WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

恩知らず

 
かつて私の弁当を間違って食べたり(2015.03.08参照)水筒を取り違えたりした(2017.07.02参照)同僚Hさんが退職しました。
もともと受付担当だった彼女ですが、病棟の事務職員が急に辞めるというアクシデントがありその後任として異動を命じたところ、1回引き継ぎ(というか業務説明)を受けただけで退職届を提出したのでした。
私の弁当(しかも手作り弁当)を間違って食べるほどの天然さと鈍臭さを持ち合わせるHさんはあまり仕事の能力は高くなく、細分化された多量の業務内容の中で細かな気配りと他職種とのコミュニケーションを求められる病棟事務はHさんには荷が重いものであり、退職という選択は賢明のように思えます。
正直Hさんにはこれまで弁当・水筒の件だけでなく嫌な思いをさせられたこともあるし、患者さんの要求に応えるのではなく自分の都合を押し付けるような窓口対応も不愉快だった。
しかし思うのは、あんたこれでいいのか?ということ。
確かにハードルの高い仕事を求められたけど、それを一度もやることなく仕事を辞めた。やってみる前から辞めるってどうなんと思うし、仕事って自分の好きなことだけさせてくれる訳ないじゃん。嫌なこともするのが仕事じゃん。
そもそもシングルマザーで勤務時間に制限があって、病気の治療で定期欠勤する必要もあって、仕事がミス続きで出来る業務も少ない(仕事を一度ミスすれば怖気づいてその仕事に二度と手を出さなくなるので年々出来る業務が減っていくのだった)、そんなHさんに優しく配慮してくれる職場なんて正直うちくらいなものだと思う。
今後転職するとしてまた新しい職場で一からやり直すリスクを考えると、何より諸条件をクリアする職場が見つからないかもしれないリスクを考えると、ここが踏ん張りどころだったと思う。特にシングルマザーなら仕事内容にとやかく言ってられない状況では。
まあ私としては一緒に仕事しなくてよくなることにホッとしているのも確か。

だからだからこれきりです
これでこれでこれで楽になってね

この春辞める職員がとても多く、1・2年前に入職した事務職員は半減したし、12月に入職して1月に退職した猛者もいた。
なんでみんなそんなにすぐ辞めるかなあと思うけど、私もこそこそハローワークに求職検索しに行っているので気持ちは分からないでもない。
仕事の能力が低くてもリストラされることのない職場だから、勤続年数が長くても何の仕事もできない職員がごろごろしていて、仕事の能力が高い周囲がそれをフォローすることが常態化しているけど、フォローされる側がフォローする側より給料が高いこともザラで、そういう土壌が色んな膿を溜めている一因な気がする。少なくとも私はいつもそこにイラッとしている。
もちろんそういう土壌があるからこそ自分が病休を取った時もみんな当たり前のようにフォローしてくれて救われたけど、周囲が疲弊することには変わりない。
この職場だからこそ出来ることもやりたいこともあるにはある。だけどどこまで頑張ってどこで見切りをつけるかとも考えている。

恩を仇で返します 恩知らずになりました
まだずっと好きだけどごめん
スポンサーサイト
 

縋りたい誰かを失うたびに誰かを守りたい私になるの

 
今年4月頃からストレス溜め気味で仕事辞めたかったり辞めたくなかったりの気持ちが断続的に繰り返すのが何故なのか沈思黙考。

ちょうど春頃から上司が変わるとともに中堅どころの職員が異動で抜け、新人が入った結果、新上司の機嫌を取りながら新人の育成もしなければならず、自分のことだけではなく上と下に気を配らなくてはならなくなったことが大きい。
またこの上司が常時イラつき気味・ぼやき気味でそれなりに相手をしないと切れるし(めんどくせーなホント)、新人2人は片方は社会人10年目にしながら鈍臭い仕事ぶり、片方は新社会人でありなかなか学生気分が抜けず正直業務量のハードな保険請求の中で社会人として医事課職員として同時に養成するのは非常に難しい人材。
これまで諸先輩方に育ててもらった恩、私が同じ失敗を繰り返しても見守ってくれていた懐の大きさを今更ながら感じながら、そうした「自分を守ってくれる誰か」がいなくなった大変さを痛感する。

と同時に、自分が中堅になったことで自分が出来ることが増え求めるもの・求められるものが増えたことから、周囲の仕事の粗がくっきりと見えるようになってしまった。(それでいて、「人を待てる」度量はない自分の小ささもある。)
特に新人の仕事については、毎月のように入力が保険請求に間に合わず結局月末に余裕がある私に仕事が回ってくる。「いやいや、もういい加減月のスケジュールが分かってるのにどうしてその日限りその場限りの仕事しかしないの」と思うが、こうしたらいいよと新人に伝えた仕事のコツは全く活かされていない。
月全体の仕事量をを緻密にマネジメントして自分の時間を捻出しながら、その時間を仕事のできない人間に回すことを当たり前にされているのは、私が独身で「誰かのために生きていない」からかと苛立ちも覚える。
新人の教育に直接関われたらもう少し気持ちが楽になれる気がするが、実際の指導役は別の職員(私より上の役職者)が担当しており、とはいえ具体的な指導は何もしていないのが現状だがそれに対して私が文句を言える立場になく、結局月末に割を食わされるだけなっている。
上司が全体で教育する仕組みにするなり、仕事の回し方だけでも私に指導役を振ってくれるなりしてくれればいいが、それも望めない。
上司は先月新人に付き合って毎晩のように一緒に残業し仕事を見ていたにも関わらず、「何故上手く仕事をやりくりできないか」という肝心な点については全く把握しておらず、今月上司にこのことについて問うたところ「なんかわしが怒られとるし」(周囲と笑い)と取り合ってもらえなかった。
こういう職場の構造が、ここ数か月の職場環境の変化へのストレスとリンクし、自分の職場への強い失望に繋がっているのだと思う。

強い失望ゆえか最近は誰も彼も言っていることがクソのように思えているのだが、福祉事務所時代の知人に「世界が全て灰色に見える時ってあるけど、その中で『蜘蛛の糸』が下りてきているのが見えなくならないようにね」と言われて、ちょっと反省した。蜘蛛の糸見えていないかも。
 

表向きは仕事仲間 その実隠れて逃避行

 
今日も今日とて仕事してます。

「大した立場でもないのに図に乗る同期、DPCを間違えるたびにキャンキャン吠えて来る診療録管理士、休憩室では数人の職員が日がな夫の愚痴子供の愚痴自分自慢で、どこにも身の置き所がない。」とここに書いたのは2015年で、本当に今更なのだけどもういい加減休憩室を使うのはやめて別の場所で昼ご飯を摂ろうと思うに至る。
診療録管理士は人の噂話か自分の話しかしない上に、敢えて話に加わろうとしない私に対していちいち話を振って来て休まらないし、課長もわざわざ顔を出して仕事のミスを指摘してくる。
早々に食事を切り上げて仕事に戻っているので仕事の進捗は早いけど、なんかもうそういう暮らし方もどうなんという気分になってきた。

高血圧はさすがのタオルグリップ法でなんだか好調。2日に1回、左右2分間ずつタオルを握るといいんですって。


心の支えはびじゅチューン。
 

全力で駆け抜ける人生のバイクが見えないか

 
ひとまず仕事は仕事なので頑張って日々勤労してます。
福祉事務所時代の知人に話を聞いてもらって少しスッキリしたけど、話せる相手が現職場におらず前職場の人間関係に頼っているのがもうなんか象徴的。
まあ私も仕事にかまけて職場外の友達作りを進めていなかったのでこのザマなのですが。

むしゃくしゃするからいつ使うか分からないけど自分が持っている業務の引き継ぎ書作っておこうとフォルダを開いたら、今年の6月付でほぼ完璧に作ってあった。6月の自分の仕事への諦観みたいなものを強く感じた。
この時辞める気満々だったのを今まで延命してきたからもういいかとも思ったけど、タイミングの悪いことに来年診療報酬改定があるのと、同じ部署の女性職員が産休に入ると。
ここで辞めたら村八分であろうか。まあ帰属意識のない村に八分にされても構わんが。

デトックスマンガとして鳥飼茜『地獄のガールフレンド』と沙村広明『波よ聞いてくれ』ヘビロテ中。安野モヨコ『働きマン』も捨てなきゃよかった。
夜寝つきが悪いのでα派が出るなんちゃら快眠音楽的なものをかけっぱなしで布団に入ってますが効くような効かないような…。
でも朝吐くのは治りました。胃薬が効いたのかしら。ていうか胃薬の問題なのかしら。
 

誰に見せる為じゃない己の為だ

 
なんかもう本当に仕事を続ける気持ちがなくなって、将来どうしたいかとかどこまで我慢できるかとかを考えて不眠。
仕事は内容だとも、仕事は人だとも、どちらの言い分も分かるし、私自身「職員はいいんだけど仕事内容が…(市民の対応ホントしんどかった)」という市役所勤務と「(保険請求が向いている向いていないはさておき)仕事内容はいいんだけど職員が…」という病院勤務の両方を経験して、本当にどっちもどっちだと思う。どちらを取っても不満はあるし満足もある。
ただもう、今の職場への帰属意識は以前から薄らいでいるし、なんかもういい加減にしてくれというトラブル続発、それを愚痴れる同僚がいないフラストレーションなどなど、色々重なると自暴自棄になってくる。
某病院の既卒医事職員募集、締切来たからチャンスはもうないけど、もっと真剣に考えておけば良かったか。いやいや同業者に転職するってどうなの、そうでなくても医事業界狭いのに。

福祉事務所の嘱託に戻ることも考えたけど生活の安定や将来の保証も微妙だし、何よりこの職に就いて将来市役所職員になる資格は得られない(福祉職の中途採用の職歴にカウントできそうにない)、そもそもそこまで福祉職が自分に向いているとも思い難いし、福祉事務所で隣の部署だった嘱託職員さんが今年で定年退職とのことでその後釜が気になるけど就労条件など詳細不明、某病院もいいけど私の保険請求のスキルは今の病院だからこそ許されているレベルでは、何よりここで転職したところで職場に帰属意識が持てない状況は変わらないのか、などなど。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR