WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

能ある鷹は爪を隠すのがベター

 
最近英語の勉強を始めました。

実は私も意思疎通する分にはまあまあ英会話ができないでもないのですが、「私英語できるんで、どんどん任せて下さい~」という同期の過剰な自己アピールにより、かれこれ医事課での英語対応は同期が行っており、そんな同期の仕事を私が奪ったとでも言われたら大変厄介なので、同じ土俵に立たないよう影をひそめて生活してきました。(嫌いな人とはテリトリーを分けるに限ります。自分の劣等感も減るし。)
このたびその同期が異動になり、まあだからといって私も敢えて「本当は私も英語できるんです」と改めて表明せず相変わらず隠れていたら、かつて私が外国人の患者に対応していたのを見ていた職員から「いやいやdamianさん次担うべきでしょ」という話が来たのです。
だからといって鼻高々にならず、隠れて勉強を続けて、基礎体力を蓄えておこうと思います。

「私英語できるんで」とか、英語に限らずある分野に関して「私が私が」とでしゃばるのは印象悪いだけだなと、同期の件に限らず思うのです。
この春から早稲田大学出身の男子が新採用されて(通称早稲田ボーイ)、その彼がまあKYというかゆとり世代というか発達障害気味というか、とにかく色々話題になっているのですが、英語力を見込んで医事課に呼んで外国人の応対をさせたところ全然使えなかったというハプニングがあったのです。
それだけならまだしも、早稲田ボーイはその後の新入職員の自己紹介で「英語は得意なので呼んで下さい。この間も医事課のお手伝いに行きました」って発表して、いやいやあんたあまりデカい声で言わんに越したことないでーと思ったのでした。
やっぱり謙虚にならなきゃ。早稲田ボーイも私も。
スポンサーサイト
 

九州の方々にはお見舞い申し上げます

 
相変わらず血圧も高いまま、腰もなんだかプチぎっくり腰気味で不調の一週間でした。
腹筋運動とスクワットを始めましたが、すぐ忘れちゃうからなあ…。

九州が酷い地震に襲われているのを見て、慌てて防災グッズの確認と家の片付けをしました。
母の寝室にマンガを並べているので埋もれる恐れ→読まないマンガのうち一部を市立図書館に寄贈、残りは古本屋に売る予定。
私の寝室の布団の足元にチェストがあり倒れる恐れ→移動。
あとは水や食料の賞味期限チェックと、kindleで無料ダウンロードして放置していた『東京防災』を改めて読もう。
(kindleと言えば、ダウンロードができないのだけど震災のせい?それともタブレットとスマホの両方で使い始めたのがダメなの?)
今はPCからの閲覧メインのtwitterも、何かの時のためにアカウント取っておいた方がいいんだろうか。
人間の方はさておき猫2匹がいるから、避難先とか避難方法とか大変気になる。
 

今日も、医事課は、死ぬわ

 
12月から導入した不安定な医事システムがまあまあ落ち着いてきて、2月・3月とレセプトも出せたしもう大丈夫かと思った矢先、診療報酬改定によるシステム改修がプログラムのバランスを崩したのか、また一気に不具合の連続。
頼むからさあ、昨日まで出来てたことはキープしてくれんかなあ。あと、東京や大阪でシステムをいじったら途端に岡山で入力していたものが消えるのもやめてくれんかなあ。

最近仕事中やホットヨガ中に動悸が激しいことがあって、たまたま行ったかかりつけ医で血圧を測ってみたらめちゃくちゃ高い。たまたまだろうと職場でも定期的に測るようにしたらやっぱり高い。150の100とか。
病棟の師長さんも仕事が忙しすぎて高血圧になって自院で診てもらってると言っていたが、私もついに…?
ひとまずいつも飲んでいる起立性低血圧の薬を減らして様子見。頼む、単に起立性低血圧が改善しただけだと言ってくれ。
去年の健診では血糖値もコレステロール値もヤバめなのに1年間放置したので、多分今年もひっかかるはず。
どうすれば治るんだ~。ストレスなのか~。食生活なのか~。
腰も痛いしもうボロボロ。
 

入院時食事負担額が上がります

 
診療報酬改定に気を取られて、健康保険法の改正に全然構っていなかったら(私だけでなく部署全体が)、260円の食事代が4月から360円に値上がりする事実に気が付いたのは法改正の3日前でした。気が付かなすぎだろ。
そのまま4月に突入し、さてレセプトを出そうと思ったら、不安定な医事システムがまたダウン。その一方で、みなさん個々にこの気難しいシステムを小技で駆使していたことが判明し、そういうことは早く共有しようぜと思う。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR