WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

問題を整理しよう。

 
私の今のガラケー代約1600円/月。
同じ会社でスマホにしようとすると約7000円/月。

今のところガラケーは目覚まし時計状態+時々メール+時々通話+時々写メ。
家ではwi-fiでタブレットとパソコンを使用。
このたび仕事関係でLineを始めたが、家でしか使えず不便になってきたので、時々Lineを使う程度にスマホが欲しい。


D社
端末色々選べる。
電話番号乗り換えか、強制で割り振られる番号。
データの大きさごとの料金体系。
一番安い端末600円/月、通信料630円/月か770円/月あたり。

R社
端末色々選べる。
電話番号乗り換えか、強制で割り振られる番号。
データの大きさごとの料金体系。
一番安い端末500円/月、通信料645円/月か1020円/月あたり。
Rポイント溜まるが、もともと持ってない。

T社
端末選べない。
電話番号乗り換えか、任意で選べる番号。
データ制限なし(という建前だが実際はあるとかないとか)。
端末1000円/月、通信料1000円/月。
Tポイント溜まるのはすごく助かる。

んー、ポイント溜まるのに惹かれてT社かなあ。。。
スポンサーサイト
 

催促は矢のように

 
奨学金を返済中なのですが、うっかり口座が残金不足で引き落としできなかった時があり、慌てて預金を増やしたのも束の間、「引き落とせませんでした」のハガキが来るわ、「返還猶予制度がありますけど」という通知が来るわ、しまいには「債権回収を代行している会社です」と電話が来て、1回引き落とせなかっただけで催促が矢のように来る!と驚いた今週でした。

外来未収を担当している身としては、債権回収会社に頼んだらこんだけみっちり督促してもらえるんだいいなーという気分。
こっちは入院の保険請求の片手間に外来未収の督促をやっているので、片手間でも作業しやすい通知発送での督促がメインだけど(でも回収率低し)、がんがん電話で攻められたらそれはそれは効くよね。
催促が来たのは痛かったですが、よそ様の未収督促の手口がよく分かりました。
 

どんな立場の人であろうといつかはこの世におさらばをする

 
いわんや犬をや動物をや。

職場の事務長には大事にしている愛犬がいて、毎日朝4時に起きては一緒に散歩に行き、愛犬との日常をFacebookに大量にアップするのが日課でした。
あまりの溺愛ぶりに、私は常日頃冗談で「事務長の愛犬がいなくなったら、事務長はペットロスでもう絶対仕事にならないよね」と言っていました。
愛犬は病院のお祭りのマスコットになったこともあり、職場全体で愛されていました。
その愛犬が今週亡くなりました。
事務長は「亡くなった」ではなく「M78星雲に帰ってゆきました」と冗談交じりに愛犬の死をFacebookに記していました。
その後はいつもの朝4時に起き、かつて愛犬と歩いた散歩道を一人で歩く写真の日々。切ないにもほどがあります。

事務長の愛犬の死は、否が応でも我が家の愛猫の死の予感を意識させます。
同じ年頃のよその子だって星になるんだもの。うちの子だっていつかその日が来る。
だからこそ毎日を大事に過ごして行かないといけない。
「死」を意識すると、「生」を鮮明に知らされます。

病院職員として毎日毎日人の「死」を見てきて、事務長も事務職員も、思えばいつも「生」を鮮明に感じているのです。
「死」に慣れることはありません。それはたかだかカルテ上、書類上の関わりであっても事務長も事務職員も同じです。
「死」を見れば見るほど、私はいつか自分にもその日が来る、いつか家族にはその日が来る、と思い知らされ、正直将来が怖いです。
木皿泉の『セクシーボイスアンドロボ』の台詞に、看護師だからと言って「死」に慣れることはないという言葉があります。
普段世間の人が意識しない「生」を嫌というほど思い知らされる病院という職場は特殊すぎて、どうにもならない気持ちを受け止めてくれる木皿泉の言葉は、だから心地よいのだと思います。

「看護師だから人が死ぬなんて慣れてると思ってるけど慣れてないの」
「なんであたしたちだけで死に立ち会わなきゃならないの?
死ぬなんて何もないように暮らせるの?
無視して暮らしている人が許せないの
何一つ変わらない世の中が許せない」

思えば木皿泉のドラマには全て病院が出てきたように思います。
「始まりがあれば終わりがある」「人は変わっていく」「同じ日は二度と来ない」というメッセージを常に発信してきた木皿泉のドラマと病院とは親和性が高いのでしょう。
そんな病院で「命をお金に換算している」医事課という世界を、木皿泉が描いたらきっと面白いのになあというのが最近の私の妄想です。

ひとまず今更だが『昨夜のカレー、今日のパン』が観たい。読みたい。
 

悩ましいwi-fi問題と30代女子

 
現在、外ではガラケー(でも大して知り合いもいないのでめったにメールも来ず、完全に目覚まし時計状態)、家ではwi-fi環境完備の下もっぱらパソコンとタブレットの両刀使いで日々を過ごしているのですが、このタブレットが外でも繋がれればもっと快適になるのだが…と考えて3ヶ月ほど、結論は出ません。(つーか各社のwi-fiがよく分かりません。)

ガラケーで契約している携帯会社のwi-fiスポットと、NTTのwi-fiスポット、あとスタバのフリーwi-fiに繋がるようにはなりましたが、スポットが限られていて例えば職場では使えない。
それがいつでもどこでも繋がればすごくいいんだけど、各社の料金を見れば見るほど、「いやいや、基本家と職場との往復で、ただ時々イレギュラーに使えたらいいな程度の気持ちなのに、今のガラケー料金の3倍を払うなんてどうかなあ」と思ってしまい、いつまで経っても解決せず。
いっそガラケーを格安スマホに替えるかとも考えたのですが、じゃあ愛用しているタブレットどうなるのよとも思うのです。
未完。

wi-fiミーマイカー!


あと全く話が変わりますが、最近読んだマンガで、男性との出会いは回転寿司のベルトコンベアみたいなものだけど、回転寿司と違うのは取らずにおいた皿がまた回ってくる訳ではなく、人生の出会いは一方向のベルトコンベアなんだというのがあって、悶絶しました。
30代女子として、もはや回転寿司のベルトコンベアの前にも座っていない気がして、座ろうと努力していないというかもう努力の仕方が分からないし、フットワークが重すぎて回転寿司行ってないわー、いやでもちょっと待て、回転寿司に行くということは結婚を前提にしてるのか?私人生で結婚に重きを置いていないんだけどそんな人間が回転寿司行くとか違わないか?とまあ何の話か最後には分からなくなるくらい煮詰まってます。

煮詰まるといえば木皿泉のドラマ『すいか』の早川基子ですが、折しも基子さんとは同じ歳になってしまいましたが、基子さんは「ハピネス三茶」に住むことで自分の殻を破った訳で、やっぱりここは自活か?家を出るか?とかまた訳の分からない方に思考が回るのでした。

悩める30代女子真っ盛りです。
wi-fi問題と並行して今頭ん中ぐるぐるしてます。
 

今年も眩しい夏が来る

 
眩しい夏が来たけど、うつの同僚は休職に入りました。
役職者ゆえかブラック部署ゆえか休職が決まってからもすぐ休める訳でなく、長い間引き継ぎを重ねてようやくの休職です。
(私なんてしんどいって告白して数日で休職したのに。)
もうブラック部署に戻ることはないそうで、それが決まってから当の本人は「他の部署に復帰できるんなら休職しなくてもすぐにでも働けるよっ」とうそぶいていますが、いやいやあなたそう言いながら今現在ご飯食べられてないからね、向精神薬も飲んでるからね、って話です。
何より、部署のリニューアルを賭けて病院最年少の事務長として異動して、結局果たせず休職、なのに本人の望むように1週間やそこらで復帰していたら、「あんたあんだけ騒いで休んで、なんだったの…?」と心無い人から中傷されてもつまらないもんです。
せっかく大手を振って休めるんだから貰えるだけ休み貰っとけ、と私は思うのです。

ちなみにこのブラック部署は、私の苦手な同期がかつて勤めていて、同期はここで新型うつに罹った結果、私と同じ医事課に異動になったという因縁の部署なのですが、まだ関係者以外には知られていないうつの同僚の休職が同期の知るところとなった時、同期が調子に乗らないかというのが地味に心配だったりします。
「あー○○さん(うつの同僚)もなりましたねー、あたしもですぅー」みたいな。すげー言いそう。
(実際、同僚が異動になった時「鬱にならないよう気を付けて下さいね~」とは言っていたし。)
そもそも鬱は「あたしもなったよー」「あー、私も私もー」という類の話題ではないのだけど、空気読まない同期なら構わず言いそう、仲間意識持ちそう。
でも、同期がブラック部署でやっていけなかったのは本人のキャラクターが周囲に受け入れられなかったからで、そのキャラクターゆえに「(従来型の)鬱」ではなく「新型うつ」に至った訳で、役職者として業務改善に奔走したけど力尽きた同僚とは本質が違うんだよ!と私は言いたい。まだ言われてもないけど、言い返す用意はある。

今日はなんだか喧嘩腰。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR