WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

ロイアイ発熱

 
1ヶ月の休職を経て午前中勤務のリハビリ中なのに、頭の中は『鋼の錬金術師』に出て来る上司部下関係のマスタングとホークアイ(ロイアイ)萌え中です。
なんか私の気持ち的に「ごとしの」(パトレイバー)のような感じ。

という訳で、あわよくばごとしのファンをもロイアイファンに巻き込もうという下心もある誰得対比リスト
>ごとしのとの共通点
・原作ではただの同僚(でも妄想の余地あり)
・疑似夫婦
・制服萌え
・私服ギャップ萌え
・男の方が仕事しない。女の方が堅物で有能。
・女の方が髪型結ってる。たまに下ろすのがまた良い。
・女の方が射撃上手
・女の方が男慣れしてないイメージ(二次創作的に)
・男女ともに暗い過去あり
・メディアミックス作品なので、TVやらOVAやら小説やらいっぱいある。
・軍・警察としての描写がリアル
・原作の作者、ゆうきまさみと荒川弘はどちらもキャラの骨格とか肉付きとかちゃんと描くので、しのぶさんもホークアイも尻回りのラインが生々しい(なんだろうこの感想)。

>ごとしのとの違い
・鋼は軍、パトは警察
・上司と部下
・階級差あり
・ロイアイは忠誠心で結ばれている
・マスタングの師匠の娘がホークアイ
・ホークアイは犬を飼っている。可愛い。
・ロイアイは作者が読者受けを意識していたくさい。
・ごとしのにはまった頃はまだまだジャンルとして過渡期でファンが少なくて自家発電ばかりしてたけど、ロイアイは確立されたジャンルなのでネタ探しに行けばなんぼでもあって楽よね。


そんなこんなでロイアイサイトを回りながら、同じパソコンで『あまちゃん』観て、口ずさむ歌は『メリー・ポピンズ』で、同時進行で子猫も拾って育ててて(そうです。猫拾ったんです)、やたら忙しい日々です。
短時間勤務でこの充実って、なんのために休んでるか分からんわ。そうは言っても体調悪いんですけど。


追記。
ロイアイサイト回ってたら、さっそくごとしのファン発見。おーともだちになりたいわーん(ルパン@カリ城)。


liza140623.gif
初めて描いたホークアイはしのぶさん風味
スポンサーサイト
 

復職しました・その2

 
午前中勤務でリハビリ中ですが、朝の吐き気の強さは相変わらず。吐き気を乗り越えて出勤するのが精いっぱいです。まあそういいながら、入力をしたりレセプトを作ったりはしています。吐き気は乗り越えたらその後はなんとかなるもので。
1ヶ月以上心療内科で治療を続けていますがあまりぱっとしないので、他院の総合診療科を受けてみようかと、まず紹介状を書いてもらうために職場の内科を受診したところ、うちの病院の方が総合診療機能は強いよってことで、顔見知りの先生が診て下さいました。
で、先生の見立てではやっぱり迷走神経のバランスが崩れての吐き気だろうということで、消化器系の異常は無し。
気になっていたので、一応セカンドオピニオンがもらえてよかったなという感じです。
 

サルベージ2件

 
なんだか変なタイミングで更新ですが(しかも前回更新から2年くらい経っている)、詳細は省きますがこのたび『鋼の錬金術師』にハマり色々落書きをする中で、過去の自分のブームの様子を日記で検索してみたら、天海祐希祭りと風吹ジュン祭りを発見。落書きを掲載していたのでこのたびサルベージいたしました。

私の絵柄ってここ10年変わってないな…という感慨ともに、自分のサイトのコンテンツとか日記の話題は自分の好きなものばかり載ってて(そりゃそうだ、自分のサイトだもん)、ごとしのとか課長かおる子とか荒巻茅葺とか他のサイトでは絶対見られない品揃えが自分のサイトにはあるので(そりゃ(ry)、あー私自分のサイト好きだわーと思いました。どんだけ自分好きやねん!

ていうか、ハマるものマイナーすぎ!ティモシェンコ(ウクライナの女性首相)とか誰得!
 

復職しました

 
一ヶ月の休職を経て、午前中勤務のリハビリ中です。
元気ですか?ってよく聞かれるのですが、まあ100%元気ならリハビリしねえべ(あまちゃん風)な状態で、正直まだ朝の吐き気が強いです。強すぎて毎朝仕事に行く気持ちが削がれそうになります。日々の精神力を朝一気に消耗してます。どうするかなーって感じです。
その割に午前中だけばりばり仕事して、病棟のこともがっつり関わったなーという一週間でした。

『あまちゃん』熱、『メリー・ポピンズ』熱は継続中ですが、昨日から『鋼の錬金術師』が微熱です。
そもそも『鋼…』は休職中に一気読みしたのですが(しかし通して1回しか読んでない。もう1回読みたい)、その中に出て来る上司部下関係のマスタングとホークアイってみんなどう考えてるの?と思って検索してみたら、そりゃーみんなカップル認定してえらい騒ぎになってまして(私が勘繰るくらいだからそりゃそうだ)、下手したらごとしのより盛り上がってないか?とちょっと嫉妬しながら、色々なエロエロなものを観たり読んだりしています。
マスタングとホークアイってロイアイって略すんだって。増田とか鷹目とかとも言うんだって。ごとしのだと54だけど、ロイアイだと611なんだって。
支部見てたらごとしのとも被ってる人がいて、やっぱり軍・警察関係の職場恋愛って萌えよねと実感します。

いい時代になったよねー、萌えを簡単に発信もできるし受信もできるし。
あれ?先週もいい時代になったねって書いてる。
そういや、パトレイバー今どうなった。『THE NEXT GENERATION』ってどう評価されてるんだ。
なんだか色々雑念気味です。
 

文句の多い映画鑑賞『メリー・ポピンズ 40th anniversary edition』

 
ふと思い立ってYoutubeで「2ペンスを鳩に」(映画『メリー・ポピンズ』のヒット曲)を見ていたら、『メリー・ポピンズ』のメイキングやらプレミア試写会やらアカデミー賞受賞式やらの映像にぶち当たりまくって、「言ってることが分からんくてまどろっこしいわ!」とついにDVDを買いました。
DVDでは「40周年記念」を謳っていますが、もはや50周年に到達しています。あの映画が50年前の作品だなんて!早いわー!

『メリー・ポピンズ』は私が小学生の頃どハマリした映画でした。
初めにCDでサントラを買ってどハマリし(本編観てないのにサントラから入った)、本編でどハマリ、原作にどハマリ、ジュリー・アンドリュースにもどハマリ、小学生にしては渋いところを突っ走った訳です。
『メリー・ポピンズ』は実写とアニメが複雑かつ繊細に入り混じる、ウォルト・ディズニー面目躍如の一作でして、発表から50年経った今でも全く色褪せない映画のテクニックが満載なのですが、正直10回以上観てもどこがどうやって撮られたのか全く分かりませんでした。
今回、DVDには撮影裏話がふんだんに盛り込まれており、副音声や特典映像でばんばん種明かしをしてくれています。
ネタを明かせば、アニメ合成部分は黒を背景に俳優の演技撮影してから別に作ったアニメを追加、ワイヤーをフル活用し、早回しや遅回し、上下逆さで撮影するなど本当によく出来ています。子供の時に読んだ特撮映画の撮り方の本そのまんまです。
黒背景を背にアニメがあるつもりで演技した俳優陣の苦労がしのばれるところですが、それ以上に現場は若い才能で活気に満ちており、古き良き映画黄金期の輝きが見て取れます。
『メリー・ポピンズ』の上映権を巡る粘り腰の交渉、俳優(特にその時無名だったジュリー・アンドリュース)起用への苦難、撮影現場での試行錯誤、同年公開の『マイ・フェア・レディ』との因縁など、興味深いエピソードは尽きませんが、個人的に何より強烈だったのは原作者・P.L.トラヴァースの過干渉でした。
原作者のトラヴァースが、本編の中でメリー・ポピンズのスカートの裾がまくれ上がったシーンに難癖を付けていたのは聞いたことがあったのですが、本当はもっと色々あったようで、ぶっちゃけ特典映像の中で語られる以上に一悶着あったのだろうなと思いを馳せずにはいられませんでした。
ちなみにトラバースとのエピソードはこの春の映画、『ウォルト・ディズニーの約束』にまとめられているそうです。

それにしても、小学生の頃は図書館の映画名鑑くらいしか『メリー・ポピンズ』の情報を得るものがなかったのに、今はYoutubeがあるしウィキがあるし、DVDでこれでもかとネタばらしをしてくれて、秘蔵写真の数々や合成前映像と合成後映像の比較まで見せてもらえるなんて、DVD時代万歳って感じです。本当にいい時代になったものです。

そんな訳で、今『あまちゃん』とともに『メリー・ポピンズ』フィーバーが来ています。
 

しばしのお休み・その5

 
休職四週間目。
完全に吐き気がなくなった訳ではありませんが、そろそろ復職しましょうと主治医のゴーサインが出て、しばらく時短勤務で出勤することで職場と調整しています。
正直、休職前とは何一つ環境は変わっていなくて、同期がいる空間に戻ってまた症状が悪化しないか、身体に合っていないかもしれないレセプト業務を再開するのはどうなのか、不安はありますがやってみようと思います。

あ、環境は一つだけ変わりました。同期と一緒に使っているロッカーをこのたび変えてもらうことになったのです。やったー!
私がどこかに移る話で依頼していたら、なぜか同期の方がどこかに移ることになっていて、移動を希望しているのは私なんだから私が移るのが正解だと思うのだけど…。
まあロッカーが別になるだけでだいぶ気持ちが違うと思うので、期待しています。
 

しばしのお休み・その4

 
休職三週間目。
体調がいい時間が増えては来ましたがやはりぱっとしない毎日です。休職期間残りあと一週間、どうなるんだ…。
色々考えるに、やっぱり同期がいる空間で仕事をする自信は全くなくて(社会人としてこういうこと言っちゃあいけないんでしょうが)、でも同期が親しかった人は私の休職中に産休に入ったり退職したりしている変動もあるから、同期を取り巻く喧噪は多少はましになるのではないか、それに賭けて復職するか、でも賭けたところで月単位のレセプトに追われることや仕事にミスが多いこと、患者さんのターミナル期や死が辛い現実は変わらなくて、今後もそれに付き合っていけるのか、じゃあ転職を含め仕事を変えたとしてこの体調を抱えてその職場に慣れることはできるのか、そういうことを考えていると復職するリアリティが全く感じられない自分を痛感するのです。

食器磨きも掃除も自分の中でのブームが終わり、『あまちゃん』を観始めました。
図書館に『あまちゃん』のファンブックがあり、『あまちゃん』は見たことがないのにパラパラと立ち読んでみたら、みんなが楽しそうに「この場面が良かった!」「この台詞が好き!」と語り合っている様子があまりにキラキラして眩しいので、思わず本を借り『あまちゃん』の門を叩いたのでした。
朝ドラなので1話が短くて負担にならないのもマル(その分長いけど)。みんなの心を鷲掴んだ『あまちゃん』の魅力に私もハマれるかしら。

そういえば、休職中に30うん回目の誕生日を迎えました。
誕生日に病院で点滴をしている年もありましたが、今年の誕生日は休職中。
ちょっとしょっぱいです。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR