WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

さよならキャロル号

 
101010.jpg

4年前、福祉事務所で働きながらそろそろ転職を考えていた中で、どこに転職できるか分からないからと通勤用に購入したのがマツダのキャロルでした。
ところが上手く自宅近くの病院に再就職できたことから自転車通勤となり、車はもっぱら休みの日のドライブに使うことになりました。
しかし仕事が忙しくストレスが溜まり、慣れない運転がさらにストレスとなり、休日は家で寝て過ごすのが主になってしまった結果車の出番は月1回あるかないか。
そんなことが4年続き、このたび思い切って車を手離しました。
4年間の総走行距離は1000キロほど。ずっと芝生の駐車場に停めていたために、車の底に苔が生えていたそうです。苔て。
すまないキャロル号…。次のオーナーさんとこではしっかり乗ってもらうんだぞー。不幸せにしてごめんねー。


車を手離す一方、どこか非日常に飛び出したい欲求は強くなっていて、このところ観光ガイドを読み漁る毎日です。
じゃあ車で行きゃいいじゃんって感じですが、だからー車の運転怖くってやなんだってー。

このところの仕事ぎゅうぎゅうの中で痛感したのですが、私は気持ちの切り替えが下手で、仕事で受けた負の感情をプライベートに持ち帰ってしまう。
これまでは気持ちのリセットは寝ればなんとなく出来ていたけど、最近は寝ても取れないストレスが増えてきて、気持ちを切り替えるためには知らない場所に飛び込んで日常から完全に切り離されるに限る、と考えたのです。というか、心がそう求めているのです。
ということで、うまく休みを取って神戸だの京都だの行きたいと思います。

151024.jpg
行きたい場所をグーグルマップに入れまくる日々
スポンサーサイト
 

今年の後哨戦(そんな言葉はない)

 
ここのところの仕事ぎゅうぎゅうの原因、職場主催のイベントで吉備路に行って来ました。
半年かけて準備したイベントはまあまあトラブルもなく無事終わり、肩の荷が下りましたが、このイベントは岡山県からの補助金を受けているので終わったから「終わり」ではなく後始末がまたこれから大変なのです。
今月は通常業務と並行してこのイベントのことに掛かりきりで、入院の入力は多分「わや」です。査定が怖いわー。

普段医事課で他部署と関わることはあっても保険請求のことが主で、互いの専門分野を離れたところで深く長く関係したのは多分これが初めてで、だからこそ「いつも自分にとって気分のいい相手と仕事ができるとは限らない」という社会人として痛感したのでした。まあ前から知ってたけど。

とにかく気疲れとストレスだけが残ったイベントだったのでした…。

151018_1.jpg
てんやわんやの中で唯一合間に撮った写真。
 

そうだ、京都に行こう

 
日々の仕事がぎゅうぎゅう過ぎて、普段休みの日はひたすら寝て気分をリセットする私が、もはやどこか出掛けないことにはリセットできないところまで来まして、思い立って京都に日帰りで行って来ました。


動物が好きなのでまずは京都市動物園へ。

151011_1.jpg
キリンとシマウマを同じ柵内に居させるというナイス効率。

151011_2.jpg
周辺では韓国フェア(?)開催中で、朝鮮通信使の一団が。

そこから足を伸ばして南禅寺に行きました。といっても寺に興味がないせいで写真撮らず。
そういや南禅寺へ通じる道は湯豆腐銀座(私命名)状態で、いちいち値段が高くて素敵なランチにありつけず、小さな食堂でうどんを啜りました。これはこれで美味しかった。

151011_3.jpg
むしろ私の目を奪ったのは水路閣。明治の遺産は素晴らしい。
これを伝って山に上ると琵琶湖疏水に辿り着き、思わぬハイキングができました。

151011_4.jpg
近くにあった山縣有朋の別荘・無鄰菴。
今までは古い家や庭を見ても「何が面白いんじゃ」と思っていましたが、今回は「なんだかいいなあ…」と思えるようになっていて、大人になったのかなと思いました。

151011_5.jpg
今回の収穫、路地にあった乾物屋さん。

151011_6.jpg
乾物を量り売りしてくれるらしい。同じケースにあるガラス玉が欲しかったけど、売り物なのか不明(というか店の人が誰もいなかった)。

151011_7.jpg
見てー!色んな種類のお豆さん!これも量り売りです。


久しぶりに遠出をして、色んな刺激があったし楽しかった!リフレッシュできた!

…と思って帰ってきたら看護師からLINE。
イベントのグループ分けで、看護師1名をグループリーダーに据えて20名ほどの参加者の引率をするのが嫌だと。
1名だと心配だし寂しいと。
あんたらアラフィフだろ!ええ大人が子供みたいなこと言うな!

あーもう一回京都行きたい!
 

馬鹿にしないでよ そっちのせいよ

 
先週の「なにがなんでもって生き方は疲れちゃった」というのは『Q10』での小林聡美さんの台詞でした。
『Q10』も名台詞が多いのに、シナリオ集出てないのはなんでじゃー。

図書館で木皿泉のエッセイと、小林聡美のエッセイが手に入り、寝る前読んでまったりしてますが、仕事ではストレスフルです。

保険請求の合間に、県の補助金を受けて当院で開催するイベントの事務をやっているのですが、ワードで作ったパンフレットを院内で印刷して手作業でホチキス止めして終わらせるかと思っていたら看護師サイドから「業者に依頼したいです」「知り合いに業者がいるので依頼してきます」「3万5000円でやってもらえるそうです」と話が進んで行ったので任せきりにしていたら、「業者が7万円かかると言って来ています」と報告があり、よくよく聞いてみたら見積もりも取らず勝手に発注して業者ももう印刷をかけてしまったとのこと。
知り合いだからと口約束で発注する方もする方だけど、見積もりも出さず印刷する業者も業者で、もう何を怒っていいか分からずひとまず見積もり送りやがれと業者と喧嘩したら、7万円と言っていたのが電話口で6万円になり、実際の見積もりでは5万円になり、どんな安易な仕事が行われているのか全く信用できない気分。
もう印刷かけたと言われ「でも見積もりもなしに誰がゴーサイン出しました?」と話を反故にしてもよかったけど、看護師の知り合いの業者ゆえに無下にも出来ず、「じゃあ仕方ないですね、それでお願いします」と引き下がったけど、なんでうちが引き下がらにゃならんのじゃ!と思ったら怒りで仕事が手に付かないのでした。

そもそも「業者に依頼したい」というのも看護師が「仕事を楽したい」という気持ちが透けて見えて、楽したいゆえに杜撰な仕事をしてこっちに尻拭いが来るのがもうホント。

イベントに関しては看護師は実働力はあるけど細かい調整は事務方任せで、そのくせこっちのした仕事を勝手に変えたり注文を付けてきたりすることがあって、なんかやりきれないのでした。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR