WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

ほうれんそうのおひたしは難しい

 
twitterで見掛けたツイートで「ほうれんそうのおひたし」ってのがあったのです。

「よく新人さんに報告・連絡・相談(ほうれんそう)を教えるけど、自分はその報告に対して
お:怒らない
ひ:否定しない
た:助ける(困り事あれば)
し:指示する
と『ほうれんそうのおひたし』で心掛けてる」
というもの。

思えばうちの若い衆(っていう言い方もどうか)も色々やらかしてくれるけど、それに対して怒るエネルギーはないし、諭すほどこっちも人間が出来ていない。ただひたすら省エネに注意することに終始しがちだなあと思った。

この間、うちの部署に委託で入っている業者の新人さんに「これを調べておいて欲しい」とお願いしていたら、調べた結果の報告がなく、結局偶然自分で知った案件があって、「頼まれたことは事後報告しろよ!社会人の基本だろ!」と腹が立ったけど、それを注意するほど相手に対して愛情もなく、何より委託している業者に所属する人間を教育する気はなく(まあ上司を通じればいいのだけどそれも面倒)、心の中に溜めて終わった。
陳腐な感想だが、人を叱るということは愛なのだとつくづく思う。

で、月末になって自分の担当患者の入力も一段落したところで新人職員の入力を手伝ったらもうこれが酷い有様で、9月1日に入院した患者を2日間入力した後月末まで全く入力していないとかもうどうなってんだということで、さすがにこれについては指導する時間を設ける。
医事の入力はいかに日々コツコツと進めておくかが仕事のキモであり、配属されて半年たってまだ仕事の回し方が分かっていないというのはどうしたものかと思うが、いかんせん彼の指導職員は別におり、頼むからもっとちゃんとこまめに見てやれよという話である。
聞けば日々何をしているという訳でもなく気が付けば月末なのだと言い、恐らく子供の頃は夏休みの宿題をなんとなく片付けて帳尻を合わせたか、最終日に泣いていたのだろう。(ちなみに私は何日にどこまで済ませるかカレンダーで管理していた子供でした。医事課向きっちゃあ医事課向きです。)
夏休みの宿題は泣いてどうにかなっても、社会人になったらそれは通用しない訳で、医事の算定の仕方よりも仕事の仕方そのものの指導をしなければならないのではあるまいか。

ちなみに、「ほうれんそうのおひたし」のツイートに対して
「ほうれんそう(報連相)のおひたしをやりたいんだけど、だいたい、ほうれんそう(報連相)のごまあえ、になる
ご:ごらあぁ!
ま:またか!
あ:あぁ!
え:えぇ加減にせぇ!」
というのもあった。私はこっちだなー。
スポンサーサイト
 

出た、手先系趣味

 
これまで、ペーパークラフト、ルームバンドに手を出してきた私の、新たな手先系趣味のお話。

病院内でとあるイベントが今週から1ヶ月の予定で始まり、院内で数少ないバルーンアートが作れる課長が駆り出される毎日。
「誰か習わんか」と言われたので、ひとまず100円均一で適当に材料を買ってきて自分でやってみたら意外とできるもんだと判明、医事課内でもみんなでバルーンアートを習得しようという話に流れ始めました。
私が習得したと言っても今のところ犬しか作れないし、形もいびつだけど、なかなか楽しい(手先を使う作業は元々好きなので)。
みんな出来るようになったらイベント中も色々と場が持つしいいんではなかろうか。
 

舐めたらあかんぜよ

 
今週はカレンダーの関係上第1週中で保険請求をコンプリートしながら、担当している入院患者の未収金対応。
詳細は省くが、絶縁しているといいつつ家族が患者にお金を渡していたとかそれ絶縁とは言わないんじゃと思うが、とにかく家族が心情的に未収金は払いたくないと言うのでじゃあ誰が払うのという話をケースワーカーを交えて詰める。
法的な絶縁関係とか、扶養義務とか、入院申込書の保証人欄の法的根拠とか、よく分かっていないのでもっと勉強せんといかんなあ。
なんにしても、生きるにせよ死ぬにせよ人が生まれた以上なんらかのお金が掛かる訳で、施設・病院に面倒は見てほしい、でもそこで発生したコストは払いたくないとか、舐めたらあかんぜよと言いたい。
 

今週も色々あった

 
●月曜日
初出勤。
医事課にとって正月は特別な年始めではなく単なるいつもの月始めの気持ちが強いため、改めて年始の挨拶はしない。
年が明けようがなんだろうがレセプトが待っている。

●火曜日
レセプトを先生方に上げて午前中で帰宅。初詣に出掛けた後イオンに寄ってみるも殺人的混雑に30分で退散する。
夜つらつらと自分の年齢を考えるにしのぶさんの年齢に追いついている(もしくは抜いている)ことに気付き慄然とする。

●水曜日
医事課職員の一人に疥癬疑いが出る。
幸い陰性だったが、どうやら年末に疥癬患者の移乗を手伝った際に感染したかもということで、自分の病棟の疥癬患者を調べる。知らない間に2人患者がいたことを知る。どうりで年始に病棟に上がったら疥癬のパンフレットがあると思った。

●木曜日
散歩中に倒れた患者が搬送、連れていた犬も一緒も救急車に乗ってきて医事課で預かったため課内が大いに盛り上がる。
動物が好きな職員が集まって犬と遊ぶ中、動物が嫌いな職員もいて仏頂面で、まあ嫌いなら嫌いでいいけど人生の楽しみが半分は失っている気がして残念に思う(いらん世話)。
私も動物が好きなので犬を抱っこしたりして、もういっそ保険請求の仕事より犬の世話の仕事がしたい気持ちになる。
が、飼い主も回復し犬と帰宅したので、しぶしぶレセプトに戻る。本当にしぶしぶ戻る。

●金曜日
年末から血圧が高いことを主治医から指摘され、定期的に測る日々。確かに高い。上が150とか行く。
もとから起立性低血圧を持っているのにその上さらに高血圧とかどうすれば、自律神経が悪いのが行けないのか、と考えた結果、「命の母」を試すことにする。どうか効きますように。(口コミでは自律神経失調症やパニック障害が治ったとか言ってるけど。)

●土曜日
疲れが溜まって足の付け根に「粉瘤」ができる中、ようやくレセプトの締めと請求書の発行。
病棟ごとに出した請求書を封筒に入れていたら、封筒をおもっくそ間違えていた。退院証明書の封筒に入れていた。凹む。

●日曜日
保険請求のクライマックスのため午前中のみ出勤。7連勤キツイ。
年末借りた図書館の本を読み尽くし限界のため、午後から市立図書館へ。明日は県立図書館に行く予定。
 

女なんてものに

 
今週もまた変な中年親父にいちゃもんをつけられライフはゼロに。

なんだか最近そういうクレーマーじみたものに見舞われる機会が多く、どうも私の中の何かが中年親父の神経に障るようなのだが、多分その「何か」というのは結局「若い女だから」に集約されるような気がする。
恐らく例えばうちの課長や上司のセクハラ親父が同じ対応をしていたら押さえ込めていたクレームが、「若い女」に対してなら「こいつにならぶちまけられる」という何か「見くびり」のような「見下し」のような気持ちがあるに違いない。
もちろん女であるだけでもそのリスクはあるし、男であっても若かったら被害に遭うことは多いが、「若い女」の被害率たるや多分相当数と思われる。で、大抵中高年の男がいちゃもんつけてくる。男尊女卑がまかり通っている世代だもんねえ(偏見)。
ちなみにワタクシ、若くは見えても歳であるのだが(偶然「逃げるは恥だが役に立つ」みたいな言い回し)、まあとにかくなんでもいい、「年齢」とか「性別」とかその人個人ではどうすることもできない属性に対して攻撃するのは立派なハラスメントではないかと思う訳である。

今回のクレームは、書類の記入を始めた患者家族をカウンターに残して引っ込んだら、「黙って席を外すのは客に失礼。離れるなら離れると言ってから行け」と。
あんたそもそも入院の説明中全然人の話聞かずにイライラした態度で自分勝手に書類の記入に没頭してたくせに、ていうかこの部署にいてそのクレームは初めてじゃい、どんだけ殿様待遇求めてんねん、さぞかし職場でのご自分の接客もお上手なんでしょうな、と苛立ちがふつふつする。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR