WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

進展

 
同期との問題にちょっとした進展がありました。
病気休暇からの職場復帰のため私と同じ部署に異動してきた同期が、時短勤務で出勤しながら空いた時間は遊んでいて「あなた本当に病気なの?」というあの問題です。
特に私が発奮したのが、病気を理由に仕事を配慮してもらってしている立場でありながら悠々と旅行に行ってそれをFacebookに上げてはしゃいでいる同期も同期なら、そのことについて咎めもせず「あら、楽しかった?」という態度の職場も職場で、これを見た時私は職場への不信感と共に、自分の拠り所がないような、頼れるものがないような、難しい言葉を使えば職場への「帰属意識」を見失ったような気持ちになったのでした。

この気持ちを表に出さないように仕事をしていましたが、どうしても仕事の士気は下がるもので、「あーもうなんかヤダ」という閉塞感が最高潮に盛り上がったところへ、タイミング良くか悪くか上司との面談があったのです。
しかも都合のいいことに一番上の上司とではなく、上から二番目の主任との面接。気兼ねなく話せる立場です。
もう素直なところを吐き出してしまおうと、同期の態度が気に障って仕事する気持ちが削がれている、と正直に伝えたところ――主任も同期の扱いに困っているし、正直自分たちもあのキャラにイラついているとのお言葉。「人のせいで仕事が面白くないのはつまらないから、なんとかする」とも言ってもらえました。

マ ジ で か。

具体的に同期のことがどうこう解決する訳ではないですが、少なくとも問題が「自分だけのもの」ではなく「みんなのもの」になったことは本当に喜ばしく、面接前まで本当に腐っていた気分が面接後にはあっという間に開(ひら)けた気分になったのでした。

何より嬉しかったことに、これまで私は不満は職責者には言わず、別の部署の友人にこぼしていたのですが、その友人から職責者に「こういう不満が出ている。病気の同期をフォローすることも大切だが、その同期の周辺の気持ちも大事にしなければならないのではないか」と掛け合ってくれていたことで、なんというか、職場の仲間として認めてもらった思いがしました。

しかしなあ…。
「新型うつ」ってなんですか。ホントに理解できずにいます。
いや、主任たちに状況も説明してもらって、頭で理解はしても、気持ちで納得できないというか。
今の段階では、「嫌なことを頑張ってする精神力はないけど、好きなことをする精神力はある」という理解でいるのですが、いずれにしても、病気を理由に社会的に何か免除されるのであればその分余分に頑張らないといけないし、プライベートも制限されるんだよ、と言いたい。
少なくとも、頑張っている風に見せたり、プライベートも制限されているていでいないと、周囲は納得しないよ、と。
実は私は今回の個人面談に使った同期の「個人目標書」を見てしまいまして、それに拠れば「いつ体調を崩すか分からずとても不安」とありました。
その割に旅行に行ったり趣味に没頭したりしている訳で、その「不安さ」というのが真実味を帯びて自分に伝わってこないのは、私が同期の情報、特にFacebookを読み込み過ぎたせいでしょうか。(そしてあまりに気持ちが荒ぶるのでもう同期のFacebookは閲覧できないような設定にしましたが。)

ともあれ、「私だけじゃない」という気持ちを胸に仕事に励みたいと思います。


辿り着けたら誰が居るだろう
力尽きたら誰が知るだろう
報われたならその時泣こう それまでは笑ってゆこう
Yes, My Road, Yes,My Road, 愛だけで走ってゆく
Yes, My Road, Yes,My Road, 愛だけで走ってゆく
(中島みゆき「走」)
スポンサーサイト
 

どんな嵐も、きっと過ぎ去るんだから

 
ドラマ『すいか』でカットされたシーンにこんな台詞がありました。
胸に「ドス黒いモノ」が渦巻くスミちゃん(研究助手)に向かって教授が言うのです、
「そういうものは、誰だって持ってるの。恥なのは、そのどうしようもない気持ちを、人にぶつけてしまうことよ。違う?」。
そして教授は「そういう時は、じっと我慢するしかないの。どんな嵐も、きっと過ぎ去るんだから。」と言います。

私は今、胸に「ドス黒いモノ」が渦巻いています。
病気休暇からの職場復帰のため私と同じ部署に異動してきた同期が、病気を理由に色々優遇されていることにあぐらをかいている(ように見える)材料の数々を掴んでしまい、それを職場にぶちまけそうで、ぎりぎりのところでこらえています。

同期が私にFacebookの友達リクエストをしてきたことをきっかけに彼女のページを見て、だんだん腹が立ってきたのです。
病気休暇中でも、病気で欠勤した日でも、きっちりFacebookだけは更新していること。
病気だと言いながら、プライベートはえらく充実していること。
どこに行った、何を食べた、など到底病気療養中とは思えない活動の数々。
特に、毎日家庭菜園を手入れし、果てには収穫物を加工して販売していること。
販売のためにフリーマーケットに出店を予定していること。また、そういう団体に加入していること。

今、同期は時短勤務として昼の15時で退勤している状態ですが、Facebookを見ていると「早く帰っているのは副業のため?」「というかむしろ、副業は病院事務の方?」という気持ちになってきます。

なぜ私がここまで同期の動向に執着するのか。
同期とは同じ事務採用ということで入職したその日から一緒に研修を受け、今でも同じロッカーを共有していたりします。
同期は新卒、私は既卒という違いはありますが、お互いに大学院卒ということもあり、ライバル視している部分もあります。
何より、入職して研修を重ねるにつれ同期のキャラに徐々に嫌悪感が募ってきて、できるものならこれから先関わり合いになりたくない、と願うようになっていたところへこのたび同じ部署となり、私にとって違和感を覚えたり不愉快に感じたりする行動や言動を目の当たりにする機会が増えてストレスが溜まっていることが強いです。
そして同期が異動してきた理由である病気休暇(どうやらメンタル)にも一家言あります。

私も長くメンタルを患ってきた人間です。
高校時代からパニック障害を発症し、途中でうつの悪化により休学、大学卒業時や就職から半年目など節目節目にうつ状態になり、なんだかんだと服薬を続けています。
基礎疾患として、生まれた時から持っている甲状腺疾患もあります。

病気のしんどさも分かるけど、それ以上に、病気を抱えて病気と共に生活すること、病気を抱えていてもやるべきこと・わきまえるべきことがあるのを痛感しているのです。
病気を理由に色んなことを控える以上は、病気の治療に専念すること。15時で退勤するなら、早く帰った分の時間はしっかり休んで明日また出勤できるように体調を整えることに使うべきでしょう。
同期の症状と私の症状を一概に比較することはできませんが、私が病気療養中だった頃はとにかく毎日無事に仕事を終えることに必死で余暇を楽しむ余裕なんて全くありませんでしたし、帰宅したらバタンキューで仮眠は必須でした。常に体調が不安定なので明日の予定なんて立てられませんでした。

それを思うと同期の態度はなんだろうと思うのです(だんだん腹立ってきた)。
楽で負担のない仕事を任されて、昼休みは同僚と談笑して、早めに帰って。
家庭菜園やって、販売やって、予定なんてばんばん立ててるし、この連休は旅行に出かけてまたそれをわざわざFacebookに投稿している。
それでいて仕事はしません、できません、ってただわがままなのでは!?と思ってはいけないんでしょうか。
噂によれば同期は「新型うつ」らしいですが、それホント?という気分。
同期の態度が、今まで病気を抱えながら生活してきた自分の気持ちをすごく逆なでするのです。

同期に対してどうこう行動を起こすつもりはないですが(そこまで関わるほど同期に愛情を注ぐ気がない)、職場が私に同期同士として例えばフォローしてやってほしいなど言われたら巧いこと逃げたいなと思う今日この頃です。


と、書いたのが9月15日から16日の連休中。
この時同期は熊本へ2泊3日の旅行へ出かけ、そのはしゃぎっぷりを悪びれずFacebookにアップしていたのも、私が荒れた原因でした。
Facebookでは散々旅行に行ったことをオープンにしていたけど、さすがに時短勤務をしている人間が旅行に行っただなんて後ろめたいから職場では隠すでしょ、と思っていたら、予想に反して「熊本行ってきたんですよ~。すごく楽しかったです~」と職場中に土産を配り、職場も職場で「あらー、良かったじゃない」なんて反応で、かたや私は身体が持ちそうにないので2泊3日の出張命令を断っていたところで、「じゃあ、そんな旅行に行くほどの元気があるんなら同期が私の代わりに出張に行ったらいいんじゃね!?」という気分になり、何より病気を理由に仕事量をキープしている人間が旅行に行っても許されるこの職場って、真面目に頑張って仕事してもしなくてもどうでもいいのかな、という気持ちが渦巻いて、それはそれは腐った一週間になったのでした。
 

続・王様の耳、始動

 
同期が作ってきたふりかけと「女子力」についてさらに一言。
同期は常日頃、料理のレシピについてどうこう吹聴したり、気に入った人に塩こうじやバジルソースなんかを作ってきたりするので、単に食べることが好きなだけの恐れもありますが、私としてはやはり彼女の性格(自己愛が強く、プライドが高く、周囲に自慢をする)を考えるとこれは「あたし、料理ができるんですぅ~。すごいでしょぉ?」という「女子力アピール」だと考えていいと思うのです。

しかも、「ふりかけ」「塩こうじ」「バジルソース」という着地点の巧さ。
正直料理なんてそこら辺の既婚職員の方がよっぽどプロな訳で、どんなに同期がそこを自慢したところで敵う訳がないのです。
そこを、普通の主婦も作らない「調味料系」に手間を掛けることで、しかもそれを敢えて職場に持ってくることで、既婚職員と対等に渡ろうとしている…ように私は見えるんだけど気のせいかなあ。

何せ、同期からその塩こうじやバジルソースをもらった職員というのが、今度結婚が決まっていてなおかつ本人もそれを何かと話題にする女の子で(そして私もここで「彼氏の話うぜえ」とぼやいている相手でもあります)、そういう相手に自家製調味料を渡す心理というのも考えてしまうものがあります。
ぶっちゃけ、男っ気がなく料理もろくにせず昼ご飯なんていつもコンビニ弁当の私なんかに、調味料を作れる「女子力」をアピールしたところで最初から勝っている訳で、それよりは今度結婚が決まっている=女子として高みにいる女の子に勝ちに行った方が、より自分のプライドが満たされるってもんでしょう。

まあ、なんでもいいんですけどね。仕事してくれれば。(職場で必要なのは女子力じゃなくて仕事力だっつーの。)

というか、職員が昼休みに使う食堂の机の上に鎮座しているあのふりかけ、減らなかったら減らなかったで「みんな、食べてくれないんだ…」と同期が傷ついてまた仕事に来なくなるんじゃないかと、じゃあ誰か率先して使ってくれよ、私は使わないけど、と余計なところに気を回してしまって、ホントもう厄介だなあ同期。
 

人を呪わば

 
同期の悪口を書いたのが祟ったのか、風邪を引きました。治りません。
治らないので職場内で診察を受けたら、診てくれた医師がメンヘラ気味で(いやこれマジで、ホントに!)、処方もイマイチで、ますます治りません。
治らないところに同期からfacebookの友達リクエストが届きました。死ぬかと思いました。

結局市販薬でぐずぐず風邪を治しているのですが、今回の風邪のおかしなところが発熱がないのにやたら汗が出る、暑い。
ちょっと動いては汗をかき、ご飯を食べては汗をかいています。
更年期も来ているのかしら。
 

王様の耳、始動

 
ついにこのカテゴリで書く話が出て来ました。
できることなら、このカテゴリを使わないで済む生活を送りたいんだけどなあ。

休職中の同期が、私がいる部署に異動してきて時短勤務している話。
うちの職場は病気(特にメンタル)による休職に対しては職場復帰プログラムを設けるという至れり尽くせりぶりで、最初は半日勤務から徐々に勤務時間を延ばして行って、間々に産業医のカウンセリングを受けながら職場復帰するそうです。

で、同期はなんだかんだこの2ヶ月間は半日勤務を続けて、途中で勤務時間を延ばそうとしたら途端に来なくなるというハプニングを挟みつつ、ようやく今月から昼3時までの勤務となりました。
まあ本人の調子がどうか分からないのにどうこう言えないけど、傍から見ている分には昼休みに盛大に職員とお喋りに興じている辺りが、もう元気なんじゃね?少なくとも2ヶ月も半日勤務は長過ぎじゃね?と思わないでもないです。

そんな彼女はこのたび手作りのふりかけを作って持ってきました。職員が昼休みに使う食堂の机の上に鎮座しています。
「我が家でしそが大量に取れたのでふりかけを作ってみました。お口に合うか分かりませんがみなさんでどうぞ♡ 常温でOKデス」とは本人のメモ。
「♡」とか「デス」のノリもどうかと思うが、私は言いたい。
お前がアピールすべきは「あたし、料理が好きでふりかけなんかも自分で作っちゃうんです」という「女子力」じゃなくて、「身体も万全で、9時から5時までバリバリ仕事できますよ」という「仕事力」だろうが、と。
「時短勤務からいつ本格復帰するの?」と周囲がやきもきしている最中に、少なくとも「あれ?意外と元気だね?」と思わせる、口さがない人なら(私だ)「そんな余裕あるなら働け」と思わせるようなことは慎むべきじゃないかと小一時間(ry。
 

近頃少し地球の男に飽きたところよ

 
この間友人に「最近お腹出てない?」と言われ「!(なんでバレた!)」と思ったのですが、友人が言いたかったのは「30代に入るとお腹が出て引っ込まなくならない?」という一般論だったことが判明。
そうそう!引っ込まない引っ込まない!

私も夏の間のミロ大量飲み(一時ハマっていた)や夜の間食が災いしたのかお腹が出て引っ込まないのよこれが。
ヨガの「猫のポーズ」や、『世界一受けたい授業』でやっていた「インアウトダイエット」、腹式呼吸などを組み合わせてやっていますが、このたびさらに追加したのがピンクレディー。
TRFの「イージー・ドゥ・ダンササイズ」が流行っているといいますが、バブルの申し子みたいなTRFが好きになれず、昭和といえばピンクレディーでしょう!これなら踊りたいわ!カラオケでもウケるし!と毎晩Youtubeを観ながら踊っています。
効くのか?まあ効かなくても楽しいからいいけど。

ちなみにYoutubeでは、振り付けのポイントをピンクレディー自ら教えてくれる「振り付けレッスン」や、左右反転した映像もアップされているので、非常に練習しやすい環境になっています。
興味のある方は是非。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR