FC2ブログ
 

WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

今週のりすぽんが凄かった件

 
今週のりすぽんは「良子とタニシのキャラ哲学」と題して、芸人の松原タニシさんと榊原さんが、朗読したりキャラについて語ったりとファンとしては発奮しそうな回でした。
しのぶさんまで話が及ばなかったのが残念ですが、ハマーン・カーンとクシャナ殿下の「統治者の器」の違いについての榊原さんの分析はとても深くて鋭かったです。
また続編やらないかなあ。
以下、個人的メモ。
「役柄を愛するとは、好きとか嫌いじゃない。この人のいい所も悪い所も責任を持つ」
「(俳優として大事なことは)私が人間として生きている、その人間である私の持っている全ての要素を自覚する」


動画を色々保存してあるUSBを開けたら、今はYoutubeから削除された動画で野沢那智さんと榊原さんが対談しているものが入っていて、でかした過去の自分。
野沢さんがお亡くなりになってから後の保存日時なので、多分貴重な野沢さんのトークを取っておきたかったんだと思います。
この時榊原さんは顔出しを遠慮なさったのかサングラス姿で、榊原さんはたまに顔出しNGにされてますけど、ファンとしてはもう顔知ってるから意味ないよーと思うのですが、多分キャラクターのイメージを壊さないようにという配慮なんでしょうね。
スポンサーサイト
 

許されるはずもない Peace & Love

 
Youtubeで一部無料になっているのを機にアニメ『スペースコブラ』を観ています。コブラが野沢那智、アーマロイドレディが榊原良子という黄金コンビのあれです。
見ていたら随所がSF版『ルパン三世』ぽいと言いますか、クールな台詞回しや洒落たキャラデザもさておき、テーマ曲は大野雄二だし、制作は東京ムービー新社だし、あと出崎統監督作なのでストップモーションにハーモニー処理とか、同じ絵を三回パンとか、画面二分割とか、あちこちが出崎テイスト&『ルパン三世』シリーズで散々見た演出。
野沢さんのコブラの演技が粋なのと、榊原さんのレディの声が若くて安心感(というか相棒を越えて妻ぽい安定感)があるのとで、見ていてとても面白いです。
今はYoutubeから削除された動画で、以前野沢さんと榊原さんが対談しているものがあって、野沢さんが榊原さんに絶大な信頼を寄せていたのが印象に残っていますが、このアニメでのコンビ感はそういう信頼が醸しているのだなあと思った次第。

で、野沢那智さんは『ルパン三世』シリーズのスペシャル版(2時間もの)に3度ほど出演なさっていて、どれも強烈なキャラだったのでどこかで観れないかなーとネットをうろうろしていたら、さすがニコ動「貞千代まとめ」(『ルパン三世 トワイライトジェミニの謎』の敵キャラ。オカマ)があって笑った。


>参考文献
年に1度のお楽しみ、よしながふみ『大奥』第16巻が発売されてました。
表紙が怖くて買いにくいが、中身はそんなに怖くない。多分次の巻で最終巻かなあ。
twitterで誰かが言っていたけど、よしながふみはままならない母娘の物語を描くのが巧い。
 

治っていなかった

 
ひきこもり生活が続いて吐き気を催す機会がなかったので「もしかして治った?」と思っていたら、全然吐き気が治ってなくてビックリしました。ていうか治ったと期待していた自分の能天気さにもビックリ。
しかし、この5ヶ月(もっと言えば吐き気が嘔吐に悪化した時期から1年)色々薬を変えてみたけど、何も効かないのがもう。
何をしたら治るの?食って寝てでいいの?


今週の榊原さん@りすぽん。
榊原さんはセキセイインコを飼っていらっしゃるそうです。涙を舐めてくれるそうですが、それは塩分補給だろうとのことです。
りすぽんでの企画では、リスナーさんが番組に参加して演技を披露し、それに対して榊原さんがアドバイスするのですが、アドバイスの仕方が巧すぎて、その懐の深さとか透けて見える人生経験が興味深いのでこのところ毎週聞いています。
番組の流れとして、演技→アドバイス(「こういう設定でやってみて」という指示)→演技再チャレンジになることが多いのですが、みんな器用なのもあって大体上達して帰って行く、その変化も聞いていて面白いのです。
再来週にはちょっとリスナー参加企画をお休みして、榊原さんに自分の演じたキャラや演技論について語ってもらうそうなので、そちらも楽しみ。
 

治っているのかいないのか

 
毎月傷病手当の申請書を出す時に総務課の担当者や事務長と治療の進捗状況について話をするのだが、何せ「うつ病」と診断書が出ていながら私の本当の症状は「心因性嘔吐」な訳で、「あれ?うつ病だと聞いてたけど元気そう?」と当初から担当者を混乱させていたのだけど、次第に「見たところ元気そうだから休職期間も長いしそろそろ治ってるんじゃない?」という、なんというか強めに言うと疑いの眼差しみたいなものを感じて滅入る。
(そもそも吐きながら出勤していた時だって誰にも気付かれなかった訳で、私の症状は外見からは判断できないと思うんだけど。)

私もこのところ引きこもり生活を送っていて外に出る予定と言えば通院くらいしかなくて、その通院では吐き気を催すので恐らく仕事に出ても同じ状態だとは思うんだけど、それに近い状況を一度経験してみないと自分でもまだまだなのかもう大丈夫なのか実は自信がないのであった。

あとは、退職するか復職するかも揺れていて、人に魅力のない職場でこの先も働き続けるか、新しい可能性に賭けてみるか、しかし恐らくこの先も色々と体調を崩しそうな私が働きやすい場所ってどこなのか、考えがまとまらない。
 

榊原良子さんブクマ

 
今週はニコニコ動画で榊原良子さん関連の音声を発見したのでブクマ。



「ノイタミナラジオ」2014年11月13日配信「伝説と俗物によるサイコロトーク」回だそうで、『PSYCHO-PASS サイコパス』の宣伝かと思いきや榊原さんの演技論がたっぷり聞けてとても興味深かったです。
日常生活ではリアルな発声でも、映像作品の中ではナチュラルにならない、そこをいかに埋めるかというお話、私が常々感じているアニメ独特の発声法やドラマの過剰な演技がその映像作品ではナチュラルでも音声だけ聞いていると日常生活のそれと乖離していて気持ち悪いという感覚を逆から指摘された気持ちになりました。
後半がアップされていないのが残念。



こちらは見つけて本当に嬉しかった、DVD-BOX特典「二人の軽井沢のオーディオコメンタリー」。
大林さん、榊原さん、高田明美さん、ゆうきまさみ先生でわーわー喋ってます。



これは私も当時録音した覚えがある、「セイヤング21スペシャル パトレイバー前夜祭」。
大林さんと榊原さんは、ラブホの話で終始する(しかも榊原さん攻め気味)なのが面白いです。


今週の「Lispon」では「榊原さんは連休何をしていたか」という話になり、本が山のようにあって集合住宅の床が抜けそうなのを整理していたということを聞きました。
榊原さんの演技の礎になっている人生経験は、もちろんご本人の生の経験が糧になっている部分が大きいのでしょうが、読書もその一翼を担っているのだろうなあと常々感じています。
「おススメの本は」と聞かれて「何を読んでも結末に腹が立つのです」と仰っていましたが、そう言わずにおススメ(というかお気に入り)を教えてもらいたいです。
プロフィール

damian

Author:damian




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR