FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

HAG(ハグ)と言います2

 
今週また発達障害を学ぶプログラムに参加しました。
「ASD」と「ADHD」に大別される発達障害の、今回は「ADHD」のお話。
私はASD優位と診断されているので、あてはまる特性はASDほど多くなかったけど、それでも衝撃だったのが、「人はいつももう一人の自分と会話している訳ではない」ということ。えっみんな会話してないの!?
私は何かの拍子に頭の中のもう一人の自分と会話が始まって、そっちで考え事が延々ぐるぐるしているのだけど、これが発達障害だったとは知らなかった。しかもこの状態に対して効く薬があるという。
別にこれが日常生活に支障を来しているとは感じていないので治療しようとは思わないけど、普通にあることではないと知ってすっごいビックリした。

あと地味に凹んだのが、友達作りが苦手とされる発達障害と言いながらプログラムが終わった後みんな仲良くなっていて、でもその輪に入れず帰る私。
コミュ障中のコミュ障って認定された感じ…と思ったけど、よく考えたら参加者とは共通の話題が「発達障害」しかなくてそれ以外で語り合いたいこともないから別にいいやと思うに至った。
スポンサーサイト
 

手帳を取るべきか取らざるべきか

 
このところ梅雨に入ったせいか朝吐き気が続く。

久しぶりに職場で面談があり、発達障害の診断が出て精神保健福祉手帳を取得しようかどうか悩んでいると伝えた。
主治医は手帳のメリットは就労支援だと言っていたが、職場が考える手帳のメリットは障害者雇用率の確保と税控除や交通機関利用料割引だと考えており、多少のずれを感じた。
私にとってはかつて上司に「最近お前調子に乗ってるからもう『メンタルが弱い』とか言わせんぞ」と言われたことが大きなわだかまりになっている。
体調を調整しながら仕事をしてもそれが傍から見て順調に感じられたら、「もう体調いいんでしょ」と配慮されなくなるのだったら、自分の切り札として精神保健福祉手帳を持っておきたいという思いがある。
手帳によって特別扱いをされたい訳じゃない、腫れ物に触るような扱いもされたくない、ただ「配慮を要する場面がない訳ではない」ことを知っておいてもらいたい、という気分である。
本来は自分の口から必要に応じて配慮を求められれば一番いいのだが、それが出来る性格でない以上手帳を、と思うのは甘えだろうか。
 

HAG(ハグ)と言います

 
今週発達障害を学ぶプログラムに参加しました。
発達障害は「ASD」と「ADHD」に大別されるそうで、今回は「ASD」のお話。
発達障害の疑いが出たのがまだたったの1か月前、検査結果(でも結局のところよく分からない)が出たのがプログラムの1週間前で、自分が発達障害の問診表の色んな項目に当てはまるという実感もありながら、ぶっちゃけ実際のところどうなの?本当に発達障害なの?こういうキャラなんじゃないの?という実感のなさもある状態でのプログラムだったのですが、うーんやっぱり色々当てはまるんだよなあ。参加者全員で「あるあるー!」と頷いて帰って来た。
私はずっと吐き気の症状が出て「うつ病」という診断で過ごしてきたけど精神的な落ち込みは全然なくて、本当にうつ病なのか疑問だったけど、発達障害はストレスの自覚や受け止めが低く身体症状に出やすい(身体化)という話でなんとなく腑に落ちた感。

その翌日診察だったので聞きたかったことを改めて主治医にぶつけてみたところ
・発達障害の確定病名は付いている(ASDの方で)
・実感がないのは能力が高く苦手部分をカバーしている面が大きいから
・今回のASDの診断で精神保健福祉手帳を取得することも可能
・手帳のメリットは就労支援を受けられること、ただし今の職場で障害者雇用扱いで働くべきかどうかは今後要検討


今週リワークの中でかつて上司とやりとりした会話を振り返る場面があったのだけど、それが過去の辛い感情を一気に思い起こさせて強い吐き気に見舞われ大変だった。
私にとっては苛立ちはあったものの比較的なんでもないと感じていた出来事が思いがけず大きなトラウマになっていたと知って、そもそも上司の態度の酷さもそんなもんだと思っていたのが結構異常な状態だったと知って、そういうストレッサーをストレッサーとして自覚するのに時間が掛かるこの感じがとても発達障害的だと思った。
 

グレー?グレーでいいの?

 
発達障害の本検査を受けての結果。
能力は高いが出来る出来ないに若干の凸凹があるということで、発達障害を学ぶプログラムに参加することになったのですが、ん?結局発達障害なの?発達障害じゃないの?グレーゾーンという理解でいいの?
結果がよく分かってないまま(まあこれから詳しく聞くとして)ただ一つ言えるのは、「母には明かせない」。言ったところで「私の育て方が悪かったのか」とかなんとか自分のことばかり考えて、じゃあ私がどういう特性があって何に困ってるかには全然耳を傾けてくれそうにないから。高校の時パニック障害で休学した時ずっとそうだったからもう期待したくない。


話は全く、ホントに全く変わって。
榊原良子さんがブログ始めるんですって奥さん!
今日知ってめちゃめちゃ興奮しました。

ttps://ameblo.jp/yoshiko-sakakibara/
 

After Departure

 
引っ越しから約10日。転居してから1週間ほどベッドと食卓がなく、段ボールも片付いていないフローリングの部屋の地べたに座卓と布団敷いてご飯食べていたのがちょっとオシャレから程遠かったけど、今では家具が整ってとっても素敵で落ち着く部屋が出来上がりました。
一緒に連れてきた三毛猫がちょっと食欲がなくて、仲が良かった子猫と引き離したのが悪かったのではとそこは心が引っ掛かっているところではありますが、まあ一人っ子も気楽で楽しいかなと三毛猫が感じてくれればいいと願ってます。

食事の面がちゃんと出来るか不安だったのも実際スーパーの総菜を見たらこれ自炊しなくても全然バランスが摂れた食事が出来そうじゃんと気が楽になりました。
まだ調味料が整っていない今はポン酢とめんつゆを駆使して副菜を作り、主菜は総菜に頼ってます。

その後母親とは実はちょくちょくやり取りをしていて、ネットが使えないと修理を頼まれたり不用品を渡したりプランターのネギと大葉を分けてもらったりとなんだかんだで実家に顔を出しています。
話していてイラっとすることは変わっていないけど、「どうせこれから私は私の家に帰るんだし」と思えば冷静でいられるので不思議です。
何度も言うように、母親とは「同居人」としては上手く行っても「母と娘」になると途端にこじれるので、この距離感がいいのだと思います。
あとは実家に顔を出す理由としては、母親が飼っている子猫に会いたいから。忘れられたくないんだよう。たまに顔ペロペロしてもらいたいんだよう。(猫は飼い主であっても結構すぐ人を忘れます。)
プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR