WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

目にしみる汗の粒をぬぐうのが精一杯

 
分単位でスケジュールが入って気持ちに余裕のない日に限って同期と昼当番で、自己愛出しまくりの態度に切れそうになりました。またライフゼロです。
同期が異動するのは分かっているから、あと数週間の辛抱とは分かっていても、変な話、「あとちょっと」の方が頑張るのに気力が要る。
以前にぼやいたことがあるけど、私にとって同期の何がムカつくのか考えると、私がなりたくないorやらないようにしていることを平気な顔してやってることで、例えば仕事中でもファッションリングを指に付けたり、アロマの香水使ってたり、仕事の伝言を可愛いメモに書いたり、自分の話ばかり話題にしたり、自分の過去や経歴を自慢したり、彼氏とのあれこれをFacebookに上げたり、私だったら「それやったら人にどう思われるだろう…」と怖れていることばかりなのが、神経を逆なでするし逆に気にせずにはいられない、放っておけないのだと思う。

今週は相変わらず認知症ケア加算の調整をして、外来未収金の貸し倒れの作業。
毎年50万くらいの未収金を処理するけど、伝票を整理しながら「あ、この人は結構追いかけたけど結局反応無しだったんよな…」とか「この人は受診した時から揉めて請求自体できなかったんよな…」とか色々思い起こされて本当に腹が立つのです。
まあ所詮は病院の金だからと割り切るようにしていますが、貸し倒れやってるといつも「忘れたからってなかったことになんかならないんだからね!」という『セクシーボイスアンドロボ』の言葉が頭をぐるぐるするのでした。
スポンサーサイト
 

足元の石くれをよけるのが精一杯

 
なんだか気が付けば一週間という感じ。
今週は、えーと、そうそう、認知症ケア加算のことで怖い庶務課長と看護部長と打ち合わせて、ライフがゼロになったのでした。

その間読んだ渡辺ペコ『おふろどうぞ』がまたほっこりとした入浴剤のようないい作品だったのですが…それにしてもどうしてリンク貼れなくなった熱帯雨林。
渡辺ぺこ
 

まさか過ぎる人生が行ったり来たりする

 
Mさん、いかがお過ごしでしょうか。
今週は保険請求が終わった途端に、診療報酬改定だ来年度の予算案だと走り回った一週間でした。
その間に人事も色々あり、
同期が医事課から異動らしい。(わーい)
「リヴィエラ」が会計に参入。(くそー)
看護管理室の彼女(大学の後輩)が医事課に異動らしい。(わーい)
二勝一敗って感じです。

うちの医事課の半分は、業務委託した「んぱぱ」という会社が入って医事をやってます。(仮名は相変わらずの津村記久子ネタ)
この間、夜の会計に入った新しい男性が課長に挨拶しているのを見て「あっ」と思いました。あの男は懐かしのリヴィエラだ、と。
リヴィエラは、以前私が医療事務のバイトをやっていた時一緒に仕事をしたことのある男でした。
リヴィエラのあだ名の由来は「冬のリヴィエラ 男って奴は」から。女ばかりのバイトの中で、男という性ゆえに自分を誇示しているような人でした。
俺が俺がとでしゃばってくる割に仕事は凡ミスが多く(しかも指摘したら自己弁護か逆切れですごくやりにくい)、最後は夜勤中に職場放棄して勝手に帰宅したため解雇されたのでした。
その他にも、IDの二重登録をしながら証拠隠滅を図る、患者の個人情報を他人に渡す、計算ミスで莫大な医療費を間違って患者に請求する、など結構派手にやらかしていた記憶があります。
あれから10年。その後どこをどう流れて来たのか、岡山市内の医療機関をどさ回りしていたのか、ついに「んぱぱ」に入ってうちの病院にまで…と思うと気が遠くなる思いがしました。
一応「んぱぱ」の職責者に「彼、一緒にバイトしたことがあるんですけどね…」と話をしたところ、「他の病院ではすごく評判いいけどなー」という返事でした。いやー、人間ってそんなに変わらんと思うよ。近々しっぽ出すと思うよ。

そんな訳で、いつまでいるんだろうと思った同期が出て行き、思いがけず「こいつとまた仕事一緒になるとはな」というリヴィエラが入って来て、行く川の流れは絶えずしてって言うか、『すいか』の教授は「生きている人間はとどまってはいられない」って言ってたけど、生きている人間の周辺もとどまってはいないんだと強く実感する今日この頃だったので、Mさんの明日もまた今日とは違う明日になっているだろうから、お互い乗り越えていきましょう。
 

世界じゅうがだれもかも偉い奴に思えてきて

 
あちこちの新聞雑誌でふたご座が健康注意だったので、ついに本格的にインフルエンザにでも罹ってしまうのかと手指消毒を頑張って乗り切った一週間の最後に、いい知らせが舞い込んできました。
ずっと苦手だった同期が4月から他部署に異動になるとのこと。
もともと他部署で新型うつに罹って医事課に異動してきてから3年ほど、ずっとずっと我慢してきて途中私の方が煮詰まって休職するくらい同期のことが嫌いでした。それがあと少しの辛抱だなんて。すげー嬉しい。
長らくのストレッサーから解放されるかと思うと晴れ晴れを通り越して脱力感すら覚えます。

ただ、私は最近人嫌いになったのか偏屈になったのか職場中の人が苦手で、同期はいなくなっても診療録管理室のキャンキャンうるさい女もいなくならないし、休憩室での日がな夫の愚痴子供の愚痴自分自慢もなくならないのかと思うとキリがない。
とりわけ最近精神的に来たのが、隣の部署の同僚が結婚と同時に懐妊したのだけど、その彼女とはかつて内緒話をしたりLineでやりとりしたりするくらいにはいい関係だと思っていたのが、その結婚・懐妊を個人的にではなく職場全体の朝礼で知って「あ、そんな関係でもなかったんだ」と思い知らされたのは寂しかったし、それを境に一気に疎遠になり、私も相手に関わろうとしないのもいけないのだろうけど、相手も私以外の職員と結婚・出産・子育てネタで盛り上がっていて、それって結局私が既婚者でないから話すに値しない存在だと思われているようで、未婚である私はそれほど価値のない人間なのだろうか、だからと言って彼女の様子を見ているとなおさら結婚なんかしたくなくなってくる、結婚した途端に不相応な家をローンで買い、変わった名前で誇らしげに仕事をし、妊娠して男の子か女の子か普通分娩か無痛分娩かとやきもきし、口を開けば子育てを手伝わない夫の愚痴というのが普通の結婚ならしたくないしそういう結婚しか待っていないなら婚活なんてしない…と思うと、自分一人だけがいらないような気がするのだった。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR