WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

忘れないで遠く離れても 短い日々も浅い縁(えにし)も

 
3月30日をもって職場を退職しました。
泣きはしなかったものの、いやあ色んなことがあったなあと感慨深かったです。

大学院を卒業してから初めての職場がここで、
本当は仕事をしながら研究を続けたいと思って嘱託職員という道を選んだのに忙殺されて研究どころじゃなくそのうち研究意欲を見失ったり、
最初に入った時は右も左も分からない上に訊ける雰囲気じゃなく、分からないまま失敗して凹んで疲れての繰り返しのうちに身体を壊したり、
2年目からは徐々に係の雰囲気が良くなって飲みに行けるようになったり、
窓口で怒鳴られ、電話でねちねち言われ、投書で愚痴られ、もう接客は嫌だと思ったり、
仕事のできない職員に悩まされたり、仕事をしない職員にイラッとしたり、
まあホント、色々ありました。
最後は上司と同僚に恵まれ、これ以上ないメンバーで仕事ができて良かったです。

ただ一つ気に掛かるのは、こんなこと考えても仕方がないのでしょうが、果たしてこの4年間で「damianさんがいて良かった」と思ってもらえる働きが出来たのかということです。
かつてお局的職員に散々に言われたことがあります。「前任者の方が良かった」「係内での立ち位置を分かってない」「腰掛気分で働いている」と。
その時はちょうど身体を壊して病気休暇から明けたばかりで、周囲の目を気にする余裕などなくとにかく日々体調悪い状態と戦うばかりだったのと、いい評価をされるためだけにへいこら働くなんて御免だわと思ったのとで、撥ね付けて記憶の端に追いやっていたのですが、それでもふとその言葉が頭をもたげることもありました。
担当業務が少ないながらも滞りなく処理していたし、手が空いたら他の雑務を手伝ったり、積極的に窓口に出るよう心掛けたり、医療助成制度関係の知識ならそれなり身に付けてもいたけど、――私ってどうだった???
最後の日にみんなに花束をもらったり、プレゼントをもらったり、声を掛けてもらったり、それが私への評価なのだと思うと嬉しくなりますが、それでも、それでも気になる自分の働き。

そしてこの月曜日から新しい職場での勤務が始まります。
そこで私はどんな働きができるのでしょうか。
職場を辞して一息吐いていた夜中、上司からメールが来ました。「私、評価される働きができたかな?」という問いへの返事でした。
「他人は他人。他人がどう言おうが、自分に恥じない生き方をすればOK。それには、その場その時をいかに精一杯生きるか、生きれるかだと思う。」
そうそう、そうなんだよな~。
職場では泣かなかったけど、このメールで初めて泣きました。
これからも仕事頑張ります!
(そう言いながら、「新しい場所怖い~」と不安でプルプルしていますが。)
スポンサーサイト
 

拍手御礼

 
あさったにくんのイラスト更新に拍手を下さった方、ありがとうございます。
「いいよ、いいよー」と誉められた気持ちがしました。
というかですね。
時折何気なく拍手をいただけると、無言で頭を撫でられた気分になって、それはそれは安心するのです。
人間、いつまでも誉められたい生き物なのですよ、きっと。

問題のあさったにくん。
どこに注意したら似せられるかという点のみに集中して動画を観ていたら、なんとなく分かってきた気がします。
前髪のギザギザ感。髪の長さ。トレードマークの眼鏡。棒タイブラウス。この辺りでしょうか。
それにしてもあさったにくんを落書きしようなんて輩は私くらいらしく、ネットで検索したら見事私のイラストのみがヒットしました。
文字通りマイノリティ。
以前、「『ER』のケリー先生描いてるのdamianさんくらいでしょ。普通描こうと思わないもの」と言われたことがありますが、あさったにくんも同じのようです。
ん?うちの落書きは全部そういうパターン?誰も描かないものしか描いてない?
どこまで行ってもそんな宿命なのか。
「それが、やつの――宿命!」(by五右衛門@クローン人間)


120331.jpg
ちなみにこんなん描けました。
今スキャナがないので、写メでパチリ。
 

イラスト2点UP

 
かつて出していたあさったにくんを一度引っ込めていたのですが、このところGya○!で『キャッツ・アイ』が無料配信されているのを観たらあれもあれでアリだったかという思いになり、再掲載となりました。
なんかねーもう、あさったにくん描けんのよ!
天道なびきとか香貫花・クランシーとかになるんよ!
どうしたらいいか分からんのよ!
分からないものを分からないまま再掲載した勇気を誰か誉めてやって下さい。
 

さよならのときの静かな胸

 
120322.jpg

可愛い服・カッコイイ服を着せてやりたいと色々ヤフオクで落とした結果、不二子ちゃんはそれなりに衣装持ちになりまして、毎日とっかえひっかえ着替えさせてはうはうはしている今日この頃です。
(そんな大した値段でも大した量でもない服なんだけど。)
とはいえ腰骨が張っているためにパンツやスカートが入らないという問題は相変わらずで、買った既製服にこのたび大々的な補正を施しました。
大体服の縫い代は5ミリほど幅を取ってあるんですが、これを3ミリほどまでに詰めて縫い直しますと、身体が入る隙間が若干生じてストンとパンツが履けるようになるんです。スカートはいつものマジックテープでパッチンです。
この裏技を身に付けたので、これからはある程度の服は行けるんじゃね?と気持ちが大きくなって、また今日もヤフオクをうろついております。

転職の日も近くなり、新しい職場から入社の案内が届きました。
配属先は医事課らしいです。(ということは、医療事務やらされるのね?そうなのね?)
4月の第一週は研修詰めで、途中一泊二日での研修もあるそうで、これに関してはちょっと憂鬱です。
今の職場での人間関係が非常にいいので、新しい職場に行ったらもうそこまでは望めないだろうけど、それなりにいい雰囲気だといいなあと思っています。

一方、今の職場では私の送別会をやってくれまして、それどころか他部署の子リスちゃんまで呼んでくれまして、こうして別れを惜しんでくれる人がいることをありがたく感じました。
ちなみにその日は来てくれた人そっちのけで子リスちゃんにベッタリさせてもらい、わざわざみんな集まってくれたのに悪いことをしたなあと思ったのですが、そう思いながら子リスちゃんの新しい顔を見ることができ美味しい思いをしました。

120310_2.jpg

この写真を見て子リスちゃんてば、「人形でかいなあ!等身大やん!」って言ったんですよ。
いやいや、それはイスが本物に見えただけで本当は人形サイズな訳で……ああもうどんだけ天然やねん!
長々話していると、今まで子リスちゃんは大人の女性だと思っていたけど全然子どもだったということが分かり、愕然としました。
 

俺ら(おら)東京さ行ぐだ―はみデカオフ会レポその2―

 
下からの続きです。


明けて二日目。
今日はかねてより行きたかった中野ブロードウェイを巡ります。
かなりのんびりめにホテルを出ましたが、中野ブロードウェイの方も開店がのんびりめでまだ空いていない店ばかりだったのが拍子抜けしました。
中野という街自体が雑多な印象を受けましたが、その雑多な街の雑多な商店街の中にビルがあってそのビルにまた雑多な商店街が形成されているこのカオス構造。
本命の中野ブロードウェイ内の人形専門店にはあまり思っていたものが無く、Nさんにわがままを言わせてもらって秋葉原に移動することにしました。
よくルパン関係のサイト管理人さんが中野ブロードウェイで掘り出し物を発見しているようですけど、よっぽど熱を入れて血眼ですみずみ見て回っていらっしゃるんでしょうね。
私はあの小さな店が行けども行けども続いている迷路状態に度肝を抜かれてあまり本腰を入れて探索できませんでした。なんか気もそぞろ状態。だってビックリしちゃったんだもん。

秋葉原で人形専門店を二つ回った結果、不二子ちゃんのパーツはないという悲しい事実が判明しました。
もともと不二子ちゃんのメーカーはメディコムトイというフィギュアは販売していてもカスタムドールは販売してないところなのです。
カスタムドール大手のオビツ社製の部品はメディコムトイの商品とは全く構造が違い、あわよくば不二子ちゃんの腰のパーツどころか下半身丸ごとどうにかしたいと思っていた私の野望は打ち砕かれました。
これからは腰にいつ折れるか分からない軸という「爆弾」を抱えた不二子ちゃんを大事に大事に遊んでいくしかないようです。

ちなみに人形専門店では、広い店内に所狭しとカスタムドールの頭だの髪の毛だの目玉だの手足だのが置いてありそれだけでも壮観なのに、カスタムドールの写真撮影ブースがあったり(きっと自分ちのかわいこちゃんを連れてきてここで写真を撮るんでしょうね)、「マスター、例のパーツを」と言ったら何か出て来そうな専用カウンターがあったり、ショーケースをうっとりと眺めている人がいたりして、目くるめく世界が広がっていました。
お土産に不二子ちゃんが履けそうなパンツを買ってみましたが、家で取り出したところ案の定履けず、尻の割れ目が破れたのでこれから補正しようと思います。
結果的に中野・秋葉原では収穫なしの私ですが、良かったのがブライスやmomokoや50㎝ドールと言われる人形たちの実物を見られたこと。
ヤフオクで不二子ちゃんの服を買おうと思った時にどの人形だと互換性があるのか分からなかったので、今回実物でサイズの感覚が分かりました。
結論として、やはり不二子ちゃんはデカい!ブライスやmomokoでは割に合いません。これからはバービーか1/6ドール限定に服を探そうと思います。


東京での二日間、Nさんとははみデカのこと、風吹ジュンさんのことだけでなく、中島みゆきさんのこと、子リスちゃんのこと(思いがけずこの話題に食い付いて下さりビックリしながらも嬉しかったです)、仕事のこと、家族のこと、結婚って恋愛って…というガールズトークまで色んな話題で盛り上がりました。
でもまだまだ語り足りないです。本当にあっという間の二日間でした。
Nさんはさすが東京慣れ・旅慣れしていらっしゃってすいすいと地下鉄を乗りこなしテキパキと仕切って下さるので何から何まで甘えっぱなしでした。楽しちゃってスミマセン。

さて、このたびお台場・中野・秋葉原と回って、東京と一言に言っても色んな街の顔があるんだなあと思いました。
東京では当たり前のことかも知れませんが、岡山なんかじゃ街ごとでそんなにガラッと雰囲気が変わりませんもん。
新木場~お台場は海沿いでどこに出ても海の気配がするレジャーとビル群倉庫群が混在した土地って感じ。
中野は、行った場所がディープだったせいもあるのでしょうが、下町っぽいところにごちゃごちゃ色んな雑多なものが詰め込まれている街でした。
秋葉原はまあ電気街とオタクの街とは分かってましたけど、いやあー濃い!人とビルの多さでは一番東京のイメージにピッタリ。
電車で途中途中に垣間見た原宿や渋谷もテレビや雑誌で見る世界そのままで、こちらも東京のイメージのまんまでした。

そして思えば今回、いいタイミングで旅行に出ることが出来たと思います。
4月から転職を控えている私はこの先しばらく有休を取ることはできないだろうと思い、ちょうど仕事も落ち着いていて有休も溜まっている今を選んだのですが、折しもこの3月に入ってから仕事でトラブル続きで滅入っていたのでその気分転換にもなり良かったです。
もうねー、在職あと一ヶ月を残して言うことじゃないけど、今更ながら窓口対応に出るのが嫌!
年度末の来所者増加に伴って面倒な客も増加、月初めに二回も「あんたじゃ嫌だから他の職員に替わって」と言われて軽く凹んだ上に、対応が悪いとなじられ市役所辞めてしまえと罵倒され、それだけでは飽き足らず市議会議員にチクられて、議員から電話でこんこんと説教されて心がささくれました。
これもあと一ヶ月の我慢と言えばそうなのですが、最後の最後でなんだかやり切れなくなったのも確かです。
そういう意味で、この東京行きはいいリフレッシュ休暇でした。
Nさん、二日間本当にお世話になりました!楽しかったです!
 

俺ら(おら)東京さ行ぐだ―はみデカオフ会レポその1―

 
この14・15日と一泊二日で東京に行って来ました。
目的は、はみデカファンであり風吹ジュンさんファンであるNさんと会いはみデカロケ地巡礼をするためと、人形専門店で不二子ちゃんの服や腰のパーツを購入するためです。

東京に行くのは小学校以来なので20年振りとなります。当時は岡山-東京間は新幹線で4時間掛かっていましたが、今では3時間に短縮、速くなったものです。
私にとって東京のイメージとは人・人・人、ビル・ビル・ビルで、働く場所ではあるけども人が住む場所ではないところ。
道行く人はみんなモデルのようにファッショナブルだったり、人ごみにはいつもスリが紛れていてお財布は肌身離さず持っていなきゃ行けなかったり、電車はいつも満員で痴漢が横行していたりと、ロクでもないようなあるような街、それが東京だと思っていました(極端なイメージ)。
果たして実態は。

さて、東京駅でNさんと待ち合わせ。ここでさっそく乗り換えにマゴマゴしながら(旅慣れないもので…)新木場~有明~お台場に。
新木場って言ったらパトレイバーで廃棄物13号を貯木場で食い止めた所ですよね!
東雲って言ったらパトレイバーで独身寮がある所ですよね!
東京テレポートって言ったらパトレイバーで「イブの戦慄」「イブの罠」の舞台になった所ですよね!
ここに来ただけで頭ん中がパトレイバーで一杯になりました。
いかん、『踊る大捜査線』ネタもあるのに!それどころか『はみだし刑事情熱系』の風景もこれからバンバン出て来るのに!
早くもオタク脳の引き出しがキャパ超えそうです。←もともと脳の容量が少ない

はみデカ関係は分かる人がほとんどいないだろうってことで、メジャーどころの写真を載せますと…

120314_1.jpg

キター!東京ビッグサイト!オタクの殿堂ですね!

ここ周辺がはみデカのロケ地らしいです。
「らしいです」っつーか、実際どこ見ても「あれ?ここ見たような?」「ここも見たような?」とデジャブに襲われまくりです。
はみデカの舞台、「広域捜査隊」の本部が入っているとされるオフィスビルを見に行ったところ、まんま「広域」でした。
ちなみに「広域」はパート6を境にお引越しをするんですが、そのパート1~5のオフィスビルとパート6~8のオフィスビルが隣同士で、「ああこれなら段ボール持ってみんなでワーワー言いながら荷物運び込めるわな」という妙にリアリティのある距離感が味わい深かったです。
また、みんなが通勤する場面で映る横断歩道や駅、昼休みにお弁当を買いに出る広場、ご飯を食べに入る喫茶店、兵吾くんと玲子さんが佇む公園などが全て「広域」のオフィスビル付近にあり、普通こういうロケって都内の各所バラバラの場所で撮るものだと思っていたら、実際に「広域」から通勤できる場所、昼休みに出られる場所、ちょっと足を延ばせる場所にあるリアルさに、感激を通り越して笑ってしまいました。どんだけ近場で済ませているの。お陰でファンは大喜びよ。

120314_2.jpg

こちらは天王洲アイル。テレビ東京スタジオ近くのカフェで昼ご飯。
運河を見ながらまったりお喋りしました。
いいなー、運河のある風景。この雰囲気好きー。

120314_3.jpg

場所を移してお台場に。
きゃあああベイブリッジよおぉーー!!テンション↑
この周辺はまさに『踊る…』の世界ですよね。
平日のせいかお台場海浜公園は人もまばらで、のんびりと海沿いを散策。
そりゃーカップルにゃあもってこいの場所ですなここは。いかにもデートスポットって感じ。

フジテレビの展望台から東京タワーと東京スカイツリーを見た後、スタバで熱く「『踊る…』の映画版ってどうなの?」と語り合いながらお茶しました。
お恥ずかしながら『踊る…』が「ファイナル」公開予定と知りませんで、最初聞いた時「ん?なんのこと?」な反応でごめんなさいまし。

この後、パレットタウンの観覧車を横目にカラオケへ行き、ひとまずはみデカのED曲を全制覇。あとは「兵吾×玲子っぽい曲縛り」で各自推薦曲を歌い、私の「ひとり中島みゆきリサイタル」に突入しました。
いやあ、思い切り歌わせてもらいました。
特にこの地で中島みゆきの「帰省」(殺伐とした都会で心を失いながら生活する人が年に二回の帰省で心を取り戻す歌)を歌えたことは感慨深いです。

この夜は二回地震があり、聞けば「週に一回は揺れますよ」とのことで、思いがけず震災はまだ続いていることを実感しました。
仕事では関東から避難してきた方に応対はしても、実生活ではほとんど震災の影響を感じることがないもんなあ。
東日本と西日本の温度差なのでしょうか。いや、私個人の温度差か。


続きます。
 

人はなぜフィギュアを着替えさせるのか

 
不二子ちゃんの腰も治ってやれやれな職場の昼休み、同僚に訊かれました。
「damianさんて、どういう気持ちでフィギュアを着替えさせてるの?着せたり脱がしたりが楽しいの?着せている間が楽しいの?着替え終わった時が楽しいの?着替えさせてポージングさせているのが楽しいの?」
え、今更その質問!?
不二子ちゃんの腰が完治したという報告をしたら「良かったねー」って言っくれてたのに、本当は私の本質から理解できてなかったってこと!?

ええとですね、不二子ちゃんは私の憧れでして、そんな存在に自分の思い通りの服を着せられることが楽しいんですね、きっと。
アニメ(特に新ルパン)であんな服やこんな服を着ている不二子ちゃんを「お、今回可愛いじゃん」とか「ちょっとそのコーデないんじゃない?」とか言いながら常に観てきたので、そういうのをリアルで体感できるのがいいんだと思います。
そういう意味では、新ルパンの不二子ちゃんの服装を全てイラストで再現してデータベース化したサイトがあるんですが、ここの管理人さんとは大変気が合うに違いありません。
そうなると、好きな女優さんを色々着替えさせられるスタイリストという仕事なんてまさに私にピッタリ☆って感じですが、ファッションセンスが壊滅的に悪い私なのでせいぜいフィギュアどまりがいいところです。
『13歳のハローワーク』での風吹さんの衣装考えた人なんて、毎回とっかえひっかえバービーみたいな原色服を風吹さんに着せられて、楽しい仕事だったろうなー。

時を同じくして、「私はなぜ風吹ジュンが好きなのか」という謎に囚われておりまして、不二子ちゃんフィギュアに対する気持ちも風吹さんに対する気持ちもいずれも「んもう、可愛いぃ~(*´∀`*)」という一点に集約される気がするんですが、それを他人に分かってもらうにはなかなか難しいんでしょうね。
風吹ジュンに限らず、深津絵里、天海祐希、鈴木京香、などなど好きな女優さんはいくらか居るんですが、まずそれが皆同性ってことが上手く説明できない。
なぜ女優さんではなく俳優さんにハマらないのか。ホントなんででしょうね。私も分からんわ。
それどころか、外国の女優さんだと、ホリー・ハンターが好き、ってどういうことホリー・ハンターって。
もっと分からないのが、ウクライナの前首相ユリア・ティモシェンコとか。自分でもどうしたいのか意味不明。
理由がないのが「萌え」、説明がつかないのが「性癖」ってものなのでしょうが、自分で自分が分からなくなってきました。ただいま五里霧中。


120310_1.jpg
「ルパン、夜が明けたわ」的な。
ノースリーブのトップスは本来リカちゃんサイズの100均人形のワンピースだったものです。
例によって例のごとくマジックテープで無理やり着せてます。

120310_2.jpg
しばらく椅子に座らせないと決めていたのに、うちの母親が勝手に座らせてた。んもう、油断も隙もありゃしないわ。
写真からは分かりませんが、首がホルターネックでスカートにプリーツがいっぱい入っていて可愛いワンピースなのです。
 

拍手御礼

 
以下、私信です。

>Nゃふさん
 

不二子、凱旋帰宅

 
不二子ちゃんが治ったよーーー!!!
さすが我が上司、折れたプラスチックの芯の中に鉄の棒を埋め込んで継いだそうです。
ありがたや、ありがたや。
これからは腰をいわさんようにして大切に遊びます。


120308_1.jpg
不二子ちゃん不在の間に届いていたヤフオクで落としたお洋服。よくお似合いよお。

120308_2.jpg
椅子に座るのはしばらく自粛。


ところで奥様、Yahoo!ニュース見まして?「ルパン三世、27年ぶりにテレビシリーズ復活!」ですってよ。(誰)
仕事中に見出しだけ読んで「またまたあ。これ以上延命してどうすんのよ」と思っていたけど、帰宅してじっくり記事を読んだら、『LUPIN the Third~峰不二子という女~』って!
「峰不二子という女」…。
もう観るっきゃないじゃないっすか。
それがたとえ沢城不二子でも観ますよ。
また全13話という腹の立たない長さなのが憎いんだこれが。
ヤバイ、ちょっと楽しみになってしまう。
 

うわああぁぁぁ不二子ちゃあぁぁぁん~~~!!

 
不二子ちゃんが重傷を負ってから3日ほど。
もう歌わずにはいられません、中島みゆきの「最後の女神」。

あぁ あれは壊れたオモチャ
いつもいつも好きだったのに
僕には直せなかった
夢の中で今も泣いてる

なんというドンピシャな歌。
泣いてますよ!泣いてますとも!
不二子ちゃんが来てたった2週間の蜜月、もうこれでお別れだなんて悲しすぎる。
二代目を購入しようかとも思いましたが、まずは折れた軸の修理を知人(つーか職場の上司。よく日記に出て来るエロい人。この間はスキーを教えてくれたけど、今度は私のフィギュア直しだなんて色々やらされて、でもいいのいいのそういうの好きな人だから。)に依頼、「どうなってもいい、治らなくてもいいから」と託しました。
これでダメなら、腰から下を別のフィギュアパーツにしようと考えていますが、今の不二子ちゃんみたいな骨盤がしっかり出たボンキュボン体型のはないから、スタイルが凡人になっちゃうね不二子ちゃん。
まあそれはそれで今まで履けなかったスカートやパンツがばんばん履けるかと思うと許せる。

二代目購入を踏みとどまったのには訳があって、一代目の初期投資が惜しいというのもあるにはあるんだけど、何より今のバージョンの不二子ちゃんの顔が他のどれよりも好きなのです。
多分これなら腰は折れないだろうなと思われる他の着替え可能なフィギュアをチェックしてみても、どうも顔が気に入らない。同じファーストルパンの顔だけどちょっと違うんだよなー。
なので、今手元にある不二子ちゃんの顔をなんとか活かしていきたいのです。

参照。(ルパングッズを網羅した『ルパンマニア』より)
スタイリッシュコレクションの旧ルパン不二子ちゃん。写真からは分からないけどあまり顔が可愛くない。;;;
うちにある同じくスタイリッシュコレクションの旧ルパン不二子ちゃん(DXver.)
着替えができるのならこの不二子ちゃんもいるけど、靴は履きかえられません。
スタイリッシュシリーズとは違うけど似てるプレアセンブルの不二子ちゃん。入ってる箱に大塚康生の絵が描いてあるのがポイント。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR