昼の覚醒が悪かったけど、睡眠導入剤のお陰で夜よく寝られるようになり昼もしゃきっとしていること。
褥瘡もすっかりよくなっていて、お尻の皮膚が綺麗なピンクに戻っていました。なんだか散歩の足取りも軽いような。良かった~。
柴犬ママ曰く、この近辺には15・16歳の犬猫が多いのだそうで、ペット界の高齢化を実感しました。

ちなみに柴犬は保健所からもらった子で、あと1週間の命だったところをたまたま柴犬ママと出会い、ご近所さんちの子になったのだと聞きました。
柴犬ママとの出会いで救われた命。穏やかな日々を一日でも長く過ごせるよう祈るばかりです。

うちの15歳の大猫はまだそこまで老いは感じられませんが、最近やたらヨダレが出てるなーと思います。
昼寝して顎を載せていた前足が濡れてたり、シーツが濡れてたり。
私も唾液が多いので、そんなところが似なくてもと思っています。
 

離した手は、もう一度しっかりつなげばいいんですよ

 
160611.jpg

誕生月だし…仕事頑張ってるし…社会人だし…などとグダグダ自分に言い訳しながら、ついに『重版出来!』を大人買いしました。そしてゴクゴク水を飲むように一気に読みました。
いやー面白い!

第1巻だけはkindleで何度も試し読みしていたので「お仕事マンガ」なのは分かっていて、今仕事に迷いがある中それを読むのに若干躊躇がありましたが、全くの杞憂でした。
「お仕事マンガ」でありながら、それ以上に「本を大好きな人たちのマンガ」でした。
マンガを中心に本の製作に携わる色んな職種が出てきて、それぞれに想いがある。自分が本を好きでいることに力が漲る思いがしました。

また、これまでの「お仕事マンガ」には「こういう上司が欲しい」「こういう人と働きたい」と思えるキャラが中心でしたが、今回の『重版出来!』では「こんな新人が欲しい」と思える主人公を配したことが新境地だったと思います。
現場が新人教育に苦慮する現実に反して、そのストレスから解放される「黒沢心」というキャラクターの気持ちよさ。
「元柔道選手」という特異性と付加価値がなせる業かもしれませんが、それにしてもいい新人だ…。
 

なんだか最近

 
ついついブログの更新を忘れがち。
なんだか幸いなことに何もない日々なのです。

今月は誕生月なのですが、そして結構いい歳になったのですが、多分変わらず何もないはず。

いや、本当はここのところ身悶えしそうなミスばっかりやらかして、ほとほと自分が嫌になって、もういっそ仕事を変わってしまおうかいと市職員採用など見ているところなのですが、多分変わらず今の仕事をするはず。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR