WHAT'S NEW & DIARY in ROUTE66

どうにもこうにもな日々の備忘録

RSS     Archives
 

恩知らず

 
かつて私の弁当を間違って食べたり(2015.03.08参照)水筒を取り違えたりした(2017.07.02参照)同僚Hさんが退職しました。
もともと受付担当だった彼女ですが、病棟の事務職員が急に辞めるというアクシデントがありその後任として異動を命じたところ、1回引き継ぎ(というか業務説明)を受けただけで退職届を提出したのでした。
私の弁当(しかも手作り弁当)を間違って食べるほどの天然さと鈍臭さを持ち合わせるHさんはあまり仕事の能力は高くなく、細分化された多量の業務内容の中で細かな気配りと他職種とのコミュニケーションを求められる病棟事務はHさんには荷が重いものであり、退職という選択は賢明のように思えます。
正直Hさんにはこれまで弁当・水筒の件だけでなく嫌な思いをさせられたこともあるし、患者さんの要求に応えるのではなく自分の都合を押し付けるような窓口対応も不愉快だった。
しかし思うのは、あんたこれでいいのか?ということ。
確かにハードルの高い仕事を求められたけど、それを一度もやることなく仕事を辞めた。やってみる前から辞めるってどうなんと思うし、仕事って自分の好きなことだけさせてくれる訳ないじゃん。嫌なこともするのが仕事じゃん。
そもそもシングルマザーで勤務時間に制限があって、病気の治療で定期欠勤する必要もあって、仕事がミス続きで出来る業務も少ない(仕事を一度ミスすれば怖気づいてその仕事に二度と手を出さなくなるので年々出来る業務が減っていくのだった)、そんなHさんに優しく配慮してくれる職場なんて正直うちくらいなものだと思う。
今後転職するとしてまた新しい職場で一からやり直すリスクを考えると、何より諸条件をクリアする職場が見つからないかもしれないリスクを考えると、ここが踏ん張りどころだったと思う。特にシングルマザーなら仕事内容にとやかく言ってられない状況では。
まあ私としては一緒に仕事しなくてよくなることにホッとしているのも確か。

だからだからこれきりです
これでこれでこれで楽になってね

この春辞める職員がとても多く、1・2年前に入職した事務職員は半減したし、12月に入職して1月に辞めた猛者もいた。
なんでみんなそんなにすぐ辞めるかなあと思うけど、私もこそこそハローワークに求職検索しに行っているので気持ちは分からないでもない。
仕事の能力が低くてもリストラされることのない職場だから、勤続年数が長くても何の仕事もできない職員がごろごろしていて、仕事の能力が高い周囲がそれをフォローすることが常態化しているけど、フォローされる側がフォローする側より給料が高いこともザラで、そういう土壌が色んな膿を溜めている一因な気がする。少なくとも私はいつもそこにイラッとしている。
もちろんそういう土壌があるからこそ自分が病休を取った時もみんな当たり前のようにフォローしてくれて救われたけど、周囲が疲弊することには変わりない。
この職場だからこそ出来ることもやりたいこともあるにはある。だけどどこまで頑張ってどこで見切りをつけるかとも考えている。

恩を仇で返します 恩知らずになりました
まだずっと好きだけどごめん
スポンサーサイト
 

箱庭療法継続中

 
相変わらず新人の仕事がいい加減で、院内で行うイベントの動画の締め切りの当日に「これから動画作ります」と言い出して、いやいやイベントがあることは半年前から分かってて自分も事務局で関わってたのになんでそんなに段取りが悪いねん、と思いながら、一応動画にアイデアを出していた立場として(アイデア出したのも4ヶ月くらい前なのに何もせずに放っておきやがってこの野郎)「今できる最善の策は短い音楽をバッグに使って今医事課で撮れる写真を撮って流すことでは」と提案したところ、「考えておきます」との返事。
この期に及んで何を「考えておく」のか分からなくて、本当この新人はアホなんじゃないかと思う。
隣の部署の診療録情報課の課長(DPCを間違えるたびにキャンキャン吠えて来る診療録管理士)からは「医事課で彼を指導できるのはもうあなたしかいない」と言われたけど、そうでなくても毎朝吐いて出勤しているのに私が直接の指導担当になったらまた病休に陥りかねんわ。


そんな訳で今週もシルバニアファミリーという名の箱庭療法。

20180211_1.jpg

20180211_2.jpg

シルバニア村に昭和のレコードプレーヤーが入荷しました。「ナショナル製 超音響ステレオ『飛鳥』」です。
ずっと家具調レコードプレーヤーが欲しくて探していたら、ヤフオクで見つけた時は落札期限まで30分、即落としました。かなり嬉しかったです。
熱帯雨林で観葉植物も購入しましたが、これが商品画像と全く違うのが来て「くそー中国の業者めー!」(出品者は中国のショップだった)と立腹しましたが、なんだかんだ使い勝手がいいので愛用しています。
熱帯雨林ではドールハウス用の渋いラグも購入したのですが、ラグとかカーペットとか大事だなーと思い、布製コースターを敷いてみたところドンピシャ。
シルバニアの世界は1/12サイズ(もしくはもっと下)の世界なので、普段は気にならない布の厚さが意外とミニチュア家具の下で障害になったりして難しい。


最近kindleで読んだ無料版マンガで、『スローモーションをもう一度』『特撮ガガガ』は「その年齢にしては珍しい趣味にハマっていることから苦悩/苦労している人の日常」というテーマが期せずも重なっていて、折しもいい歳してシルバニアに投資している自分とカブってすごく面白かった。
『スローモーションをもう一度』は80年代アイドルにハマっている高校生の話、『特撮ガガガ』は特撮ヒーローものにハマっているOLの話、そして以前から大好きな作品『たそがれたかこ』は若い男性歌手(そしてファン仲間になった中学生男子)にハマっている中年女性の話なのだけど、どれも結局は「やっぱり萌えがあるって生活が楽しい!キラキラする!」ということに尽きると思う。
 

ミニチュアブーム絶賛燃焼中

 
たまたまシルバニアファミリーを虫干ししたことから始まったミニチュアブーム、まだまだお盛んです。
子どもの頃大好きだったおもちゃに再会した喜びに加え、欲しいものは手に入れられる経済状況(小さい頃のお小遣いだけではミニチュア購入なんてとてもとても)、ネット環境の恩恵、さらには仕事の疲れや苛立ちを小さな家具たちを並べることで癒してくれる箱庭的効果など、色んな意味で今私の心を掴んでいるミニチュア。
ヤフオクで落札した小物がちらほらと届くと、仕事でささくれて帰って来た身には「今日一日頑張ったご褒美」「季節外れのサンタクロースからの送り物」のように感じるのですが、まあ自分で落札して自分で買ったのが届いてるってだけで。でも嬉しい。

ミニチュアを色々購入して感じるに、ヤフオクと熱帯雨林ではそれぞれ長所短所があり
●ヤフオク
・ばら売りがある
・ハンドメイドもあったりする
・中古ながら古いシルバニア正規品が手に入る
・送料は必ずかかるので、落札額+αを考えるとまあまあのお値段になる
・届くのは早い

●熱帯雨林
・1/12サイズの商品が豊富
・ただし、シルバニアはちょっと小柄なため1/12サイズでも家具は大きく感じるかも(まだ家具は買ったことないけど)
・送料はかからないこともある
・届く日数はまちまち

まあ何にせよネット見てるだけでも楽しいです。


ミニチュアと同時に今生活の励みになっているのが、ドラマ『anone』。
広瀬すず主演、田中裕子や小林聡美など実力派俳優が脇を固め見応えがあるところも気に入っていますが、何より坂元裕二の脚本が本当に良いのです。
坂元作品は『西遊記』に始まり、『それでも生きていく』『最高の離婚』など観て来ており、今回も「坂元作品だから観よう」と思った信頼感があるのですが、それを裏切らないストーリー展開と台詞回し、伝えようとしているメッセージに、毎話生きる活力をもらっています。
前クールで話題になっていた『カルテット』は何故か見逃しているのですが、こうなると俄然レンタルして観たくなってきた。
 

ミニチュアむらむら

 
たまたま立ち寄った本屋さんでミニチュアの家を展示しており、ちょっとした小物も販売していたことから、「そういえばうちにも子供の頃集めたシルバニアファミリーがあるから、たまには小物買ってみるか」と何気なく購入し、虫干し目的でシルバニアファミリーも開けてみたところ……言い方があれだがめっちゃ「むらむらした」。むらむらが止まらなくなった。

私が集めていたシルバニアファミリーは今のプラスチック製と違って木製で色も深緑で揃えてあって、森での素朴な生活をコンセプトに一つ一つ丁寧にできている辺りが今回改めてむらむらしたし、大人になって古民家とか古道具とかの良さが分かってきて、そういうインテリアに囲まれたいけど現実は難しい、その気持ちを小さな家具を並べているうちに昇華できる感じがまたむらむら。
もっと家具や小物を揃えたい!とネットを彷徨ったが最後で、小さな食器やお菓子、台所用品を一気に浴びる形になってしまい、軽く脳みそパンクした。

昔はメジャーなシルバニア商品は大手のおもちゃ屋にあっても、イレギュラーな小物(金属製の鍋とか陶器製の野菜とか)は本当に手に入らず、旅先で訪れた小さなおもちゃ屋で偶然見つけたり(寂れた店に意外と廃盤になった商品が置いてあったりしたのだ)、たまたま通り過ぎた文房具屋のワゴンの中に発見したり、それはそれは苦労して1個1個集めていたのが、ネット社会の便利さたるや…。
熱帯雨林とか見ているともうあれ欲しいこれ欲しいになってしまってひとまず「ほしいものリスト」に放り込んでいますが、ここ数日1/12スケールミニチュアフィーバーで頭が「ふぁあああああ」ってなってます。

その頭の状態のまま、奉還町商店街の中でそれはそれは素敵な古家具・古道具に入ってしまい、絶賛シルバニア脳中なもんだから昭和の小物に囲まれてまた「ふぁあああああ」ってなった。(Akizuというお店、すごく良かったです。)
1/1スケールには手を出さなかったけど、ヤフオクで数点1/12スケールの小物を買ったので届くのが楽しみ。


20180128_1.jpg

20180128_2.jpg

20180128_3.jpg
 

意気消沈ニ連発

 
医事課のインフルエンザ流行は収束し他の課に飛び火していく中、それとは関係なしに私の定期健診での肝機能値が悪くて凹む。
もともと朝吐き気がする・酷い時は実際に吐く症状について、「メンタルから来る高血圧・消化器症状」に効く薬がついに処方され、「何その素敵な処方!そんなドンピシャな薬あったの!?もー早く出してよ先生ったら♡」とテンションが上がったのも束の間、飲んでみたら確かに朝の調子が良くて、ルンルンしながら定期健診受けたところ肝機能値で引っ掛かり、主治医「最近何か変わったことありました?」私「新しい薬飲み始めました」主治医「それのせいかな」ってことで服用中止になってしまいました。マジか。
ちなみに時を同じくしてタミフルも飲んでいたので「先生っ!そっちじゃないっスか!?あとウルソとかで対症療法は無しっスか?」と粘ってみたんですが、「メンタルの薬飲みたいのは分かるけどダメだよ」とすげないお返事…。飲むのやめてから肝機能値が下がるか、再検査予定です。
2回しか服用していないけどいい感じだったので残念無念。

あと、寒さのせいかぎっくり腰が来そうな気だるい痛みが腰に出て、いかにぎっくり腰を出さないまま痛みにお帰りいただこうかと日々ストレッチに励んでいます。
TVやネットの情報を見るに、腰も尻も大腿も足首も全部繋がっていて(そりゃそうだ)、バランスが崩れると良くないというのはよく分かったのですが、如何せんかつてぎっくり腰をやった左足は靭帯も切ったことがあり足として非常に弱くて自分でケアする自信ない。
腰の痛み対策で足首のツボを押す動画などもあったのですが、その足首既に靭帯切ってて今回腰の痛みと一緒に古傷が痛み出してるのを押してもいいの?と悩み中。
プロに見てもらおうかしら…。この場合整骨院とかがいいのかしら…。
プロフィール

damian

Author:damian
FC2ブログへようこそ!




最新トラックバック



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

QRコード
QR