WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

抱きしめてミナイブー

 
今週もごとしの熱で乗り越えた一週間でした。

保険請求の締めの日にこの夏退職した某氏(私の仕事のモチベーションだった人)の送別会があり、保険請求の締め言うたらレセプト全件出してチェックするわ請求書も大量印刷するわしかも私は夜の窓口当番だわ、忙しすぎてよっぽど参加をやめようかと思ったけど頑張って行ったらそれなりに楽しかった。
病棟職員だけでなく、リハビリ職員や医師・研修医も集まっていて、その中で医事課一人なので驚かれたけど某氏に「だってメール交換してる親友だもん」と言ってもらえてもうこれでご飯三杯くらい行ける。
最後どさくさに紛れてハグして帰ったミナイブー。

今まであまり看護師さんと深く話す機会がなかったけど、聞けばみんなほとんどシングルマザーとか、MSWの男性職員萌えだとか、中でもある人は若い頃ヤンチャして学生時代に結婚して離婚して同じ相手と再婚して(エリサべス・テイラーか)でもやっぱり離婚してそれから看護師資格取ったという話はすごく面白かった。
当の本人は私が外国の患者さんと英語で話しているのを見てすげーすげーばかり言うのですが、あなたのそのバイタリティなら英会話なんてすぐ習得できるんじゃね?と思うのです。人間ってないものねだり。
スポンサーサイト
 

多分すべてはオタクゆえ

 
認知症ケア委員会の事務局をやっているのだが、今年度の目標は認知症患者に関する知識や看護技術を学習するということで、まずは「ユマニチュード」のDVDを焼き増ししまくる。
「ユマニチュード」はフランスで考案された認知症高齢者に対するコミュニケーション方法で、フランスならではの濃厚なスキンシップは少々カルチャーショックがあるが、話し掛け方とか帰宅願望の逸らし方とかは多分役に立つはず。

で、同じく事務局の師長さんに「えーDVD焼けるの?すごいねー!?」とめっちゃ関心されたのだけど、いやあ、パソコンができるのも、CD焼いたりDVD焼いたり、画像ツールで絵を描いたり、それ全部私がオタクだからよ師長さん。
パソコンできないと押しカプの同志と交流できないし、何かにハマると文章をしたためたり絵を描いたりせずにはいられないし、布教やコレクションのためにはダビングも必須だし。
今のところ必要に駆られていないので手を出していないけど、動画作成ツールやアクセスにもそのうち進出すると思う。

ちなみにそんな認知症ケア委員会、今度認知症患者さんの院内デイサービスを作ることが決定。わーい院内デイ期待しちゃう☆彡
 

出会った時がその時

 
今日も今日とてバルーンアートの日々。
外来前で午前中にやっているイベントで欲しい人にあげているものなので、夜のうちに内職し、朝出勤時に持って行って補充するというのを何日か続けています。
ひとまず犬が3種類作れるようになった。あとは子ども受けのいい剣(めっちゃ簡単)などに手を出したいが、院内で振り回されても困るという軽いジレンマ。

170811.jpg

世間では夏コミやってますが、虎の穴で買おうと思っていたごとしの18禁本が予約の時点で売り切れに。
さっ再販っ。再販してくだされっ(涙目)。
一度見かけた時にまだ予約できる状態で、何故その時ぽちっとなと押さなかったんだあたしのバカ!と悔やんでも悔やみきれない。
図書館の本は手にした時が借りる時と思っているので「また今度」と後回しにしないようにしているのに、何故かショッピングに限っては後回しにしがち。

思えばうちに来た大猫だって三毛猫だって、会ったその日に即決したではないか。それで幸せになっているではないか。
出会った時がその時なんだ自分。(戒め)
 

続々・モチベーションはあなたでした

 
私の仕事のモチベーションだった人がこの夏退職してから病棟が混乱中。
退職に伴って人事異動があり、新たに病棟主任に昇格した看護師さんが、っんもおー本当に頼りにならなくて、連携が悪いせいで現場の看護師さんの不満の矛先が私に向かったのがちょっとヘビーでした。
不満の矛先つーてもそれは看護師さんの八つ当たりだと後からなら思えるのだけど、メンタル弱いからぎゃんぎゃん言われるとしばらく凹む。
あー頼むから戻ってきてー。


170610.jpg
本文と全く関係なく、この春うちの子になった三毛猫近況。
ソファーで寝るのがお気に入りです。ぷすー。
 

俊足ラビットメール便(仮)の顛末

 
俊足ラビットメール便(仮)で頼んだ小包が発送の連絡以降なかなか届かず、こちらも発送メール(多分追跡番号含む)をよく読みもせず削除してしまったやましさから「まだですか?」とも聞きにくく、放置すること2週間超。
もはや俊足でもなんでもなく、鈍足亀メール便状態なのだけど、まあ届かないのは困ると重い腰を上げてみたところ…追跡番号なくてもちゃんと探してもらえたー良かったー。
業者さんも3時間くらい探してくれたみたいで嬉しかったけど、如何せん中身は趣味の薄い本なのでした。こんな中身ですんません。
しかもA5サイズくらいの本がB4サイズくらいの包みに入っててどんだけ大袈裟なの。

若い入院患者さん(若いと言っても70歳以下という意味だけど)を見ていると、運輸業の人が未収があったり無料低額診療制度を利用したり入院中に生活保護を申請したりするケースが多くて、運輸の一角である配送ドライバーも肉体的賃金的に厳しい職業なんだろうなあと思う。
私もついついネットで購入することが多くて(例えばユニク○のメンズXSサイズとかキッズ160cmが店頭では手に入らないため、あと地方在住にとって薄い本を手に入れるのはネットでしか)、店舗で受け取りにすると配送料金割引とか、駅の宅配受取ロッカー推奨するとか、どこかまとまった場所で受け取れる方向に持って行かないと運輸業の厳しさは減らないんではないだろうか。
あと、ちょっとした荷物なのに包装が過剰で、例えば今回の俊足ラビットメール便(仮)だってぶっちゃけ定形外郵便で送れるサイズだったし、包装をどうにかせえ企業。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR