FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

急転直下

 
来週からクリニックでのリハビリを開始することになりました。

今週職場での面談があり、リハビリがいつまで掛かりそうかを尋ねられたので主治医に相談したところ、今すぐ始めないと復職期限に間に合わないことが判明。クリニックでのリハビリでは4ヵ月半掛かるそうなのです。
主治医として私の復職が近いことを意識しなかったのかと不信感を感じない訳でもないですが、私は私で図書館リハビリを入れて4ヶ月半だと思っていて、まだまだ大丈夫と高をくくって敢えて打ち合わせしなかったのもダメなのか。

ちなみに復職したら医事課から医師支援室に異動するだろうとはかなり前から打診を受けていて、多分本決まりになりそう。
医師支援室に行ったらサマリーの下書きか、診察中医師に代わってパソコンを打つかというのがメインの仕事なのだけど、ここでも一つネックがあって、私は高校時代に広場恐怖を伴うパニック障害を発症して、日常生活に支障がない程度には治った(というか時間が解決した)けど今一つ「長時間の滞在を強いられて中座できない環境」が苦手。
せめてサマリーだけの仕事にしてくれたら、それこそ人の分まで働く意欲は充分にあるけど、配慮してくれないかなあ。
今回初めて職場に広場恐怖のことを伝えて、診察室の中が中座できそうな環境かどうか確認取ってくれたりはしたけど、その仕事から外そうという意識はないみたい。

で、主治医に訊いたら、広場恐怖は薬で治せます、と。その薬は、私がずっと悩んできた吐き気の症状を改善するものと同じ薬です、と。つまり吐き気が治せれば広場恐怖も治せるということになるけど、でもこの1年半で20種類以上薬を試してまだ自分に合うのを見つけられていないからなあ。吐き気も広場恐怖もすぐに完治とは行かなそう…。
スポンサーサイト
 

また薬を見失い

 
効いてるかと思われたサイ○バルタを増量したら眠気が強く、結局使わないことになって図書館リハビリはそのまま継続。
飲むのをやめたからと言って症状は良くも悪くもならず、図書館での動悸と息切れは改善しクリニックに行く時の吐き気は治らずといった感じ。
今の時点で私の症状に効果がある薬はまだ見つけられておらず、主治医もこの先の状況によっては無理に薬を探すのをやめる雰囲気も見せていて、もし復職してまた吐き気が出たら時間をかけて慣れて行くしか対処できることがないということになりそう。
今回の休職は身体を休めるとともに自分に合う薬を探す時間でもあったんだけど結局見つからないって、なんだかなーと思う。
 

世間はゴールデンウィークですが

 
ゴールデンウィーク中も隔日で図書館リハビリ中。だって図書館休館しないんだもん、ずっと開いてるんだもん。
図書館に朝から通っているとなんとなく同じメンバーが顔を揃えてくるのが分かって来て、同じおっちゃんおばちゃんといつも会います。おっちゃん達はお互いDVDを勧め合ったりどれを観てどれを観てないとかお節介焼き合っているのが微笑ましいです。

ここんところ『ER緊急救命室』に加え、『THE EVENT』と『Lの世界』も並行して鑑賞中。『THE EVENT』は異星人ものでローラ・イネスが出ているので、『Lの世界』はビアンもので友達の勧め。
 

県立図書館・市立図書館の一長一短

 
図書館リハビリでは3時間の図書館滞在の中で映画を1本観て、残った時間は適当に本を読むというスケジュールで時間を過ごしているのですが、通っている県立図書館のDVDのタイトルが文芸寄りで、ともすれば非常に地味な話を延々観せられた後結局なんだったのか分からない、悪い夢を見たような後味の作品も多く、毎回のタイトル選びが難航しております。大抵ジャケットで判断していますが、あまりに話が分からず手元のスマホでストーリーを読みながら鑑賞することもしばしば。

で、たまたま市立図書館に行ったらこっちのDVDのタイトルがすごく充実していて、いわゆる『名画百選』的な本のランキングに載るようなヒット作がいくらでもある訳です。
正直、図書館リハビリは市立図書館の方に通いたいという気持ちが強くなりましたが、そう出来ないのは県立図書館ではAVブースがあってDVDをその場で視聴できるのが市立図書館にはその設備がないのです。
県立図書館と市立図書館の所蔵タイトルの傾向を足して2で割れば本当にいい感じなんだけど、県立図書館のいいところは市立図書館のように俗っぽい作品に偏らないところだしなあ…。
 

また薬を変えるとな

 
今調子のいい薬を増量したところ眠気が出て、主治医に報告したら「減量してみてそれで眠気が引いたら薬を変える」と。えええ、この薬いい感じだと思ってるのに変えるのとな。20数回変えた末やっとたどり着いた薬が惜しい。

『ER緊急救命室』は初期の目的だった、「ケリー・ウイーバーが出てるエピソードを消化する」を達成、2ndシーズンから13thシーズンまで約250話くらいを2ヶ月で観切ったことになります。
で、観終わったらケリーロスになってしまったのでもう一周観ることになって、結局まだ『ER緊急救命室』月間実施中です。
プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR