WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

I WANT TO BELEAVE

 
ごとしのでX‐ファイルネタを描いたついでにX-ファイルの数エピソードを観ていたらこれがもう面白くて、X-ファイルまた通して観ちゃろうかいという気分になっています。
昔ご贔屓にしていたサイトはほぼほぼ閉鎖になっていて涙を飲みましたが、その代わりになんということでしょう、演じている本人たちのTwitterアカウントが存在しているではありませんか。
私が現役でX-ファイルを観ていた2000年頃はこういうSNSツールが皆無で、ファンと交流したかったら誰かのサイトの掲示板しかなかったし、自分の萌えを発信したかったら自分でサイトを作るしかなかったし、ご本人情報についてはアメリカ在住者による口コミで得るばかりで「あージリアンに会いたいよおー、ジリアンって普段何してるんだよおー」とムラムラしていたけど、なんかもう本当いい時代になったよなあ。
ていうか英語のツイート全然読めなくて、英語ネィティブだったら良かった。(あ、でもそうなるとパトレイバーとかが原語で楽しめなくなる…。ジレンマ。)
スポンサーサイト
 

抱きしめてミナイブー

 
今週もごとしの熱で乗り越えた一週間でした。

保険請求の締めの日にこの夏退職した某氏(私の仕事のモチベーションだった人)の送別会があり、保険請求の締め言うたらレセプト全件出してチェックするわ請求書も大量印刷するわしかも私は夜の窓口当番だわ、忙しすぎてよっぽど参加をやめようかと思ったけど頑張って行ったらそれなりに楽しかった。
病棟職員だけでなく、リハビリ職員や医師・研修医も集まっていて、その中で医事課一人なので驚かれたけど某氏に「だってメール交換してる親友だもん」と言ってもらえてもうこれでご飯三杯くらい行ける。
最後どさくさに紛れてハグして帰ったミナイブー。

今まであまり看護師さんと深く話す機会がなかったけど、聞けばみんなほとんどシングルマザーとか、MSWの男性職員萌えだとか、中でもある人は若い頃ヤンチャして学生時代に結婚して離婚して同じ相手と再婚して(エリサべス・テイラーか)でもやっぱり離婚してそれから看護師資格取ったという話はすごく面白かった。
当の本人は私が外国の患者さんと英語で話しているのを見てすげーすげーばかり言うのですが、あなたのそのバイタリティなら英会話なんてすぐ習得できるんじゃね?と思うのです。人間ってないものねだり。
 

私の夏はこれから

 
めっきり涼しくなりましたが、私の心は暑いです。
ごとしのです。
届いたごとしのの同人誌が凄かったんです。
もう、エロいのエロくないのって、それはもう、家族にバレたら恥ずかしくて家に居られない代物なのでこそこそ読んでこそこそ仕舞う日々なのですが、やはり何と言っても長くごとしのファンをやってきて今これを読めるという感慨が大きいのだと思います。
まさか、あのウ○やんさんのごとしのが、エロが、軽井沢が、読めるなんて。
ネタバレになりますが、軽井沢の「if」二次創作は数あれど、「送って行った南雲宅で居眠りこいた後未遂、そして恋人として軽井沢リベンジ」という切り口もこれまで無かった。
なんか色々触発されて、久しぶりにごとしの描いたりしてます。
そして、やっぱり今更なんだけど、自分の萌えを一番カバーしているのは自分のサイトだという皮肉…。結局人は自家発電なのか。
あーコメンタリー入ったDVDボックス欲しいー。


>Mさん
wifiデビューおめでとうございます。
私はkindleはもっぱら無料本ばかり攻めています。無料本には大量にハーレクインもありますし、おススメですよ。
最近読んだ中だと『たそがれたかこ』が良かったですが、もう無料じゃないかも…。
 

やっぱり榊原さんが好き

 
ようやく念願のごとしの18禁本をぽちっとなできました。うおおおーエロいごとしのーーーごとしのおぉーーーー(落ち着け)。

時を同じくして図書館で藤津亮太『声優語~アニメに命を吹き込むプロフェッショナル~』をゲット、榊原良子さんのインタビュー記事を読みました。
以前から榊原さんの役作りの仕方といいますか、自分の演じるキャラクターへの姿勢が好きだったのですが、そういう部分が深くまで読めて嬉しかったです。
あと、榊原さんとしては後藤さんが好きというのが個人的にきゅんとした。

なんだか無性にごとしのが観たくなって、ひとまずニコ動のまとめ動画で気持ちを静めたものの、いっそ限定DVD(コメンタリーとか入ってるやつ)買っちゃおうかしら…。
『PSYCHO-PASS -サイコパス-』は設定がちょっと気持ち悪く感じて1話しか観たことがないのだけど、榊原さんのキャラが気になるので手を出したくなってきた…。あと、『舟を編む』とか。
 

多分すべてはオタクゆえ

 
認知症ケア委員会の事務局をやっているのだが、今年度の目標は認知症患者に関する知識や看護技術を学習するということで、まずは「ユマニチュード」のDVDを焼き増ししまくる。
「ユマニチュード」はフランスで考案された認知症高齢者に対するコミュニケーション方法で、フランスならではの濃厚なスキンシップは少々カルチャーショックがあるが、話し掛け方とか帰宅願望の逸らし方とかは多分役に立つはず。

で、同じく事務局の師長さんに「えーDVD焼けるの?すごいねー!?」とめっちゃ関心されたのだけど、いやあ、パソコンができるのも、CD焼いたりDVD焼いたり、画像ツールで絵を描いたり、それ全部私がオタクだからよ師長さん。
パソコンできないと押しカプの同志と交流できないし、何かにハマると文章をしたためたり絵を描いたりせずにはいられないし、布教やコレクションのためにはダビングも必須だし。
今のところ必要に駆られていないので手を出していないけど、動画作成ツールやアクセスにもそのうち進出すると思う。

ちなみにそんな認知症ケア委員会、今度認知症患者さんの院内デイサービスを作ることが決定。わーい院内デイ期待しちゃう☆彡
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR